小豆粥(作ってみたよ! 粥 No.4)

150115azuki01.jpg
2015/01/15(THU)
今日は小正月・・・今は6日までとされることが多いですけど、
昔は一般的にこの日までが松の内だったんですよね。
一年間の健康を祈願して「小豆粥」を食べるのが古くからの習わしです。


150115azuki02.jpg
小豆を軟らかく茹でるのには時間がかかりますから、圧力鍋を使いました。
弱火でコトコトと時間をかけた方が美味しくできるとは思うんですが、
最初に茹でこぼすことも含めると1時間半くらいはかかりますからねえ・・・(^^;
15日の朝ご飯に食べたいので、ここまでは昨夜のうちにやっておきました!

150115azuki03.jpg
朝起きてすぐ、寝ぼけ眼で作り始めました(^^;
まあ、ガスに点火するだけですけどね(笑)
小豆の煮汁に水を足して粥に仕立てると・・・薄っすらと桜色に染まりました(^^)
粥なので主役はあくまでも米ですから小豆の量は控えめにしました。
でも、もう少し入れても良かったですね(^^;

150115azuki04.jpg
古くは焼いた餅を入れたり、サツマイモを入れたりしたそうですが、
今回は小豆だけのシンプルなスタイルでいただきました。
一応そう書きましたけど、実はまったく忘れてたんですよね(^^;

150115azuki05.jpg
食べる時にごま塩を少しかけます。
同様に小豆を使う赤飯でもごま塩をかけるのは単に味つけだけじゃなく、
他の穀物を一緒に入れたことの名残らしいですよ!

150115azuki06.jpg
作るのが大変ですけど個人的には赤飯の方が好きかなあ・・・(^^;
今の時代に積極的に受け入れられる食べ物とは思いませんけど年に一度ですから(笑)
粥はすぐにおなかが減りますから、やっぱり焼き餅を入れれば良かったですねえ。

[過去記事]
No.1 <2014/01/07  七草粥>
No.2 <2014/08/01  黒ごま粥>
No.3 <2015/01/07  七草粥>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

へー!

季節ごとに日本古来の慣わしを知ることができるブログ・・・お得ですよー!
胡麻が他の穀物の名残りだったとは・・・・へー!!!
季節食って美味しさよりも季節を改めて実感する効果ですね。

赤飯のもち米の旨さと比べれば分が悪いでしょうね。
でもこういうシンプル、素朴な食べ物の美味しさ、素材の旨みを噛みしめたいです。
濃い味に馴染み過ぎですもんね。

私も今日は白粥でした。白菜の御新香 少々(粗食ですが美味しい)

> ねこさん

> 季節ごとに日本古来の慣わしを知ることができるブログ・・・
毎回のように言い訳してますけどネタがないのです(笑)
新暦と旧暦の時差もありますが、一応ブログ上での季節感ということでしょうか(^^;

ねこさんが書いていらっしゃるように、
濃い味に馴染み過ぎなところは確かにありますよねえ。
今回は米と水の美味しさを味わうために、ごま塩は意識的に少なくかけたんですよ!
でもやっぱり物足りませんでした(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)