ハモ尽くし(杉並区上荻・有いち No.5)

150724yuichi01.jpg
2015/07/24(FRI)
今月も無理かなあ・・・と思っていた荻窪の「有いち」におじゃますることができました(^^)
もっと前から予約すれば大丈夫なんでしょうけど、急に思い立つのでフラれることが多いのです。
今回は運よく滑り込むことができました!
外はうんざりするような暑さでしたが、
夏バージョンの箸置きを見た瞬間にそんなことはどっかに行ってしまいましたね(^^)



150724yuichi02a.jpg150724yuichi02b.jpg
最初はビールにしたんですけど、瞬殺だったので画像はお通しのシジミ汁からになります。
7月20日から8月7日までは夏土用・・・丑の日の鰻が人気ですけど、土用シジミも忘れちゃいけません。
寒シジミもいいけど産卵を控えたこの時期のシジミは味が濃くて美味しいんですよ!
肝臓に効くと言われているオルニチンも含まれているし、酒呑みには最高です(^^)
ジワ~ンと体に染みわたるシジミの優しい美味しさがダシと一緒になってやって来ますね。
寒い時期に比べて若干塩味を強くしてあるように感じましたけど、
汗をかくことを考えてのことなんだと思います!
そして当然日本酒にいっちゃうわけですよね(^^)
ステキな酒器で出てきました。
金継ぎが施してありましたから、年代ものなんでしょう。
この鳥はなんだろう・・・冠羽があるのでコサギかもしれません。

150724yuichi03.jpg
日替わりで三種類用意されている刺身を盛り込みでお願いしました。
友人に付き合ってもらったので二人前を注文しましたが、これはその半分の一人前です!
二人前の盛り込みで出てきて当然なのですが、このあたりの細やかさが素晴らしいのですよ(^^)
最初は大好きなシロイカです。
今日は島根のものでしたけど、山陰地方のシロイカは最高ですよね(^^)
夏場はシロイカが沿岸に寄ってくるので、イカ釣り船の漁火が海岸からよく見えるんです!
そんな光景を思い浮かべながら美味しくいただきました。

150724yuichi04.jpg
次はご主人が一押しされていた知多半島の活スズキ
夏の白身の代表と言えばやはりこのスズキではないでしょうか。
洗いで食べることもありますけど、今日は刺身でいただきます。
白身の美味しさはハデじゃありませんけど、余韻があるんですよ!
おすすめだけあって素晴らしい美味しさでした(^^)

150724yuichi05.jpg
最後はハモの焼霜造りです。
注文が入るたびに使う分だけを丁寧に骨切りされてましたが、
やはりあらかじめ骨切りしておくのとは味が違うんでしょうねえ・・・。
醤油とポン酢も用意されてましたが、添えてあった梅肉でいただきました。
昔は東京でこんなに美味しいハモが手ごろな値段で食べられるなんて考えられませんでしたが、
いい時代になったものです(^^)

150724yuichi06a.jpg150724yuichi06b.jpg
刺身も素晴らしかったけど、添え物も素晴らしいのです(^^)
細かい氷はアイスクラッシャーでガリガリ作っていらっしゃいましたし、
ツマも丁寧に造られていることがわかります。
ブロッコリースプラウトは私も混ぜることがありますけど、いつかこんな風に作ってみたいですね!

150724yuichi07a.jpg150724yuichi07b.jpg
150724yuichi07c.jpg150724yuichi07d.jpg
次もハモを使った料理にしました。
活ハモと淡路の玉ネギの小鍋仕立てです。
友人にもこれと一緒の鍋が出てきましたから、これが半分なんでしょうね。
一人前と言ってもおかしくないくらいのボリュームでした(^^)
ちょっとサービスしていただいたのかもしれませんね!
ハモはもちろん素晴らしかったんですが、ハモのアラから取ったダシが信じられないくらい美味しかったです。
玉ネギの甘みが出しゃばってなくていい感じなんですよ。
控えめですけどちゃんと仕事をしてるって印象でしたね。
もちろんスープは最後の一滴までツマミになってくれましたよ~♪

150724yuichi08.jpg
意識したわけじゃありませんけど、せっかくハモが二品続いたので今夜はこのまま通してみたいと思います。
最後は活ハモと万願寺唐辛子の揚げ出しですね!
黒い器なので写真が難しい・・・(^^;
焼霜から始まったハモですけど、
小鍋立てを経て徐々にあっさりからしっかりとした味わいに変化していきました。
ハモの旨みをコロモで閉じ込めてあるので、
口に入れると最初にダシの味が来てその後にハモがやって来ますね(^^)
万願寺唐辛子との組み合わせも絶妙で、素晴らしい一品だったと思います!
さきほどの小鍋同様に、もちろんダシの効いたつゆも全部いただきました。

150724yuichi09.jpg
サービスしていただいたデザートのひんやりとした口当たりが心地よかったですねえ。
今夜も美味しかったです。
ごちそうさまでした。

[過去記事]
No.1 <2014/07/28  刺身盛り合せ>
No.2 <2014/11/27  香箱ガニ甲羅盛り>
No.3 <2015/01/30  刺身盛り合せ>
No.4 <2015/05/22  ハモ焼霜造り>

有いち
東京都杉並区上荻1-6-10

スポンサーサイト

tag : 店名.や.ゆ.有いち

コメントの投稿

非公開コメント

最高評価

何時も素晴らしいもてなしのこのお店ですが今回は最高評価じゃないでしょうか!?
最初の箸、箸置き、テーブルの柾目から 今日はどんなものが・・・・と背筋伸ばしてしまいます。
先ずは金継ぎの杯でしょう!形が私のど真ん中ってえ奴です!そこに金継ぎと来ちゃあ暫しこれだけでも行けますねえ。
刺し盛りの添え物に感服とは流石に目の付け所が違います。
つままで含めて料理人の作品ということを実感です。残せないですね。

お好きなハモを堪能できてよかったですね!
気の置けぬ方と 急がず酒肴を味わう、烏賊の刺身に沖に浮かぶイカ釣り船の灯りを思い浮かべて、季節を味わうなんざあ いよっ!粋だねえ! まず一献!強いねえ旦那!

> ねこさん

この杯で呑んだ酒はとても美味しかったです。
金継ぎしてあるということから値打ちのあるものなんでしょうけど、
また出てきて欲しいですね(^^)

ハモの骨切りのリズミカルな音、
丁寧に作られたツマ、刺身のエッジの鋭さ、
包丁の冴えも料理を支える大事な要素であることを改めて感じながらの美味しくて楽しい時間でした。

時期的に間に合えば、次回は鮎でしょうか(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)