FC2ブログ

透き通ったツマミ!(台東区浅草・鳥平)

150207tori01.jpg
2015/02/07(SAT)
浅草の雷門は人気スポットなので相変わらず混雑してますが、
ほんの少し歩いて横道に入るとそれが嘘のように静まり返ってますね。
今日はどこに行こうかなあと店を探しながら歩いていたら、この「鳥平」のことを思い出しました!
前回おじゃましたのはもう8年ほど前のこと・・・懐かしいなあ。


150207tori02.jpg
ビールと一緒に出てきたお通しは三点盛りでした。
手前は鶏モツの佃煮・・・かな?
管みたいな部位が入っていたのでハツモトかもしれませんね。
甘さを抑えたスッキリ味なんですけど、辛すぎることなくいい味してました(^^)
これだけでお酒が何合も呑める感じで、とても美味しかったです!
とりあえずこの佃煮は熱燗用に取っておいて、残りのアナゴと鶏でビールを呑んでしまいましょう。
アナゴも良かったけど、鶏肉がやわらかくて美味しかったですねえ。

150207tori03.jpg
最初に注文したのは冷やし鳥ですね。
氷が入っているようにも見えますが・・・、
水炊きした手羽をスープごとゼラチンで固めてあるような感じです。
以前来た時にも食べましたが、美味しかった記憶が蘇ってきましたね~。

150207tori04.jpg
予定通り熱燗をお願いしました。
徳利が熱いのでちゃんと持てるように手作りのカバーが付いてきましたね(^^)
鍋つかみじゃなく徳利つかみって感じかな!


ポン酢がかけられているので軽く混ぜてからいただきます。
すぐに混ぜてしまったのでよくわかりませんでしたが、
オレンジ色したのは「もみじおろし」じゃなく「かんずり」みたいな感じでしたね。
ダシで煮てあるのでほのかに味が付いているんです。
そこにポン酢が加わるとそのダシ味がいい感じで浮かび上がってきますね。
夏向きの涼しげな一品ですけど、冬に食べても美味しいものは美味しいのです!
鶏肉から味が抜けることなくいい感じで残ってましたが、
やっぱり主役はスープの煮こごりだったと思いますね(^^)

150207tori06.jpg
冷やし鳥を食べ終わったころに釜めし登場です!
炊き上がるまでに時間がかかるので、タイミングを見計らって注文しておきました。
一合炊きの小さな羽釜ですが、台とフタがあるので堂々としてますよねえ。


五目釜めしにも惹かれましたけど、最終的に注文したのはとり釜めしでした。
具はシンプルにグリンピースと鳥ひき肉だけ!

150207tori08.jpg
熱々だと鳥の味が前面に来るんですけど、冷めるにしたがってバランスが取れてくるんですよ。
この画像は炊きたてだったので少しベチャッとした感じになってますけど、
少し水分が飛ぶまで待ってから食べると・・・美味しいのです(^^)
もちろんこれは熱燗のツマミですよ~(^^;
焼鳥を頼むと一人前でもかなりボリュームがあるので、釜めしまでたどり着いたことは初めてです。
今日は無事に食べることができて本当に良かったです!

150207tori09.jpg
鳥スープは別料金になりますけど、これはツマミにも〆にもなります。
ヤケドしそうなくらい熱々なので、酔っ払いにはちょっと危険ですけどね(笑)

150207tori010.jpg
ひと口だけ残しておいた釜めしは、レンゲの中でスープと一緒にしていただきました。
美味しい〆ご飯でしたよ(^^)
前回は4人でおじゃましたんですが一人は亡くなり一人は大阪に帰ってしまい、
残りの一人とも最近は呑んでないですねえ。
この店に来た時の楽しかった話でもしながら、久しぶりに一杯やりたいなあ・・・。
ごちそうさまでした。
    
鳥平
東京都台東区浅草1-6-7

スポンサーサイト



tag : 店名.た.と.鳥平

コメントの投稿

非公開コメント

年季の美しさ

あまり気にしてませんでしたが・・・・・
昌さんは普通と言えば普通かもですが 少食に近いですよね。
たっぷりお酒を召し上がると・・・違うときもあるようですが(笑)
(でも 少飲ではないですよね! 昌飲ですもんね! おやじダジャレ)

多分想像されたかと思いますが・・・・・
木の物がいいですねえ!痺れまくりです。
拭き込まれた白木の卓の角の丸み、そして・・・・・釜の台なんざあ・・・・思わず”これ譲って!”
使い込まれ、始終磨きこまれた・・・年季と言う美しさ!
大森の煮込み居酒屋の猪口受けの升(私の憧れ)のようです。
サンドペーパーなんかじゃない使い込まれた丸み、本物の自然な丸み・・・・・堪らんでしょ!
私は偽物の丸みで遊んでますが(笑)

本題から外れました。
冷やし鳥 美しいです。
私はどうも見た目の美しさに心奪われる傾向ですが、このタイトル通りの透明な美しさには脱帽です。
仰る通り何時でも美味しいものは美味しい、美しいものは美しいです。

徳利に添えられた小切れ布 なんか粋だなあ・・・

> ねこさん

> たっぷりお酒を召し上がると・・・違うときもあるようですが(笑)
そうですかねえ、確かに年齢とともに食が細くなってきましたがまだまだ大丈夫です!
酔うと若い時にたくさん食べたことを思い出すんでしょうね(笑)
昌飲・・・お見事です!

木製の台を見た瞬間、あ~これはねこさんが好きそうな・・・と一瞬思いましたよ(^^)
狙って加工したのではなく、時間が作り出した傑作ですねえ。
ねこさんじゃありませんけど、私もこの角の丸みを見るといいなあって思います!

> 冷やし鳥 美しいです。
酔っ払いのオッサンには似合いませんけどね・・・(^^;

徳利の熱さ除け・・・自前で持ってって行きたい店がたくさんあります(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)