ゆっくり寿司を食べるのは久しぶり・・・(中央区新富・鮨 はしもと)

151220hashimoto01.jpg
2015/12/20(SUN)
「寿司食べに行きませんか~」とお誘いいただいて、新富町の「鮨 はしもと」におじゃましてきました。
記事にはしませんでしたが、今年の1月に一度うかがっているので今夜が二度目の訪問になります。


151220hashimoto02a.jpg151220hashimoto02b.jpg
151220hashimoto02c.jpg
一応個人的に寿司屋で酒は二合だけと決めているんです!
私の注文の仕方が悪かったのか、最初は冷たいのが出て来てしまいました(^^;
期せずして宮城の日高見を冷温呑み比べすることができましたが、やっぱり燗の方が料理に合いましたね。
今回はコースをいただきますが、ツマミとにぎりを合わせると結構な品数になるんですよ。
本来なら前編と後編に分けたいところですが、今回は小さな画像を多用してごまかしました(^^;
一応小さな画像はクリックすると拡大しますよ~。
キレイに磨きこまれた白木のカウンターにまず置かれたのはエビイモのきぬかつぎです。
底の部分を少し切り落として塩と胡麻がついていました。
やっぱりエビイモは小さな孫イモの方が好きですね!
皮の部分を持ってツルンと押し出すようにして食べるのが普通ですが、
このくらいの大きさであれば皮のまま食べても美味しいんですよ!

151220hashimoto03a.jpg151220hashimoto03b.jpg
151220hashimoto03c.jpg151220hashimoto03d.jpg
次にカワハギの肝醤油が出てきましたが、
「ちょっと残しておいてください」とのことでしたので最後になにか楽しみがありそうです(^^)
肝は裏ごしされているので、見た目もそうですが食べてみてもすごく上品な感じでした。
どのくらい寝かせてあるのかわかりませんが、
透明感のあるネットリとした食感のカワハギに肝醤油をタップリとつけていただきます。
美味しかったんですが酒が冷たかったので、
ほんのわずかですけど肝のクセを感じてしまったのがとても残念でした(^^;
少し残した肝醤油は一度回収され、
酢飯をほんの少し入れてその上にあられに切った白イカがトッピングされて再登場。
全体をよ~く混ぜていただきましたが、これはおかわりしたいくらいでしたね(^^)

151220hashimoto04a.jpg151220hashimoto04b.jpg
次は時間差で貝が二種類出てきました。
天然のホタテは殻を剥いてから塩水に一分間浸けてあるそうです。
塩とワサビでいただきましたが、ホタテの甘みにワサビがベストマッチ!
シンプルな食べ方だけに素材のクオリティが正比例するんですよね。
ホタテの次はエゾアワビです。
やわらかいけどちゃんと食感があるのは蒸し時間を計算されているんでしょうね。
下に敷いてあるのは肝を裏ごしにしたソースで、味噌が少し溶き入れてありました。
う~ん、ちょっと味噌の香りが強かったですかねえ・・・。
塩とか醤油だけの軽い味つけで食べてみたかったです。

151220hashimoto05a.jpg151220hashimoto05b.jpg
151220hashimoto05c.jpg151220hashimoto05d.jpg
カワハギ、アワビと濃厚な料理が続いたので、酢の物が出てきたのは嬉しかったです!
赤貝のヒモときゅうりに甘酢漬けのカブを合わせてありました。
きゅうりが薄切りではないことと、
酢の角を感じるかどうかのギリギリの加減はご主人のセンスなんでしょうねえ!
簡単に作れそうですけどこの味を出すのは難しいと思います。
コースの前半、ツマミの部ではこれが一番印象に残りました(^^)
白子の入った茶碗蒸しにはポン酢がかかってたんですが、酸味がちょっとジャマだったかも。
脂ののったタチウオは塩焼きで出てきました。
香ばしく焼き上げられた皮のパリパリ感を楽しみたいので、
スダチはタチウオじゃなく添えてある大根おろしにかけていただきました。
もともと好きな魚なんですが、焼き加減も上々でとても美味しかったです!
以上で料理は終了、後半はにぎりですからガリを一枚食べて口の中をリフレッシュさせました。

151220hashimoto06a.jpg151220hashimoto06b.jpg
にぎりのスタートは石川・七尾のコハダからです。
いいコハダでしたけど、もう少し〆てあるのを食べてみたかった気がします。
酢飯は色がついてましたから赤酢を使ってるんでしょうね。
白身はヒラメでした。
ツマミで食べたカワハギもそうでしたが、熟成加減が素晴らしいのです!

