ツンツン!(作ってみたよ! 煮浸し No.3)

150412wasabi01.jpg
2015/04/11(SAT)
春になって山菜が出回り始めると、この葉わさびが食べたくなるんですよね!
清々しい辛みがステキな葉わさびで楽しむ春の酒・・・今夜もすすんでしまいそうです(笑)


150412wasabi02a.jpg150412wasabi02b.jpg
少しツボミもある花わさびが少し混じってました(^^)
ところで葉わさびの醍醐味といえば、やっぱりあの辛さでしょうね!
辛みの少ないワサビは気の抜けたビールみたいで、美味しさ半減です(^^;
茹でるだけじゃ辛味がまったくないのでひと手間かけなきゃいけません。
80度に沸かしたタップリの湯に塩を少し溶かして、
3センチくらいに切った葉ワサビを10秒浸けたらすぐにザルに取ります。
この80度と10秒はこの後の辛さに影響するので、なるべく正確に計ったほうがいいですね!

150412wasabi03a.jpg150412wasabi03b.jpg
ザルに上げて湯を切った葉わさびをボウルに移したら優しく手で揉みます。
少し熱いですけどヤケドをするほどではありませんし、うちわで少し冷ましてからでも大丈夫ですよ(^^)
ここで手抜きをすると辛さが優しくなっちゃうので、頑張らなきゃいけません!
私はこのやり方で慣れてしまいましたが、塩揉みしてから湯に通す方もいらっしゃいます。
温度と時間さえ守ればどちらも辛さがちゃんと出ますので、お好きなやり方で!
温かさの残ったまま密閉容器に入れて、3時間ほどそのまま置いておきます。
フタを開けた時にむせ返るような辛さがやってくれば大成功です。
後は漬け汁を注いで冷蔵庫で保存するんですが、2日目か3日目が一番美味しいですね!
それまでに食べきってしまったことは数知れずですけど(笑)

150412wasabi04.jpg
鮮やかな緑色じゃなく少しくすんでいますが・・・まあこんなものでしょう(^^)
塩漬けも美味しいですけど、無難なのは醤油漬けでしょうね。
でも今回はダシで漬けこんでみました。
カツオと昆布のダシ使って塩と薄口しょうゆ少々で味つけてます。

150412wasabi05.jpg
醤油漬けは和えものにしたり大根おろしと一緒に食べても美味しいですけど、
このダシ漬けはそのまま単独で食べた方が美味しいと思います!
カツオと昆布の香りの後にシャキシャキが来て、その後に辛さがドッカ~ンとやって来ますね。
美味しい美味しいと食べていたら、今回も2日でなくなってしまいました(^^;
もう一回作って少し冷凍しておこうかなあ・・・。

[過去記事]
No.1 <2014/06/14  小松菜煮浸し>
No.2 <2014/09/09  菊の花煮浸し>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

戸隠

思い出しましたよ!
信州戸隠が好きで毎年のように同じところに泊まって・・・・・その折 葉山葵を発見 買って 宿で食べた味が今鮮烈に思い出されました。
初めてなので さっと湯がいただけでしたが 辛みは私等にはいい塩梅で ”あー 信州らしいなあ”
勿論 あっという間に一束を家族で平らげました(笑)

以来 いろいろなお浸しがさらに好物となりました・・・せり、ニラ、三つ葉なんて香りのものも美味しいですね。
でもあれ以来葉山葵は食べてません。
地元のスーパーでは見かけないのです。残念至極。
昌さんもお浸しがお好きでしたよね!油揚げと併せた奴なんて特に印象に残ってます。

ツンツン とは素晴らしいネーミングですね!
ツンツンの小皿と藍の入った白磁の酒器がとても酒好きの心を揺さぶります。好きだなあ・・・

ツンツン

いかにも春らしい一皿ですね〜。コメカミが痙攣するほど美味しそうです。

東京へ赴任された頃、週末に訪れる伊豆下田に狂いました。最初は伊豆半島の
ゴルフ場で仲間とプレーするのが目的で出かけたのでした。ゴルフは学生時代
からやっていました。でも、ゴルフにはマンネリを感じていました。

せっかく伊豆にいるんだから、小さい頃から好きだった海と戯れることをやる
べきと決心したのでした。(^^ゞ 当時の日本はまだ週休2日制をとる企業が
皆無でした。私は週休2日でした。へへ。週末の渋滞なんて無縁の頃でした
から、毎週のように出かけました。

まあ、海遊びだけじゃなく、いい温泉地がいくつもある伊豆ですからね。そんな
中でこのツンツンを何度もいただきました。ツンツンと呼ばれていたかは記憶に
ないのですが、メチャ美味しかったです。伊豆のお魚との相性は抜群ですからね。
わはは。海遊びは釣りとダイビング (シュノーケルのみの素潜り) でした。

私の生地なのに、日本での初赴任地は東京でした。(^^ゞ

  ♢

ちょっと留守にしていて、コメントを入れる機会を逃しちゃったのですが、先の
記事「花よりびぎん」、とてもよかったです。いまコメをいれておきました。

> ねこさん

茹でただけだと普通のおひたしみたいなので、やっぱり辛さが欲しいかなあ(^^)
私の友人は葉わさびだけの辛さじゃ満足できず、すりおろすわさびを細かく切って混ぜてます(^^;
さすがにそれは辛すぎますが、わさびの値打ちはあのさわやかな辛みにありますからね!
戸隠といえば蕎麦が真っ先に浮かんできますけど、たしか山葵じゃなく大根で食べたような記憶があります。

おひたし・・・大好きです!
また気が向いたら記事に載せるかもです(^^)

結構 ツンツン

葉山葵は 湯がいたのでなく ポットのお湯をかけただけのようです。(同居人確認)
民宿のポットのお湯だけだったので結構 ツンツン でした。
でも 皆さんの ツンツンとはレベルが違うかもです(笑)

> ブルさん

下田・・・いいですね!
海の魚も川の魚も美味しいし、何よりワサビもありますしね(^^)
かなり昔になりますけど、伊豆の踊り子で有名な河津・湯ヶ野温泉によく行ってました。
下田はそんなに遠くないので買い物に出かけることも多かったですね。
地元のスーパーで買ってきた刺身とか寿司で満足していた頃です(笑)

釣りもダイビングも時々やりましたけど、ほんのお遊びで・・・(^^;

> ねこさん

ザルにのせて湯をかけるだけの人もいますからね(笑)
ポットの湯だと70度くらいでしょうか。
もう少し熱ければ完ぺきでしたけど、これで十分だと思います。
しばらく手で揉んでから密封ビニール袋に入れておくと辛さが出てくるんですけど、
早めに食べると辛さが優しいです!

今度はもう少し辛いのに挑戦していただきたいですね(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)