サトイモの煮っころがし(作ってみたよ! 煮物 No.13)

151108satoimo01.jpg
2015/11/08(SUN)
今日はサトイモの煮っころがしを作ってみました。
「田楽」もいいし「きぬかつぎ」も美味しいですけど、たまにこっくりとした煮物も食べたくなりますよね。


151108satoimo02a.jpg151108satoimo02b.jpg
151108satoimo02c.jpg151108satoimo02d.jpg
本当は石川小芋で作りたかったんですが、
築地で小さなエビイモを見かけたので今回はこちらを使ってみようと思います。
少しそり返った形と横縞模様がエビを連想させるのでこの名前が付いたそうですど、
関西では京イモって呼ばれているんじゃありませんでしたっけ?
立派なサイズは見栄えもしますしネットリ感も違いますけど値段が張るので、
私はもっぱら親いもの周囲に出来る小いも専門なんですよ(笑)
サトイモは皮を剥くのが面倒ですよねえ・・・とくにサイズが小さいと大変です。
苦労してきれいに剥いたら、食べる部分がほとんどなくなったなんてこともありますからね(^^;
ということで今回はピーラーを使いました。
少しコツが要りますけど一定の厚さで剥けるので重宝してますね!
水洗いしてからだとツルツル滑ってやりにくいので皮が渇いた状態でやるんですよ~。
剥き終わったらきれいに洗って、ザルにあげて水を切っておきます。
イカと一緒に煮ても美味しいですけど、今日は鶏モモ肉と合わせてみようと思います。
ダシは使いませんので、鶏肉の旨みが重要になりますね。
今回選んだのは名古屋コーチン、もっと高い銘柄鶏は大人の事情で使えませんでした(^^;
サラダ油でひと口大に切った鶏モモ肉を軽く炒めて(右上)、表面の色が少し変わったらサトイモを投入(左下)、
表面に油が回ったら水と酒を同量、後は砂糖と塩、醤油とみりんを入れ落し蓋をして中火で加熱します。
15分ほど経ったら落し蓋を取り(右下)、
少なくなった煮汁を絡めるようサトイモを鍋の中で転がすんですが・・・。
煮っころがしですから、ちゃんと転がさないとね(^^)

151108satoimo03.jpg
冷めるにしたがってどんどん色が濃くなっていきますが、この時に中まで味が染みていくんです。
キヌサヤがあれば良かったんですが、冷蔵庫に見当たらなかったので青ネギを散らしました。

151108satoimo04a.jpg151108satoimo04b.jpg
サトイモの表面が少し煮崩れていい感じになってますね(^^)
煮汁に溶け出した鶏肉のコクと旨みがサトイモに絡みついていて美味しいです!
甘辛味なので本当は酒よりご飯に向いているんですけど、
酔うにしたがってそんなことはどこかに行ってしまいました(笑)
冷めてからの方が美味しいので、半分は明日食べることにしましょう(^^)

[材料]
サトイモ 皮を剥いた状態で300g
鶏モモ肉 200g
青ネギ 少々
水・酒 合わせて250cc(今回は半々にしました)
砂糖 大さじ1+小さじ1
塩 少々
醤油 大さじ1+小さじ2
みりん 小さじ2.5

151108satoimo05.jpg
サトイモ繋がりで、別の日に食べた石川小芋も載せておくことにします。
ご飯のおかずには先ほどのエビイモの煮っころがしの方が向いていると思いますけど、
酒にはあっさりとした味付けの方が相性がいいですね!
煮あがった時は白っぽかったんですが、一晩経っているので独特のグレーになってます。

151108satoimo06a.jpg151108satoimo06b.jpg
サトイモが大好きなんですが、たぶんこの石川小芋を一番食べているんじゃないかなあ。
丸い形をしているのでエビイモみたいにピーラーを使うと上手く皮が剥けないんですよ。
ということで包丁を使いましたが・・・六方剥きがなってないですねえ(^^;

151108satoimo07.jpg
ダシに薄口しょうゆと塩で味つけました。
仕上げに青柚子を少しふりかけると何とも言えない香りが立ち上ってきます!
お酒・・・すすみました(^^)
残ったら軽くマッシュしてコロッケにしても美味しいですけど、
毎回この煮物の状態で食べきってしまうんですよねえ。
ということで、今回もコロッケは作れませんでした(^^;

[過去記事]

No.1 <2013/10/12 鮎甘露煮>

No.2 <2013/10/20 サンマコンフィ>
No.3 <2013/12/01 手羽先コンフィ>
No.4 <2013/12/15 大根煮>
No.5 <2014/09/08 小芋おでん煮>
No.6 <2014/11/03 サンマ有馬煮>
No.7 <2015/02/15 たまごふわふわ>
No.8 <2015/02/15 鶏すき焼き風煮>
No.9 <2015/03/10 煮豚>
No.10 <2015/04/01 キャベツとイカフライ煮>
No.11 <2015/07/01  タコやわらか煮>

No.12 <2015/09/05  イカの子煮つけ>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小芋専門

例の海老芋(頭から離れません)美味しそうにできましたね!
里芋類のぬめりが好きで決してぬめり取りせず煮っころがし・・・・冷えたとこが最高です。
大きな芋より小芋が好きで探して求めるほどなんです。

六方剥きというんですか!綺麗に出来てますよ!料亭景色ですよね!
私のとこでは けちの薄剥き専門で(笑)
何と言いましたか小さな水車(芋車?)の中で転がして皮が少し残ってるやつも皮の部分が美味しいですね。
小川でもあれば是非仕掛けたいです。

2回に分けても良いくらいの内容でネタ豊富なんですね。羨ましい。
夫々の酒器 敷ものにも”目がテン”です。片口っていいもんですね!

自分の好きばかり言って済みませんでした。何時もでしたね (笑)

> ねこさん

サトイモ系は親イモより小イモ、小イモより孫イモが好きですね!
皮をむくのが大変ですけど、味はいいですから。

> 何と言いましたか小さな水車(芋車?)・・・
イモ洗い機って呼んでましたけど、たぶん手作りなんだと思います。
ジャガイモにも使えるんじゃありませんでしたっけ?

築地ネタはあるんですけど、毎日アップさせるわけにはいかないので(^^;
でもそろそろネタ切れです(笑)
しばらく築地のことばかりアップするかもですよ!
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)