151220hashimoto07a.jpg151220hashimoto07b.jpg
151220hashimoto07c.jpg151220hashimoto07d.jpg
上段左の赤身は北海道・戸井産とのことでした。
表面を湯霜にしてから漬けにしてあります。
漬けにしても赤身特有の酸味がちゃんと残っていて、美味しいマグロでした。
右はサワラです。
藁で軽くスモークしてあるんですけど・・・ちょっと強すぎたかなあ。
淡泊なサワラですからもう少し軽めの方が旨みを感じられたような気がします。
脂ののり、身質の良さが抜群だったのでちょっと残念・・・。
下段左の赤貝は韓国産とのことでした。
宮城・閖上(ゆりあげ)のものと比べると独特の香りが少し足りませんけど、
反対に食べやすいかもしれません。
磯臭さを感じることもなく、いい赤貝でしたね。
下段右は先ほど食べた戸井産のマグロの背トロです。
腹側の中トロより脂が少ないので、オッサンにはちょうどいいですねえ(^^)
赤身と中トロの中間みたいな感じで、両方のいいとこ取りって感じでしたよ~!

151220hashimoto08.jpg
今夜食べたにぎりではこのシメサバが一番でした!
宮城産とのことでしたが、なにより素晴らしかったのはその〆加減なんですよ。
三日目とのことでしたけど、まさに私の好みのど真ん中でしたね。
多分刺身で食べるならもっと生っぽい方が美味しいのかもしれませんけど、
にぎりで食べるのならこのくらいが好きです。
いやあ、美味しいサバでした(^^)

151220hashimoto09.jpg
茹で上げのクルマエビはほんのり温かさが残っていて、味噌の旨みが広がっていくんですよ。
火の通し加減がギリギリなので身のプリプリ感より甘みを最初に感じますね。
これもサバ同様に酢飯と合わせてこその美味しさだったと思います(^^)

151220hashimoto10a.jpg151220hashimoto10b.jpg
151220hashimoto10c.jpg151220hashimoto10d.jpg
青森産のムラサキウニって聞いたような気がしますけど、
ムラサキウニの旬は初夏なのでもしかしたらキタムラサキウニだったかもしれませんねえ。
今の時期としてはベストのウニだったと思います。
にぎる直前に軽く温めたアナゴは、口の中に入れた瞬間に溶けてなくなってしまいました(^^)
美味しかったんですが、少し個性のある酢飯なのでネタによっては合わせ方が難しいでしょうねえ。
デザート代わりの玉子焼きはまさに寿司屋のカステラって感じでしたけど、
甘さ控えめで美味しかったです!
濃厚なシジミ汁をいただいて本日の終了となりました。
前回おじゃました時ほどではありませんでしたが、
ご主人が以前修業されていた店が有名なので、まだ何かと比べられることが多いような感じでした。
開店して一年過ぎたので、もうそろそろ・・・。
美味しかったです。
ごちそうさまでした。

ご一緒してくれたそうさんの記事はこちらからどうぞ。

鮨 はしもと
東京都中央区新富1-15-11

スポンサーサイト

tag : 店名.は.は.はしもと

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗だけどカメラにゃ・・・

見事な白木のカウンターが素敵ですが・・・・写真の敵じゃあなかったですか?
後半の黒い敷板でアップの画で落ち着きましたが、ご苦労様でした。
美味しいものはいい画を残したいですもんね。
お相手は燗スタートでしたのに冷たいのとは、主人勘(燗)違いでしたね。ダジャレは偶然ですよ!
このコースで2合とは・・・・自分を律してますねえ・・・
ついつい杯に手が出て、残り少ない酒に手持無沙汰なんてことはありませんか?
私はよくあって 結果 定量を早々にオーバー!

色々な仕事をしてある肴、魚を見分け、どう作るか、客の好みは・・・・・職人さんは大変と痛感。
塩、炙り、肝醤油、漬け、柑橘・・・・・うーん・・・・・・うーん・・・・・難しい・・・・・

寿司食べてえなあ・・・・・喰いてえ・・・・・お・す・し・・・・・

No title

昌さんこんばんは。リンクありがとうございます。
その節はご一緒いただきありがとうございました(^^)
鮨はしもとさん、今年になってから何度かお邪魔してますが個人的にはシャリとネタのバランスが段々と好みな感じになってます。
この一年でも結構印象が変わりましたので来年以降も楽しみにしてます。
またよろしくお願いします~(^O^)/

> ねこさん

> 写真の敵じゃあなかったですか?
ご指摘どおりです(^^;
自宅に帰ってPCで見たらほとんど白トビに近かったんですよ。
店に入る前に表の暖簾を撮ったままだったので、
撮影モードを確認しなかったのが敗因です。

寿司屋でツマミだけで帰る時はいつものように呑みますけど、
にぎりを食べる時はちゃんと味わいたいので・・・。

> 残り少ない酒に手持無沙汰なんてことはありませんか?
見てたんですね!(笑)
そんな時はお茶があるじゃないですか(^^)

コースでしたから出てくる料理の種類、順番、調理を考えるのは大変だと思います。
ましてお客の舌は十人十色・・・さらに呑む人がいれば呑まない人もいるとなると、
難しいんでしょうねえ。

> 寿司食べてえなあ・・・
私も寿司をたくさん食べたいです(^^)

> そうさん

ご一緒ありがとうございました。
そうさんが軽快なピッチで呑んでいるのを横目でうらやましく見ていましたよ(笑)

こちらこそまたよろしくお願いします!
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)