ナスそうめん(作ってみたよ! 麺類 No.7)

150909mikunichi01.jpg
2015/09/09(WED)
9月9日は重陽の節句・・・菊の節句とも呼ばれていますね
邪気を祓う効能があると信じられていた菊の花を飾ったり、菊酒を飲みながら長寿を祈る日でもあります。
まだ9月が始まったばかりなので菊の花はピンときませんけど、旧暦だと10月中旬になるんですよね。
本格的な秋はもうすぐですよ~!

150909mikunichi02.jpg
冷した酒に菊の花びらを浮かべた菊酒ですが、
乾燥した食用菊の花をそのまま酒で戻したら香りが移りそう・・・。
毎年同じことを思いながら呑んでますね(^^;

150909mikunichi03.jpg
〆のご飯は別に考えていたので、今日は栗ご飯じゃなく焼き栗にしてみました。
破裂しないように包丁で切り込みを入れてからオーブンで10分ほど焼いてます。
ちょっと焼き時間が足りなかったので皮が剥きにくかったですねえ(^^;
ホクホクとした栗に塩を少しつけてツマミにしましたが、旨みはもうひとつでした。
焼き時間が足りなかったのか、早生栗だったからなのか・・・。
甘みの強い利平とか銀寄とか石鎚が出てくるのが楽しみです!

150909mikunichi04.jpg
9月の9日、19日、29日は三九日(みくにち/みくんち)と呼ばれていて、
この日にナスを食べると中風にならないと言われています。
今日は重陽の節句でもあるので栗ご飯も考えたんですが、〆はナスそうめんにしてみました!
このナスそうめんは香川とか石川の郷土食なんだそうですよ!
ナスの揚げ煮の煮汁に〆のそうめんを入れて食べたことは何度もありますけど、
ナスとそうめんを一緒に料理するのは初めてかもしれません。

150909mikunichi05.jpg
作り方は色々とあるでしょうけど、いつものように手のかからない簡単バージョンで・・・(^^;
縦半分に切ってから乱切りにしたナスは少し水に浸けてアク抜きしておきました。
水気をよくふき取ってからゴマ油で軽く炒め、そこに油揚げを入れてひと混ぜしたらカツオと昆布のダシを投入!
砂糖、醤油、酒、せん切りの生姜を入れ、アクを取りながらしばらく煮込みます。
ナスがスープを吸うのでダシは少し多めの方がいいかもしれませんね。

150909mikunichi06.jpg
そうめんはかために茹でたものを使いますが、乾麺のまま煮汁に投入するやり方もあるそうなんですよ。
今回は簡単バージョンのつもりだったので乾麺も考えたんですけど、
なんとなく出来上がりが粉っぽくなるような気がしたんですよねえ。
ということで、かために茹でたそうめんを使いました!
ナスと油揚げを鍋から取り出して、煮汁を湯で薄めます。
煮汁が素麺に染み込んで少なくなってしまうし、煮詰まって味が濃くなるからですね。
1分ほど煮たらナスと油揚げを鍋に戻して、ひと混ぜしたらできあがりです(^^)

150909mikunichi07.jpg
ナスはサッと煮ただけでしたけど結構やわらかったです!
もっと時間をかけてトロトロになるまで煮込んでも美味しいでしょうね。
油揚げは具材としても秀逸ですけど、コクが出るので必須ですね。
にゅうめんとは少し食感が違っていて、汁物というよりは煮物って感じでした。
そうめんに煮汁が染み込んでいて、ツマミにもいいと思います。
ナスと油揚げの煮ものが大好きなので作る前から美味しさはある程度分かっていましたけど、
実際に食べてみると想像以上に美味しかったです(^^)
後半は七味唐辛子を振り入れましたけど、大葉のせん切りとか白ゴマも合うと思います。
煮干しのダシで作っても美味しそうですし、干しエビを戻して入れてもいいかもしれませんね。
色々とアレンジできそうなので、またチャレンジしてみたいと思います。

[過去記事]
No.1 <2014/01/12  かすうどん>
No.2 <2014/06/03  スダチそうめん>
No.3 <2014/07/07  焼きサバそうめん>

