錦秋の候(北区西ヶ原・旧古河庭園)

141124furukawa01.jpg
2014/11/24(MON)
所用で駒込に来たついでに、少し足を延ばして「旧古河庭園」におじゃましてみました。
大好きな庭園の一つで、過去に何度も訪問しています。

141124furukawa02.jpg
最寄りの駒込駅からは緩やかな坂を上って行くんですが、
その坂の頂上付近にある門を潜るとすぐにこの立派な洋館が目に飛び込んできます。

141124furukawa03.jpg
洋館と庭園を設計したのは英国人のジョサイア・コンドル博士・・・。
他にもニコライ堂などを設計されてます。
今でもステキなたたずまいですが、当時はモダンな建物だったんでしょうね!

141124furukawa04a.jpg141124furukawa04b.jpg
斜面を上手く利用して洋風庭園が造られていて、
綺麗に手入れされた植え込みの周囲はバラ園なんですよ。
何種類も咲いていましたが、印象に残ったのを載せておきます。
左はローラ、右はクリスチャン・ディオールと書いてありました。

141124furukawa05.jpg
これはコンラッド・ヘンケル・・・真紅が青空に映えますねえ!

141124furukawa06.jpg
これは何だろう?
植木鉢みたいですけど、よくわかりませんでした。
ツタの絡み具合がステキでしたね。

141124furukawa07.jpg
バラ園を通り過ぎて斜面を下ると、今度は池を配した日本庭園が広がっています。
作庭者は小川治兵衛氏で、平安神宮神とか円山公園も氏の作庭になるんだそうです。
池の周囲には紅く染まったモミジ・・・秋ですね!

141124furukawa08.jpg
南向きの斜面を利用しているので日当たりバツグン
紅があれば黄色もあります。

141124furukawa09.jpg
近くには飛鳥山公園もあるので、桜の時期にまたおじゃましてみたいですね。

旧古河庭園
東京都北区西ヶ原1-27-39

スポンサーサイト

tag : 旅/散歩.か.き.旧古河庭園

コメントの投稿

非公開コメント

ハリポタ

最初の写真で思ったのはハリポタの城ホグワーツでした。
最後の写真では英国の貴族屋敷・城で・・・・ゴルフ、クリケット、キツネ狩り・・・・が浮かびました。

しかし・・・しかし・・・途中のモミジの画では間違いなく日本、一面真っ赤じゃなく各色が調和した錦秋と言う呼びにふさわしい和の景色です。
先般の御苑に続く”季節写真シリーズ”、季節ごとに期待しちゃいます。

> ねこさん

なるほど、ハリポタで来ましたか!
時代を重ねた洋館にはなんともいえない魅力がありますね。

薔薇の紅もキレイでしたが、
やっぱりオッサンにはモミジの紅のほうがしっくり来ました(^^)

暖かい日だったので人もそれなりに多かったですね。
今期、もう一回くらいこのシリーズをアップしますのでお楽しみに(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)