旬の魚(豊島区南大塚・くう No.2)

150306ku01.jpg
2015/03/06(FRI)
大塚の「くう」におじゃましました。
金曜日の夜でしたけど、ダメ元で電話してみたらギリギリセーフでしたね(^^)v
この記事を書いていて気がつきましたけど、外観写真が前回とまったく一緒です(^^;
学習能力欠如というか記憶力低下というか・・・まだこの時点では素面だったんですけどね(笑)


150306ku02.jpg
呑兵衛三点セット・・・いや、箸も含めると四点セットになりますかね(^^)
この竹を削った箸はなんとも使い心地がいいんです!

150306ku03.jpg
お通しはボリュームたっぷりで出てきた京ほうれん草の煮びたしでした。
シャキッとした食感を残した火の通し加減がちょうど良かったですねえ!
毎回うっとりするダシも素晴らしいですけど、ほうれん草にも力がありました。
削りたての花かつおの香りと相まって、美味しかったですよ(^^)

150306ku04.jpg
すぐに出てきそうなもの・・・と思って最初に注文したのはホタルイカの酒盗和えです。
酢みそ和えにすることが多いですけど、カツオの塩辛である酒盗と和えても美味しいですねえ。
ほのかに感じる柑橘系の香りがなんともいい感じでした。
下に長芋の拍子切りが忍ばせてあって、
瑞々しさとシャリッとした食感が濃厚な酒盗和えのアクセントになってましたね。
まだ出始めなのでホタルイカは少し小さかったですけど、十分に楽しむことが出来ました(^^)

150306ku05.jpg
次は「のれそれ」とシメサバとワカメのポン酢かけ
手前の「のれそれ」は穴子の幼魚で透明感にあふれた魚体なんですよ。
2月くらいから少しの間しか食べられませんので、今がまさに旬の魚ですね。
表面はチュルンとした粘膜に覆われていて、食べてみると淡い味わいの中にほのかな甘みも感じます。
足が早いので以前はなかなか食べられませんでしたが、近年の保冷輸送技術の進歩に感謝しなきゃいけませんね!
シメサバは焼き霜造りにしてありました。
皮目の香ばしさに唸り、絶妙の〆加減に唸り、そして旨みの濃さに唸りましたね~(^^)

150306ku06.jpg
これはヒゲダラと九条ネギのスープ仕立て
ヒゲダラは大好きですけど・・・高いんですよねえ(^^;
鍋に良し昆布〆に良しの魚ですけど、エラのところに鋭いトゲがあるので料理する時は注意しなきゃいけません。

150306ku07.jpg
黒七味を少しかけていただきました。
ヒゲダラの旨みと九条ネギの香りが素晴らしいです。
もちろんダシの力もあるんだとは思いますけど、やっぱりヒゲダラの美味しさはたいしたものですねえ(^^)
それぞれの旨みをいいとこ取りした豆腐も良かったです。
美味しかったですけど、やっぱり今夜もフラフラしながら帰ることになりました(笑)
ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2014/11/14  候箱ガニ甲羅盛り>

くう
東京都豊島区南大塚1-48-9

スポンサーサイト

tag : 店名.か.く.くう

コメントの投稿

非公開コメント

期待違わぬ

外観はこのアングルしかないでしょう!
一番いいものは一つです(笑)
渋い風情を純白暖簾で〆る 屋号は手前に やはりこの構図しか無いです。

前回の記事より 料理一つ一つを熱く語ってますね。
余程美味しい 期待を裏切らぬ美味しさに感動して筆が躍ったと言うのが私の想像です。
いちいち並べませんが良い表現ばかりに感心しています。

でも例によって変なところに興味が行くんですが、この箸いいですねえ!
懐石で使うようで お店の誇りを感じます。

酒器一式が・・・

なかなか美味しそうなものを提供してくれるお店ですね。予約をいれなければ
いけないのがナンですが、近場にこんな素敵なお店があるのはいいですね〜。

2枚目の写真で眼を引いたのは、このお店の素敵なお酒の出し方です。徳利袴
が独特なんですね。先ほどから考えていてこの「徳利袴」という言葉をやっと
思いだしました。(^^ゞ 袴というより厚手の木製受け皿みたいな作りなんですね。
これ、欲しいです。わはは。

こんなところに独特の神経を使う店主/調理人の出してくれるものなら絶体に
美味いだろうな〜と思ってしまいます、ブルです。ねこさんのおっしゃる箸も
素敵ですが、杯の下のコースターにも惹かれます。

私は日本を離れたころ、コースターオタクでした。阿佐ヶ谷の、かの「ねじめ」
などで集めた数え切れないほどの小型座布団/コースターを収集してありました。
自分で使うだけでなく、オランダの友人達に酒器セットと併せプレゼントすべく
在庫していたんですよ。氷を含んだグラスにも最適ですからね。

年月が経つにしたがい、数も減り帰国した折に補充することもなく、いつか
数セットになりました。でも、ワインがメインの酒飲みになるにしたがい不要に
なってきました。私にはワイングラスにはない方が好ましいです。

昌さんが以前ご紹介になった日本橋の割と新しい小料理屋さんが素敵な酒器下の
敷物を使ってお酒を提供していたのを突然思い出しました。爆笑)

ヒゲダラについて

スンマセン、コースターに拘泥するあまり、日本橋に飛んでしまい肝心なことを書き
漏らしました。

ヒゲダラって美味しいですよね〜。私を可愛がってくれた親父の友人が尾鷲にいた
関係で、学生時代に時々、尾鷲へ出かけました。ここで初めてヒゲダラをいただいた
ときは驚きました。ほんに美味かったです。ヨロイイタチウオが正式名と聞きました。
尾鷲では「ナマズ」なんて呼ばれていましたっけ。

東京で口にしたことのなかったメヒカリとかウチワエビなんてのをゴチになり悦に入った
ものでした。当時ボクシングをやっていたのですが、いくら食べても体重が増すことの
ない時代でした。いまは食べただけ重くなるような気がします。排出しているのにね!




> ねこさん

> 一番いいものは一つです(笑)
店の外観写真は難しいです(^^;
もう少し引いて撮ったら良かったかもしれません。

なんてことない料理でも、基本であるダシがしっかりしている店は美味しいですよねえ。
欠点はお酒が過ぎるってことでしょうかね(笑)

> この箸いいですねえ!
ます寿司の竹でぜひとも削ってくださいな(^^)

> ブルさん

「とっくり袴」が正式名なんですねえ。
今まで「おちょうし袴」だとばかり思ってました(^^;
私もケヤキのやつを持ってますが、
最近は出番がないので久しぶりに漬かってみたくなりました!

以前コースターのコメントをいただいたのは人形町の「みや穂」でしたね。
そういえばこの店もごぶさたしてるなあ・・・(^^;

築地ではヨロイイタチウオよりヒゲダラの方が一般的でしょうかね。
美味しい魚です!
そういえばブルさんとFBつながりのある女史も、
昔この魚に刺されたことがあったと思います(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)