ねぎぼっかけ焼きそば(神戸市中央区・長田本庄軒 三宮センタープラザ店)

150702nagata01.jpg
2015/07/02(THU)
今回の出張は神戸です!
以前はたまに仕事があったんですが、最近はなかなか機会がありませんでした。
とりあえず仕事前に何か食べようと思ってやってきたのは三宮センタープラザです!
地下に広がるレストラン街は、昭和の雰囲気に溢れてるんですよ。
おじゃましたのは「長田本庄軒 三宮センタープラザ店」です!
あの丸亀製麺の系列で関東地方にも進出してますね。
以前立川の店に行ったことはあるんですけど、やっぱり神戸で食べてみたいじゃないですか(^^)


150702nagata02.jpg
「ぼっかけ」はスジこんにゃくで、「モダン」は焼きそばが中に入ったお好み焼き・・・。
さて、何を食べようかなあ(^^)

150702nagata03.jpg
結局焼きそばの誘惑には勝てませんでした(笑)
ねぎぼっかけ焼きそば(600円)です!
カウンターの目の前は大きな鉄板になっているので、出来上がった焼きそばはそこに出てきます。
関西ではこのスタイルの店が多いですよね。
もちろん食べやすいように小皿も用意されてますよ~(^^)

150702nagata04a.jpg150702nagata04b.jpg
大量のネギの下には自家製の中太麺が隠れてました。
長田スパイスは一味唐辛子ですけど、そんなに辛くないのでたくさんかけても平気です!
マヨネーズとかソースも用意されているので自分好みの味で食べることができますが、
私はこの長田スパイスだけをふりかけて食べるのが好きですね。

150702nagata05.jpg
食べやすいように小皿に盛り付けてみました!

150702nagata06a.jpg150702nagata06b.jpg
自家製麺は茹でてから焼きそばに使ってましたね。
モチッした弾力があって美味しいのです。
神戸のオリバーソースが使われているみたいですが、
ソースが前面に出ている感じじゃなく優しい味つけになっていました!
一緒に入っていた天かすとの相性も最高でしたよ~(^^)

150702nagata07a.jpg150702nagata07b.jpg
ぼっかけは神戸長田区発祥のこんにゃくと牛スジを甘辛く煮たもので、
個人的にはうどんで食べることが多いです。
仕事前なので酒を呑めなかったのがとても残念でしたが、とても美味しかったです!
次回はモダンとビールですね(^^)

長田本庄軒 三宮センタープラザ店
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目9-1 三宮センタープラザ東館 B1F

スポンサーサイト

tag : 店名.な.な.長田本庄軒

コメントの投稿

非公開コメント

震災の・・・

東日本の震災があって阪神淡路震災の記憶も薄れそうですが、長田という文字を見ると生々しく記憶がよみがえります。
メニューを見て ”ビンビールに焼きそば決定!・・・・いやいや仕事だ残念!”
勝手に呑むとこばかり期待されても困りますよね(笑)

すじコンニャク甘辛・・・・美味しそうですねえ!これだけをアテに”ググイッー”と・・・・また脱線・・・・
どうもアルコール(記事のみ)依存症かな(笑)
私は関西の青ネギを意識して食べたことが無いんですが、白ネギのような葱臭さ、辛み・・・は少ないんでしょうか?
薬味と言うより具の一部でしょうかね?
最近は関東でもあちこちで葱沢山の料理が出てきましたねえ。

小皿取り分け画像 盛り付け順も見えて結構でした!

> ねこさん

あれから20年も経ったんですねえ。
10日後に震災派遣で現地に行ったんですが、その惨状を実際に見てショックを受けたものです。

やっぱり焼きそばにはビールですよねえ(笑)
「ぼっかけ」をツマミにしても美味しそうですけど、
うどんとかご飯にかけてもイケるんです!
あっ、それもツマミか・・・(笑)

最近は東京でも万能ネギをはじめとして青ネギを見かけることが多くなりましたが、
関西はやっぱり青ネギ文化圏です!
ネギの辛味が少ないので、あっさり味の麺類にはピッタリです。
冷奴にかつお節とシラスをのせたところにタップリの青ネギと醤油を少しかけて、
全体をかき混ぜながら食べると美味しいですよ~。
おっしゃるように薬味じゃなく具の一部です(^^)

ジャンクだね〜

なるほど、神戸にこういうものがあるのですね。スジとコンニャクの甘辛煮の「ぼっかけ」と
いうのですか。これを具にして焼きそばとは思いも付きません。出来上がったものを食べて
美味しい!と判断出來ても、こういう組み合わせを考えつけません。・・・。青ネギと一味の
唐辛子と相まってなかなか美味しそうですね。

でも、私が神戸に住んでいたころにはここまでジャンクな食いものはなかったような。爆笑)
まあ、ざっと30年前ですからね〜。元町に天上の食いものと言える、穴子寿司の「青辰」が
健在していた時代でしたから。すごいモノと比較するでしょ! なんたって、この青辰のご主人、
あの怪人=映画評論家の「淀川長治」さんの幼なじみでね〜。威厳の中になんとも言えない味と、
面白みがありました。

阪神大震災の数年あとに神戸を訪れました。伊丹の旧い友人宅に泊めてもらったのでした。旧い
友人とは女性で、オランダとスイスの混血です。ハーグで美術を学び、その後、日本の美と恋に
落ち、京都に住み学んでいるうちに伊丹の旧家のボンボンと恋に落ちたらしい。いいご主人で、
私とおない年でした。とても仲良くなり、二人で私のアムスの家に何度も泊まってます。(^^ゞ

震災のせいで、神戸にはほとんど知人もいなくなっていましたが、何度も訪ねました。思い出の
ある地域はほとんど残っていませんでした。異人館のあった地域には旧い知人達が住んでいたん
ですが、建物はほぼ全滅でしたね。

また前振りが長くなりました。その友人の女性と神戸でお好み焼きを何度か食べました。彼女の
お勧めがこの「ぼっかけ」でした。いえ、「焼きそば/うどん」ではなくお好み焼きの具として
この「ぼっかけ」をたっぷり混ぜ込んで焼いてくれたのでした。青ネギもたっぷりと。最初食べ、
すっかり気に入り、何度も食べました。三宮の繁華街から路地を少し入ったところにある名も
ない店でした。

他に神戸でも大阪でもこんなものを食べさせてくれる店はない時代でした。この長田本庄軒と
どこかで繫がっているかもしれませんね〜。

> ブルさん

普段食べている焼きそばとは、味つけもそうですが別物でしたね。
ビールと一緒なら申し分なし、ご飯のおかずにもいいと思います(^^)
ぼっかけだけ食べるより、焼きそばとかお好み焼きの具にする方が美味しいのかもしれませんね!
いや・・・ツマミには単品の方がいいかもしれませんが(笑)

「青辰」・・・残念ですよねえ。
穴子寿司と海苔巻がセットになってましたっけ?
今もあれほど美味しい穴子はめったに食べられないのではないでしょうか。
もう一軒震災後に閉店された「かき十」のかき飯も忘れられないですねえ。
災害は目に見えるものだけじゃなく、思い出も消し去ってしまいました。

また行く機会があると思いますけど、仕事の合間じゃ何もできません(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)