「タレ」と「つゆ」(築地市場 場内・天房 No.8)

151107fusa01.jpg
2015/11/07(SAT)
土曜日の築地市場・・・最初に買い物をするか、朝ご飯を食べるか、毎回悩みますねえ(^^;
今朝は買いたい魚がほぼ決まっていたので仲卸エリアに直行したんですが、
やっぱりあれもこれもと見て歩くと結構時間がかかります(笑)
急いで魚がし横丁に来てみるといつもの大混雑が始まってましたね(^^;
天房」に5分ほど並んだだけで入れたのは運が良かったんでしょう!
マグロぶつと天ぷらが両方付いてくるまぐろ定食のつもりだったんですが、すでに売り切れてました(^^;
で・・・注文したのは天丼(1,200円)です。


151107fusa02.jpg
内容はほとんど固定化されてますけど、日によって少し違うんですよね。
天ぷらとかフライ物とかは見た目が一緒なので私にはハードルが高いんですけど、
中央でド~ンとその存在を主張している芝エビはわかりやすいですね!
いかだ揚げになっているので見た目も迫力がありますし食べごたえも十分です。
身も甘くて旨みがありますけど、殻とか尻尾、そして足が香ばしくて美味しいんですよ(^^)
この芝エビだけがのっかった芝エビ天丼もあるんですが、酒と一緒じゃないと後半飽きてくるんですよね(笑)
お茶の時は色々な種類が食べられるこの天丼が一番~!

151107fusa03.jpg
右はイワシで左下はキス・・・やっぱり画像だけじゃよくわかりませんよね(^^;
両方とも旬の時期は過ぎていますけど、まだ仲卸でもたくさん見かけます!
キスは普通に美味しかったけど、イワシは素晴らしかったです。
身の厚さから想像するとかなり大きな魚体だったんでしょう。
ビックリするくらい脂ものっていて、美味しかったですねえ(^^)
これはもう少し食べたかったです。
右側に見切れてますけど、定食じゃないのでみそ汁(100円)は別注文になるんです(^^;
小粒でしたけど宍道湖産の大和シジミが入ってました!
シジミの文字を見ると無意識のうちに注文しちゃうんですよねえ(笑)

151107fusa04a.jpg151107fusa04b.jpg
魚介だけじゃなく野菜も入ってるのが嬉しいのです。
スペースとか品数確保要員じゃなく、ちゃんと一軍で頑張ってます(^^)
左がナスで右がシシトウ・・・シシトウには申し訳ないけど、ナスが最高でした!

151107fusa05.jpg
漬物が少し変わりましたね。
以前はきゅうりと紅しょうがだったんですよ。
みじん切りの大根と紫蘇の実の醤油漬けになりましたが、個人的にはこっちの方が好きです!
この漬物は昔からありますけどなんていう名前なんだろう・・・。
そして残念なことに小さな桶みたいな容器に入っていた梅干がなくなってしまったんですよねえ。
食後のお茶請けにピッタリだったんですけど(^^;

151107fusa06a.jpg151107fusa06b.jpg
左の画像はホタテの貝柱で、下に見えている黒っぽいのは焼き海苔天ですね。
甘辛のタレが軽く火の入ったホタテの甘さを際立たせてます!
芝エビの余韻があるので右の画像のエビ天が普通に感じちゃいましたけど、
これは食べる順番をミスったから・・・次回は気をつけます(^^;
甘辛の「タレ」と書きましたが、普段何気なく使っている「タレ」と「つゆ」のことを少し・・・。
「つゆ」はダシを醤油や砂糖などで味つけしたもので、「タレ」はそれに粘度を持たせたものです。
ということは「つゆ」をドロリとさせれば「タレ」ということになりますね!
なんとなくわかったような、わからないような・・・(^^;
ひと口に「つゆ」と言っても色々ありますが、天丼の記事なので「丼つゆ」に限りたいと思います。
個人的に「丼つゆ」は食べる直前に親子鍋で加熱して使う味のついた液体だと思ってます。
ですからカツ丼とか親子丼は丼つゆってことになりますね!
次に「タレ」ですが焼肉のつけだれとかじゃなく、
丼ものに使うことを考えれば鰻丼とか焼鳥丼が浮んできますね!
じゃ、天丼はどうなのかと考えた場合、親子鍋で加熱しないので丼つゆじゃないことになります。
揚げ立ての天ぷらをさっとタレにくぐらせる天丼もありますけど、
ご飯にタレをかけてからその上に天ぷらをのせて、さらに「タレ」をかけまわす天丼もあります。
その時に使う柄杓の先に小さな穴がいくつか開いている道具は、
鰻丼を作る時によく見かけますが天丼でも使ってますよね!
あれは「鰻タレかけ」って名前なので、
それを使う天丼は「つゆ」じゃなく「タレ」ということになります・・・(^^)
天丼の揚げ油でちょっと脱線してしまいましたね(^^;
天房にはなかなかおじゃまできませんけど、またトライしてみたいです。
ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2013/10/26  ハゼ天丼>
No.2 <2013/12/07  芝エビ天>
No.3 <2014/01/18  メゴチ天/キス天>
No.4 <2014/03/10  マグロ定食>
No.5 <2014/06/30  天丼>
No.6 <2014/10/11  天丼>
No.7 <2015/03/27  マグロ定食>

天房
築地場内 魚がし横丁6号館

スポンサーサイト

tag : 店名.た.て.天房

コメントの投稿

非公開コメント

勝手しゃべり

つゆ・たれ考察をしっかと読み返しても、ぴしっと”こうなのか!”と若い時のように頭に入らぬ自分に・・・情けなしです(笑) まあ若い時も怪しいもんですけど・・・

こちらの記事を見て居て・・・これ大好き!というのが9割以上と言う調子者ですが、天麩羅は自信を持って”大大大好き!”なんです。残り5%は”好き” あとは”まあ・・”という事で宜しく(笑)

小梅が消えたんですね! 私 大きな梅はほとんど手を出しませんが、小梅は朝のお茶に最高と思ってるんです。
赤紫蘇・塩漬けでしょうかね・・・カリカリがいいです。柔らかなものは5%”まあまあ”のくちです。
これを刻んで漬物に散らしたり・・・いいアクセントになります。
我が家ではすぐに売り切れです。

どうも相変わらず自説披露ばかりですみませんが・・・・最後にもう一つ!
茄子天最高!

> ねこさん

つゆのこともタレのことも私が一方的に思っているだけですけどね(^^;
どうでもいいことですけど、以前から気になってました(笑)

天ぷらは美味しいです。
高級な天ぷらもいいけど、惣菜的なのも好きなんですよ。
ナスをたくさん揚げて食べきれずに残った時、
シナ~ッとなったのを翌日天つゆで軽く煮て玉子でとじたのは大好物です(^^;
このためだけにナスの天ぷらを揚げてもいいくらい(笑)

小梅、お好きですか?(^^)
青梅のカリカリ漬けも美味しいですけど、紅い小梅もいいものです。
まさにお茶請けにピッタリ。
青梅だけは数年に一度ですけど漬けてます!

今晩

実は昨晩 茄子天、鮪天 でした。(変な組み合わせでしょ)
少し残ったやつを 早速玉子とじに・・・・楽しみ!

> ねこさん

マグロ天・・・好きですよ!
天つゆじゃなく生醤油で食べると酒の肴にピッタリじゃないでしょうか。

ナス天はもちろんシナシナでしょうね(^^)
楽しみですよねえ!
個人的にはナス天と春菊天を一緒に玉子とじにするのも好きです。
軽くサッと煮るか、コロモが溶けるくらい煮るか・・・悩んでください(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)