FC2ブログ

やきめしとチャーハン(作ってみたよ! チャーハン No.1) 

150423chahan01.jpg
2015/04/23(THU)
晩酌中になんとなくチャーハンが食べたくなり・・・、
酔っぱらいは一度頭に浮かんだことをなかなか拭い去ることができず・・・、
結局ふらつきながら作ることになるわけですよ(笑)

150423chahan02a.jpg150423chahan02b.jpg
今夜は「黒」を目指してみました。
黒チャーハンと言うと、以前おじゃました京都の新福菜館がまず最初に浮かんできます!
暖簾分けした岩手のマトヤ中華とか秋田の末廣ラーメン本舗も有名ですが、
岩手は未訪問、末廣ラーメン本舗は秋田じゃなく高田馬場店しか行ったことがありません(^^;
チャンスがあったらおじゃましてみたいと思ってるんですがいつになることやら。
左は京都・新福菜館、右は高田馬場・末廣ラーメン本舗で以前食べた時の画像です。

150423chahan03.jpg
いか墨で作っても黒くて美味しそうですけど、今日は中国醤油で「黒」を目指しました。
ところで「やきめし」と「チャーハン」の違いってご存知ですか?
ちなみに先ほどの画像2店は「やきめし」とメニューに記載されてます。
やきめし(焼飯)とチャーハン(炒飯)は「焼」と「炒」の違いだけじゃないんですよね。
以前大阪に行った時に「やきめし」はご飯を先に炒めてから玉子を入れるんやけど、
「チャーハン」は玉子を先に炒めてからご飯を入れるんやで・・・と聞いた記憶があります。
これは本当かどうかはわかりませんけど、
関西ではお好み焼きとか焼きそばを焼く鉄板で「やきめし」を作っている店もありますから、
「焼き」って名前もなんとなく納得できる気がしますね。
具はネギとチャーシューと玉子だけのシンプルスタイルにしました。
今回は「やきめし」じゃなく「チャーハン」ですけど、一応それらしく完成です

150423chahan04.jpg
やっぱりインパクトのある黄身の存在は大きいですよねえ!
目玉焼きも美味しいと思いますけど、酔って作ると失敗する可能性が高かったので・・・(笑)

150423chahan05.jpg
このチャーハンの場合、黄身も調味料のひとつだってことが良くわかります。
少し甘みのある醤油を鍋肌で焦がすことで香ばしさが出てるんですが、
それと濃厚な黄身が上手くマッチしてました!
酔って作ったとは思えないほど美味しかった・・・と、一応書いておきます(^^)

150423chahan06.jpg
これ別の日の画像ですが、
ここしばらくは毎日のように練習してたので、一応見た目だけはなんとか作れるようになったと思います。


ドロリとした中国醤油を入れる前はもっとパラパラしてたんですが、
少しシットリとした仕上がりになりました。
正直なことを書くと・・・酔っ払って作った夜が一番美味しかったです(笑)
余分な力が抜けるからですかねえ。
素面でちゃんと作れるようにもう少し練習しますね(^^)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

同じかと・・・

チャーハンと焼きめしを同じものと思ってました。
なんとなく焼きめしと言う言葉に好印象なのは子供の頃のイメージが作用してるようです。
ありあわせで簡単に拵えた・・・・食糧不十分時代のご馳走でした。

中華醤油って甘めですか?黄身の黄色とタイガースカラーを形成ですね。
何と言っても黄身雪崩は無敵です。

最初の作は どうしても食べたい! という欲求が強くて(黄身雪崩効果も)美味しさベストと評価されますが、重ねるうちに どんどん美味しくなってるはずでしょう。絶対!

> ねこさん

いやいや、もしかしたら同じものなのかしれませんよ(笑)

なんとなくですけど、
関西じゃ焼きめしが多くて関東はチャーハンが多いような気がします。

> 中華醤油って甘めですか?
たまり醤油みたいにドロリとしていて、甘みがあります。
上海焼きそばに使うと美味しいのです!

少しは上達してるんでしょうね。
黄身に頼らなくても美味しかったですから(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)