FC2ブログ

カニが・・・凄かった!(大阪市中央区・なにわフレンチびぎん No.16)

150703begin01.jpg
2015/07/03(FRI)
今夜は久しぶりに大阪の「なにわフレンチびぎん」におじゃましました。
いつものように料理とワインはおまかせにしましたが、
このイサキの卵の煮つけだけはリクエストして出してもらいました(^^)
イサキの白子はプリン体が多いので食べちゃダメなんですが、真子は大丈夫だと思います(^^;

150703begin02a.jpg150703begin02b.jpg
ビールでお疲れさ~ん(^^)
イサキの卵ですが、細かな粒が詰まっていてしっかりとした食感がありますね。
こってりとした甘辛味も美味しいですけど、
これは少しサッパリとした味付けで付け合せのアスパラとの相性もピッタリでした!

150703begin03.jpg
刺身の盛り合わせが登場しました。
右はイサキ、中央と左はコシナガマグロです!

150703begin04a.jpg150703begin04b.jpg
150703begin04c.jpg150703begin04d.jpg
上左はコシナガマグロですが、メジマグロと混同されやすいんですよねえ。
今回登場したのは島根産・・・中国地方の日本海側でよく獲れる魚です。
身質はモッチリとしていますね!
アッサリしているので食べやすいですけど、反面物足りなさも少しあります。
それを補っていたのがワインでしたね(^^)
そして上の右は先ほど卵を食べたイサキです。
皮が付いてないのがちょっと残念でしたけど、旨みが濃かったですねえ。
ニンニクの薄いスライスを一緒に食べると、また違った美味しさがありました!
下段はコシナガマグロのサラダ仕立てですが、
ちょっとわかりづらいので小皿に盛り付けてみました。
マヨネーズと醤油を混ぜた文化醤油で和えてあるんです。
刺身で食べるよりはこっちの方が今日のワインには合いましたね!

150703begin05a.jpg150703begin05b.jpg
150703begin05c.jpg150703begin05d.jpg
ビールの後はこんな感じで呑んでます。
上左は「たこシャン」・・・たこ焼きと合う大阪のスパークリングワインです。
そういえば大阪はデラウエアの産地でしたよね(^^)
上の右は刺身に合わせてもらった「MANA BY INVIVO 2014」。
ニュージランドソーヴィニヨンブランのワインです。
最初は干し草のような香りがするんですけど、刺身と合わせるとふくよかさが増すんですよね。
ワインのチョイスはいつも素晴らしいですけど、今回もナイスでした。
下段左は「Glenelly 2013」、南アフリカのシャルドネワインですね。
そして右の赤は「Chateau Nicot 2009」、優しい口当たりですがしっかりとしてました。

150703begin06.jpg
次はメニューには書いてありませんでしたが、アオリイカがあるというので出してもらうことにしました。
湯引きにしたものに生姜のビネグレットソースがかかってます。

150703begin07.jpg
アオリイカの下に隠れていたのは宮城の平ひたし豆で、
地鶏のブイヨンがかけてありました。
アオリイカは刺身とか焼いて食べることがほとんどですが、
これは真似したいくらい美味しかったです。
地鶏のブイヨンとの相性の良さに驚きましたね(^^)


熱々で登場したのは奈良のナスとアマホリさんのトマトのラタトゥイユグラタンでした。
大好きなアマホリさんのトマトは生で食べても美味しいけど、加熱すると素晴らしい旨みが出ますね!
ナスと玉ネギが霞んでしまうくらいの存在感がありました。
少し入っていた無化水のベーコンが味のアクセントになっていて、さすがの一皿でした(^^)

150703begin09.jpg
最後は石川の紅ズワイガニを使ったこだわりキッシュ
サクサクのタルト皮も美味しかったけど、カニが満載で凄いキッシュでした。

150703begin10a.jpg150703begin10b.jpg
ほんの一口食べただけでカニがドッカ~~ンとやって来ます(^^)
ラタトゥイユグラタンに入っていたアマホリさんのトマトの甘さが、
カニの美味しさを一層引き立てていましたね!
甲殻類好きにはたまらない一品でした。

