築地丼 特別弁当(築地市場 場外・つきじ松露 新店)

141113tukijidon01.jpg
2014/11/13(THU)
「築地のうまいものを一つにまとめました」をコンセプトに作られた築地丼!
築地市場の場内、場外の食材と料理が盛り込まれているんだそうです。
調理・監修は「つきぢ田村」・・・1日限定10食ですが、お店で食べることができます。
でもねえランチタイムとはいえ老舗料亭はハードルが高いですよねえ(^^;
そんな人のために同じ内容の弁当が場外の3つのお店に数量限定で用意されてます。
今日は銀座から歩いて行ったので、一番近い「つきじ松露 新店」で買ってきました。
ちなみに残りの2店舗は鳥藤(とりとう)と近江屋牛肉店とのことです。


141113tukijidon02.jpg
これがその築地丼 特別弁当(1,500円 税別)です。

141113tukijidon03.jpg
フタを開けてみるとこんな感じ・・・
食材費は1,400円以上かかっているらしいですよ(@_@;
コスト度外視の築地丼、早速いただいてみることにします。
もちろんお酒も一緒ですけど(笑)


まずは上段左のスペースから。
一番奥は「つきじ松露の玉子焼き」、その手前右側は「築地紀文の玉ねぎ天」です。
焼いたシシトウをはさんで左のピンク色は「すし玉青木の海老おぼろ」。
少し甘めに味付けられたおぼろはエビの煮物の上に散らしてあるんですが、
このエビが美味しかったですねえ!
おぼろの手前は「鳥藤(とりとう)のぼんじり煮」、
その右にあるのは「鳩屋海苔店の海苔佃煮」で、白っぽいのはカリフラワーのピクルス・・・だと思います。
一番手前には「北田水産の焼き鮭」が鎮座してました。
ハラミの部分で脂がのってましたよ!


続いて上段右のスペースです。
「浪コシのしば漬け」の赤い色が目を引きますねえ。
奥にあるのは・・・「鳥藤の鶏ロールと鶏モモ肉の麹みそ焼き」、どちらも優しい味つけでした。


下段右スペースは何も書いてありませんでしたけど、たぶん「つきじ田村の野菜煮物」だと思います。
ニンジン、シイタケ、ゴボウ、こんにゃく、キヌサヤ、そして大根ですね。
これは・・・私にはちょっと味が濃すぎました。


そして左は「近江屋牛肉店の牛焼き肉」、炭火で焼いてあるんだそうです。
ご飯との間には刻み海苔、炒めた玉ネギ、せん切りのキャベツが敷き込まれていて、
上には白ごまが振りかけられてました。
なるべく手をかけないで食材はそのまま盛り付けたとのことでしたけど、
築地らしさがそんなに感じられなかったのがちょっと残念でした(^^;
この築地丼は一応29日まで提供されているそうです。
ごちそうさまでした。

つきじ松露 新店
東京都中央区築地 4-5-1

スポンサーサイト

tag : 店名.た.つ.つきじ松露

コメントの投稿

非公開コメント

管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)