端午の節句(作ってみたよ! ちまき)

150505chimaki01.jpg
2014/05/05(TUE)
5月5日は端午の節句、こどもの日です!
この日は二十四節気の立夏でもあり、立秋(今年は8月8日)の前日までが暦の上での夏となります。
野山に新緑が萌え、さわやかな空気を感じる季節の到来ですね~(^^)
菖蒲湯だけで終わってしまうのもなあと思ったので、かしわ餅を作って見ようと思ったんですが・・・。
これが意外に大変だってことがわかりました(^^;
ほんの少しだけ作りたいのですけど、
材料を最小限で買いそろえても一度じゃ食べきれない量が出来てしまいそう(笑)
ということで柏餅は店から買ってきました(^^)

150505chimaki02.jpg
かしわ餅はあきらめましたけど、そのかわりにちまきを作ってみることに!
子供の頃に作ってもらったのは
ほんのりと甘みのついたシンプルなちまきで笹の葉で包んでありましたけど、
今回は中華ちまきを作ってみます!
本来の意味からは外れてしまいますが、ちまきつながりということで・・・(^^;

150505chimaki03a.jpg150505chimaki03b.jpg
材料は例によって適当です(笑)
もち米の他は、干ししいたけ、干しエビ、あとは冷凍しておいた豚バラの角煮を用意しました。
うずらの玉子とか、ぎんなんとか、生のピーナツを入れると美味しいんですけど、
今日はシンプルにいきますよ~!
ネットを検索するとレシピが山のように出てくるので、詳細な作り方は省きますね(^^;
何度作ってもうまく三角に包めませんけど、四角でも丸でも形にこだわらなければちゃんと完成します(笑)
竹皮が無かったらアルミホイルとかクッキングシートでも大丈夫ですしね(^^)
ぬるま湯に15分ほど浸しておいた竹皮の表面の水分を拭き取って準備したもち米を詰めていきます。
結びにくいですけど、竹皮の端を5ミリほど割いてヒモ代わりに使うと気分がでますね(^^)
面倒だったらタコ糸でも、輪ゴムでも構わないと思います(笑)
詰めているところが撮れたらよかったんですが、とてもそんな余裕はありませんでした(^^;
本当はせいろがいいのですが蒸し器でも出来上がりに変わりはない・・・と思いますよ~。
お湯の量に注意しながら強火で30分ほど蒸したら完成です!

150505chimaki04.jpg
蒸しあがってすぐは熱くて味もよくわからないので、少し冷ましてから食べてみました。
いい感じにできてますよ~!
自分で作った思い入れもありますけど、美味しいちまきでしたね~(^^)

150505chimaki05.jpg
竹皮がなくなってしまったので、途中からは笹の葉で包みました。
何枚か重ねないといけないんですけど、葉がやわらかいので慣れたらこっちのほうが楽かもしれません。

150505chimaki06.jpg
香りがいいですね~!
包むのがちょっと面倒ですけど、次回は笹の葉にしようと思います(^^)
蒸しあげた残りは冷凍して、少しずつ楽しむつもりです。
次回は具だくさんで作ってみたいですね(^^)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

歳時記

季節の慣わしと共に紹介される料理にも何時も大変感心です。
ちまきって生のお米を詰めるのが、包む皮の不安定さもあって大変そうです。
竹の皮も笹の葉も準備して容易でないですね。
そんな準備のできない者に代用作まで解説で至れり尽くせり!

ご自身も満足の出来で良い節句になりましたね!
後は菖蒲湯に入って 酒器でも愛でましょう。(笑)

> ねこさん

普段は私も手抜きのラップ専門です(笑)
久しぶりに包みましたけど、まあなんとかなるものですね!

菖蒲湯・・・ちゃんと入りました(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)