150703begin11.jpg
デザートは無農薬で有機栽培された玉ネギのスライスです(^^)
果物の梨みたいな食感で甘いんですよ!
今夜もちょっと食べ過ぎ&呑み過ぎましたけど、楽しいひと時でした。
ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2013/10/09  鮎のコンフィ>
No.2 <2013/12/16  ブイヤベース>
No.3 <2014/01/09  サクラマスのソテー>
No.4 <2014/01/24  マダラのロースト>
No.5 <2014/03/27  カキバター焼き>
No.6 <2014/04/30  キンキのアクアパッツァ>
No.7 <2014/05/16  キンキのアクアパッツァ>
No.8 <2014/05/21  ベーコンエッグ>
No.9 <2014/05/23  ニシンかまくら焼き>
No.10-1 <2014/07/22  前編  ミックスサラダ>
No.10-2 <2014/07/22  後編  和牛のシビレの赤ワインシチュー>
No.11 <2014/09/26  ととりこ豚のスペアリブのコンフィ>
No.12 <2014/09/27  サワラの炙りカルパッチョ仕立て>
No.13 <2015/02/11  ちょい呑み、の、昼呑みびぎん(賄いカレー)>
No.14 <2015/04/05  第49回ワイン会(にぎやかちらし寿司)>
No.15 <2015/04/28  ケンケンカツオのカルパッチョ>

なにわフレンチびぎん
大阪市中央区東心斎橋2-5-31 月虎51番館4F

スポンサーサイト



tag : 店名.な.な.なにわフレンチびぎん

コメントの投稿

非公開コメント

デラウエア

どれも美味しそうですね。
フレンチの枠を超えてて、ワクワクします。美味しそうって言ってますが、想像つかない味のもあります。

『たまねぎが梨みたい』なんて、すとんとくる例えですね。

デラウエアは、大阪が主流でしたか、知りませんでした。
なんか、名古屋弁みたいなのにね。

今度ね!

はっはっはー・・・・・勉強になります。
最初の刺身はイメージ問題なしですが・・・・・文化醤油 ほほー コシナガマグロ へっへー・・・・・もう 知識の外!

フレンチと和食の融合のような素材にこだわったこちらの料理 人気あるのでしょうね。
前にも褒めてらっしゃったと思うトマト 味わってみたいですね。

毎度のことながら 昌さんの知識、守備範囲の広さには ただただ驚くばかりです。本当ですよ。
特に 私 ワイン類は さっぱり とほほほ です。

こんなコメならいらんわ!と言われそうでした(笑)
今度頑張ります。

たこシャン

いや〜、日本の夏によく合いそうなメニューですね〜。とても美味しそうです。さすがビギンさん
ですね。熱波にやられ、ちょっと食欲をなくしていたのですが、こんなの食いたいよな〜と、久し
振りに空腹感を覚えました。(^^ゞ そうは言ってもこんなメニューが叶うわけありませんけどね。
くっそ!!!

ただいま、東京からよき友人と呼べる女性がアムスを訪ね、2ヶ月ほどの予定で滞在してます。実は
ご主人がアムスに単身赴任していて、夏休みをご主人と一緒に過ごすために...。とても愉快というか
痛快なんですが、彼女、日本人には珍しいのですが「ブリッジ気狂い!」なんですよ。(^^ゞ

オランダは世界で一番ブリッジが盛んな国でして、あちこちのブリッジ_クラブでサマーシリーズが
始まってます。大抵の場合外部からの参加を歓迎してくれます。彼女、ご主人をかまうより、私と
組んで道場荒らしみたいなことをしてます。昨日も出かけ楽しんできました。とても相性がよくて、
何回か一緒にプレーしましたが、毎回一位か二位になってます。私のクラブの知り合い達が戦々恐々
という感じで私たちペアを遠くから見てます。まあ、私には快感というところです。わはは。

