フワフワにKO!(大阪市中央区・なにわフレンチびぎん No.17)

150807begin01.jpg
2015/08/07(FRI)
今月も大阪の「なにわフレンチびぎん」におじゃますることができました。
この日の大阪はとにかく暑かったです(^^;
夕方になってもその蒸し暑さに変わりはなく、冷えたビールがやけに美味しかったですねえ!
その後はこんなラインナップでした。
上段は2杯呑んだスターターのエーデルピルス、そしてイタリアのSAN PIETRO CUSTOZA 2012。
下段の白は確か前回も呑んだ南アフリカのシャルドネワイン、Glenelly 2013。
最後はとても飲み口の良かったChateau Belveze Malepere。
Malepereと書いてありますから、産地はフランス南部ランドッグでしょうかね。

150807begin02a.jpg150807begin02b.jpg
今日はポテトサラダからスタートします。
パンを2切れもらってカナッペスタイルでいただきました!
グランドメニューはあまり食べる機会がないので、新鮮に感じますね。
以前はもう少し酸味が強かったような気がしましたけど、私の舌の記憶はアテになりませんから(笑)
ちょうどいいバランスで入っているゆで玉子が、ポテサラの味をマイルドにしていてとても美味しかったです(^^)

150807begin03.jpg
最初のポテトサラダはリクエストしましたけど、ここからはおまかせでお願いしました。
そのおまかせの最初はカルパッチョ2種盛りです!
左は屋久島から届いたアカハタモドキ
食べてみても普通のアカハタとどう違うのかよくわかりませんでした(^^;
上品な白身なんですけど、力がありますねえ!
添えられていた醤油には玉ネギとごくわずかですがニンニクのすりおろしが入っていて、
これが刺身の美味しさを後押ししてました(^^)
右はハマダイ、東京ではオナガって呼ぶことが多いですね。
クセがなく、旨みが濃くて美味しいです。
野菜を巻いて食べたらまた別の美味しさがありました(^^)

150807begin04.jpg
次は岡山・蒜山(ひるぜん)高原で採れた白いとうもろこしのホワイトショコラです。
ピュアホワイトが有名ですけど、最近はこのホワイトショコラも量産できるようになったみたいですね!
糖度が17度もあるそうですけど、これってぶどうとか柿の値ですよ(@_@;
早速食べてみると、皮が薄くて瑞々しいです。
そして・・・甘~い!!!
ホワイトショコラって名前は言い得て妙だと思いましたね(^^)

150807begin05.jpg
ニュージーランドの手長エビは縦半分に割ってグリルしてありますね。
私の大好物ですけど、値段が張るので自分ではなかなか買う勇気がありません(^^;

150807begin06a.jpg150807begin06b.jpg
身も味噌も味が濃くて美味しいですねえ!
殻はちょっと硬いですけど、香ばしく焼いてあるのでバリバリと全部食べてしまいました(^^)
添えてあったのは赤ピーマンのスープ。
濃厚ですねえ。
エビと交互にいただきましたけど、お互いの味を引き立てる感じでしたよ。

150807begin08.jpg
最後の料理はフランス産メス鴨のタタキでした。
出てきた瞬間、艶めかしい赤に目が釘付けでしたね(^^)

150807begin09a.jpg150807begin09b.jpg
ソースはフォアグラポン酢です。
裏ごししてあるのかなあ・・・フワフワの食感なんですよ!
フォアグラってポン酢と合うんですねえ。
もちろんカモとの相性も最高でメチャ美味しかったです。
どの料理も美味しかったけど、今夜はこれが一番印象に残りました(^^)

150807begin10.jpg
デザートは桃のコンポートを選びました。
白桃と白鳳をかけ合わせた「あかつき」が使われてます。
この桃はそのまま食べても美味しかったでしょうね。
桃らしさはちゃんと残っているんですが、少しスパイシーさも感じます。
素晴らしい料理のしめくくりにピッタリでした。
今夜も美味しかったです!
ごちそうさまでした。

