親子丼(作ってみたよ! 丼もの No.3)

141006oyako01.jpg
2014/10/06(MON)
親子丼が食べたい・・・それも関東風じゃなく関西風のドロドロ親子丼~!
そう思い始めたらどうにも我慢が出来なくなってしまいました(^^;
ということでいつものように出来上がりから。


141006oyako02a.jpg141006oyako02b.jpg
ダシを利かせた丼つゆは130cc使います。
何度も作ってみましたがこのくらいが一番美味しく出来上がるような気がします。
もちろん玉子の大きさにもよりますがね。
市販の麺つゆが便利ですけど、今回はこんな感じで作ってみました。
昆布は水に浸けて冷蔵庫で10時間ほど寝かせます。
昆布を引き揚げたら中火で加熱し、沸騰してきたら極弱火にしてウルメ節とサバ節を投入。
10分ほどそのままの火加減を維持したら火を止めてザルで濾します。
この時細かい節の破片が残っていても大丈夫です。
再度加熱したら沸騰する手前で宗田節を入れ火を止めてそのまま2分、
再度加熱して沸騰直前まで持っていき火を止めて2分、さらに同じように加熱してもう2分。
最後はは4分・・・合計10分ほど沸騰直前状態を維持しました。
キッチンペーパーとかペーパータオルで濾したら日本酒を少量入れて沸騰直前まで加熱。
火を止めたら塩で味付けし、その後薄口しょうゆで香りをつけ、砂糖で味を調整したら完成です。
そうそう好みで干しシイタケの戻し汁をほんの少し入れてもいいですね。
うどんはもちろん、雑炊にも使えますよ~!
密封袋に小分けして冷凍しておけば重宝しますね。
過去に何度か書きましたけど、私は製氷皿でキューブ状に凍らせてから保存しています。
さて、今回は丼つゆなので分量を取り分けてから塩、醤油、砂糖を少し足しました。
その丼つゆに、小さく切った鶏肉と玉ネギを入れたら準備完了!
中火で加熱して鶏肉に火が通ったら、火からおろします。
そこにMサイズの玉子2個を溶いたものを入れて、よくかき混ぜます。
SサイズでもLサイズでもちゃんと作れますが、Mサイズが一番バランスが良いと思います。
再度点火して中火を維持。
鍋肌の部分から固まっていくのでそれを耐熱のヘラでそぎ落とすようにしながら混ぜ続けると、
徐々にドロドロになってきます。
もう少しかなあってところで用意しておいたご飯にかけて出来上がりです。

141006oyako03.jpg
青ネギを少し入れましたけど、中途半端でしたね(^^;
入れるならもっとタップリ、これくらいの量だと入れないほうが良かったかも。
大山鶏を使いましたけど材料が違うと出来上がりの味も違います!
玉ネギの甘さも加わって美味しいですね~!

141006oyako04.jpg
これは別の日に作ったヤツですが、この日は青ネギを入れませんでした。
今はもう店名を忘れてしまいましたが、この親子丼を京都で初めて食べた時は驚きましたねえ。
自分の考えている親子丼の範疇を超えてましたからね。

141006oyako05.jpg
玉子をトロトロに柔らかく仕上げるのと、ドロドロにするのはまったく違います。
これがねえ・・・美味しいのですよ!
最初のうちは何度も失敗しましたが、最近はなんとか作れるようになってきました。

141006oyako06.jpg
これはさらに別の日に作ったもの。
旨みが出るだろうと思って鶏肉を増量したんですが・・・。
え~と、鶏肉は入れ過ぎちゃダメですね(^^;
それに玉子のフワトロと一緒に食べるので、小さく切った方が良かったかもしれません。
もう少しダシを工夫すれば、もっと美味しくなるはずなので頑張ります!

[過去記事]
No.1 <2014/03/16  スモークサーモン丼>
No.2 <2014/04/29  ハイカラ丼>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

へー!

私の親子丼の範疇も越えすぎです。
一瞬 失敗作かと・・・・失礼いたし候。
出汁にこだわりがいっぱいですね。
緩めの茶碗蒸しでお茶漬け風に掻き込む・・・・・またまた失礼なことを・・・・感じの美味しさかなあ・・・

所変わればですね、関西、京都でも”親子丼”ですか?
”かしわと玉子のとろとろ御飯”(ドロドロとは言いませんね) なんてどうでしょう?

えっ 却下! こりゃまた失礼を!

YES、親子丼は飲み物!

どーもです☆

ひとつ前の記事で、「汁なし麺なら、天地返しはドンブリをもうひとつ上にかぶせて
エイヤ!っと・・・」とコメントしたつもりが昨夜は酔っぱらっていて投稿失敗・・・(汗

それはともかく、関西風のトロトロ親子丼!、大賛成です♪
ちゃんと青ネギを入れて下さるあたり、わかってらっしゃる!と感動しました☆

ちかごろ「な○卯」が期間限定で出している「豚生姜丼」が、それっぽいトロトロの
嬉しい仕上がりでした。ただし、お肉はベーコンみたいな薄切りの豚バラですが。

ところで東京の人にとっては、これってどうなんでしょうねぇ・・・
似たようなものとして中華の「あんかけチャーハン」のイメージが強くて、ベースが
白飯では物足りないかも?なんて考える今日このごろです。

トロトロ親子丼、うまいんやけどなぁ・・・(← 大阪弁)

けったいな食べもん

このような玉子のかかった料理を子どものころ食べたことがあったなと思いだしました。

でも、父が好まなかったんでしょう、却下されたようで、食卓にのぼったかすかな記憶は、このブログを見るまでどこかにいってました。
意外な時に、記憶の蓋って開くんですね。懐かし思いが広がりました。

あー、寒なったら、あんかけのおうどんに、おろし生姜かけて食べたろっと、へへ







> ねこさん

一度食べてみたくありませんか?(笑)

茶碗蒸しの玉子をご飯にかけても美味しそうですね(^^)
それとは食感が異なりますけど、ドロドロもかなり美味しいのです。

> ”かしわと玉子のとろとろ御飯”
いえいえ、やっぱりこれはドロドロ丼です~(^^;

> つきじろうさん

丼をかぶせてエイヤ~・・・私は丼をもうひとつお願いできそうにないので・・・(笑)

な○卯の豚生姜丼もいい感じで美味しいですね。
個人的には生姜が無いほうが好きかもですけど・・・。

東京の親子丼で玉子がトロトロのも美味しいですけど、
食感がまったく違うドロドロも大好きです!

> トロトロ親子丼、うまいんやけどなぁ・・・
普及会でも作りましょうかね(^^)

> あーちゃんさん

私の子ども時代はかなり食べてますね。
刷り込まれた食べ物の記憶・・・「まぶたに残るあのご飯」って感じでしょうかね(^^)

> あー、寒なったら、あんかけのおうどんに、おろし生姜かけて食べたろっと、へへ
美味しいですよね。
けいらんうどんが食べたいです!
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)