今年の春先に知り合ったばかりなんですが・・・。ただいまのところ最高の夏休みになってます。

  ♢

>>「たこシャン」・・・たこ焼きと合う大阪のスパークリングワインです。
>>そういえば大阪はデラウエアの産地でしたよね。
>デラウエアは、大阪が主流でしたか、知りませんでした。 なんか、名古屋弁みたいなのにね。
「あーちゃん」さんのコメントに大笑いさせていただきましたよ。ドエリャーというところなん
でしょうね。いいセンスです。ざぶとん3枚ほど私からとお届けくださいませ。笑)

学生時代、私の英語のセンセがオハイオの出身でこの葡萄の名前の元になったデラウェア近くの
出身と言ってました。なぜか、あの時代、オハイオ出身の英語教師がたくさん東京に溢れていま
した。アメリカに住んでから何度かオハイオのクリーブランドへ出かけました。いえ、仕事では
ありません。音楽を聴きにです。クリーブランド管弦楽団という世界有数のオーケストラがあり、
その楽団の演奏を聴きに。ついでに学生時代に知り合った英語教師達とも会えました。(^^ゞ

「たこシャン」からこんなコメントとなりました。すんません。(^^ゞ

> あーちゃんさん

和っぽい味つけだけどひと味違う魚卵から始まって、
シャリシャリのデザートまで堪能させてもらいました。

> デラウエアは、大阪が主流でしたか・・・
栽培面積は全国第三位だったと思います。

> なんか、名古屋弁みたいなのにね。
今まで考えたこともありませんでした(^^;
確かに「でら」が付いてますよね(笑)

> ねこさん

文化醤油はテレビの料理番組で、コシナガマグロは山陰の市場で知りました。
本当は広く深くがいいのでしょうけど、私の場合は浅瀬で座礁してる感じです(笑)

> 特に 私 ワイン類は さっぱり とほほほ です。
私も同じですよ。
毎回お店の方に選んでいただいてます(^^)

> 今度頑張ります。
いえいえ、頑張らないでくださいな(笑)
軽い感じで書いていただくと返すのも楽なのです(^^)v

> ブルさん

> くっそ!!!
へへへ、久しぶりにいただきました(笑)

ブリッジのサマーシリーズは快調のようですね!
しばらくは美味しい酒が呑めるのでないでしょうか(^^)

あーちゃんさんは大阪の方なので、
いい加減なことを書くとすぐにバレてしまいます(^^;
でもこのデラウエアのことは本当ですよ。
今朝、もう一度確認しましたけどね(笑)

> ざぶとん3枚ほど私からとお届けくださいませ。笑)
お会いしたことも何度かありますので、次回届けておきますね(^^)

> 「たこシャン」からこんなコメントとなりました。すんません。(^^ゞ
子どもの頃友達だったピーターの故郷がクリーブランドでした。
日本語と英語でしたけど、言いたいことは伝わるものなんですよね。
ブルさんのおかげで久しぶりに昔のことを思い出すことが出来ましたよ!
ありがとうございました。

美味しい記憶が蘇ってきます(^^)
ラタトゥイユグラタンのお肉の旨味はベーコンでしたか!
トマトの印象が鮮烈に残りました。

アオリイカと地鶏の出汁の組み合わせ、それを吸った豆………説明を聞いただけで食欲をそそられます!
食材へのこだわりと調理や組み合わせの面白さが魅力的なお店ですよねえ。

> 65さん

このトマトは本当に美味しいです。
単に甘いだけじゃなく旨みが素晴らしいですよね。

刺身で食べることが多いアオリイカですが、この料理も美味しかったです。
地鶏のブイヨンと相性がいいのに驚きましたね。

> 食材へのこだわりと調理や組み合わせの面白さが魅力的なお店ですよねえ。
近くじゃないのが残念です(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)