[過去記事]
No.1 <2013/10/09  鮎のコンフィ>
No.2 <2013/12/16  ブイヤベース>
No.3 <2014/01/09  サクラマスのソテー>
No.4 <2014/01/24  マダラのロースト>
No.5 <2014/03/27  カキバター焼き>
No.6 <2014/04/30  キンキのアクアパッツァ>

No.7 <2014/05/16  キンキのアクアパッツァ>
No.8 <2014/05/21  ベーコンエッグ>
No.9 <2014/05/23  ニシンかまくら焼き>
No.10-1 <2014/07/22  前編  ミックスサラダ>
No.10-2 <2014/07/22  後編  和牛のシビレの赤ワインシチュー>
No.11 <2014/09/26  ととりこ豚のスペアリブのコンフィ>
No.12 <2014/09/27  サワラの炙りカルパッチョ仕立て>
No.13 <2015/02/11  ちょい呑み、の、昼呑みびぎん(賄いカレー)>
No.14 <2015/04/05  第49回ワイン会(にぎやかちらし寿司)>
No.15 <2015/04/28  ケンケンカツオのカルパッチョ>
No.16 <2015/07/03  紅ズワイガニのキッシュ>

なにわフレンチびぎん
大阪市中央区東心斎橋2-5-31 月虎51番館4F


スポンサーサイト

tag : 店名.な.な.なにわフレンチびぎん

コメントの投稿

非公開コメント

白と赤 ワイン?いえいえ

刺身の醤油に玉ねぎ、にんにくのすりおろしですか!これはいいこと聞きましたよ。
想像できます。是非やってみよう。
昨日の記事でもですが、海老の殻を見た瞬間に、昌さんがいい音で食べてしまう姿が浮かびました。
わたしはどうも殻が歯に挟まって以来、パスですが同居人は好んでいます。
艶めかしい赤・・・誠に言い得てますねえ。本当に妖しいほどに魅力です。フランス料理無縁の私も惑わされる赤です。(勿論カメラマンの腕あってこそ)
ソースがフォアグラポン酢って こちらの創作でしょうかね。研究してるんですねえ。

難しいワインの事は判りませんが、蒸し暑い日の冷えたビールは十分に解ります。

さあて 道頓堀川でも見回るか・・・・いってらっしゃい!

> ねこさん

すりおろした玉ネギと少量のニンニク入り醤油で食べる刺身・・・美味しいですよ!
マヨネーズを溶かし込んだ文化醤油もいいですねえ。
両方とも少量入れるってところが大事だと思います(^^)

> 殻が歯に挟まって・・・
なかなか取れませんしねえ・・・(笑)
でも、エビの殻と尻尾は美味しいのでいつも食べちゃいますね!
この手長エビの殻は少々かたいのですけど、
酔っぱらってたので問題なくいただくことができました。
毎日エビの尻尾を食べられるわけじゃないので、
普段は坂角のゆかりをポリポリやってます(^^)

フォアグラのポン酢和えは食べたことがあるんですけど、
このソースは初めてお目にかかりました。
このままディップにしてもいいし、
贅沢ですけどサンドイッチスプレッドにしても美味しいでしょうねえ!
鴨肉と合わせた美味しさをまだ覚えてるんです。
次回もあればうれしいですけど。

> 道頓堀川でも見回るか・・・・
少しだけパトロールしました(笑)

No title

遅くなってすいません!
いつもありがとうございます。
鴨のフォアグラポン酢ソースは本当にマスタのオリジナルの中でも
すごく人気が在る1品です。
ワインはあえて、そのまろやかさに合わせて
マリペールをお選びしました。
私も知らなかったんですが、マリペールはラングドックなのに
メルロー主体なんですよね、
しかも、メルローにフランってまるっきりサンテミリオンやポムロールの構成です。
味わいもこれはすごく品があってジューシーでした。
また次回も頑張ります。
お腹空かして来て下さいね。。お願いします。

> たまちゃん

フォアグラポン酢ソース・・・美味しかったです!
尿酸値が気になりますけど、食べている間だけは忘れていました(笑)
ワインのチョイスはさすがでしたね。
メルローというとボルドーが浮かんできますが、奥が深いです。
甲州ワインもメルローが多いですよね!

ごちそうさまでした。
また近いうちに・・・(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)