No.4 <2015/06/07  黄ぃそば>

No.5 <2015/07/07  油そうめん>
No.6 <2015/08/02  中華もり>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なすそうめん食べたい

なすびと素麺なんて、誰がはじめたんでしょうね。

うちんちは、あげさんではなくて、牛肉の切り落としで出汁をとって、そのまま具にしています。

あったかいのも冷たいのも美味しいですね。

風流だねえ

今朝ほど 例の 菊の散らした蕎麦の夢を見ました(本当ですよ)

杯に花を浮かべてというと桜となりそうですが、菊も美しいですね。
何でも 美しいもの第一の私は、こんな風雅な景色にぞっこんです。
菊花酒に焼き栗・・・・何たる風流。
こんな天気じゃ月も出ませんが、十五夜の頃には・・・・ネ!(何期待でしょ?)

茄子と素麺 好きなんです。
もっともっと所帯じみた手軽な食べ方ですが 我が家のフェイバリットです。
(ちなみに第二は長ネギ炒め煮と素麺です)
我が家では油揚げを使ったことが無いので今度入れて見ます。
昔は田舎の方では 祭り、お祝いの席に茄子の煮浸し?とうどんがご馳走だったとのこと・・・・十分納得です。
透き通った茄子、散らした葱の美しい事・・・・・・
昌さんも今回の出来には満足の様子で・・・・・益々 よかったです。

こんにちは。

いいですねぇ~
もう、すっかり秋の気配ですね。
ナスそうめん僕は断然ツマミ派です、日本酒がすすみそう。
そして菊酒とはまた風流ですね~

そういえば、以前から伺いたいなぁ~って思ってたんですがしょうさんは普段どんな銘柄の日本酒飲んでるんですか?

> あーちゃんさん

牛肉ですか・・・さすが大阪です。!
肉うどんみたいな味になるんですかね。
次回は牛肉を使って、素麺は茹でないでそのまま作ってみようかなあ。

> あったかいのも冷たいのも美味しいですね。
実は冷めたのも食べたんですよ。
温かいのとは別の美味しさがありました。

> ねこさん

菊の花を散らしたそばというと・・・草きりですね!
夢の中では何枚召し上がったのでしょう?(笑)

菊きりそばを提供する蕎麦屋は結構ありますので、
あの店もやってくれたらうれしいのですが・・・(^^;

行事食・・・と言えるかどうかわかりませんが、なんとか食べることができました。
> 十五夜の頃には・・・・ネ!
さて、何を登場させればいいのでしょうかね(笑)

やっぱりナスは素晴らしい野菜ですよね。
美味しかったですよ!
油揚げとの相性は良かったので一度お試しください。

茄子紺をキレイに発色させるのは料理する時の温度と時間ですけど、
見た目より味ですからちょっと色が悪かったです(^^;

それにしても長ネギ炒め煮と素麺・・・気になりますね!

> ひろピさん

ナスそうめん・・・酒に合いますよね(^^)

菊酒のことはよくわからないので菊の名前の付いた日本酒か、
菊の花を浮かべたものが毎年登場しています。
酒は風流ですけど、呑んでる本人が風流じゃないですからね(笑)

普段呑んでいるのは純米酒が多いです。
燗が90%で常温が10%って感じでしょうか。
菊酒にしたのは奈良・風の森ですね。
最近自宅で飲んでいるのは、
鳥取・日置桜、福島・会津娘、京都・京の春、栃木・大那ってとこでしょうか。

回答ありがとうございます。

僕は普段の家呑みでは新潟の緑川が多いんですが、最近山形の楯野川がお気に入りです。

そんなに日本酒に詳しいわけじゃないんですが、風の森は近所の酒屋さんに売ってたり、飲みに行く居酒屋さんに置いてたりしてて気になってました。
他のお酒も見かけたら試してみますね~

> ひろピさん

緑川は最近人気が出てきましたね!
フルーティーな香りがあって呑みやすいからでしょうか。

楯野川はあまり呑んだことがないのです。
過去に二~三度かなあ。
純吟が多いので、ちょっと高いこともありますけど(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)