FC2ブログ

バックビンテージの実力(大阪市中央区・なにわフレンチびぎん No.11)

140926begin01.jpg
2014/09/26(FRI)
まだ空には明るさが少し残っていますけど、ネオンが点灯し始めると大阪・心斎橋の夜が始まります!
久しぶりに「なにわフレンチびぎん」におじゃましました。
毎回その料理の美味しさに驚かされますけど、今夜はどんな料理が待っていてくれるのか楽しみですねえ。


140926begin02a.jpg140926begin02b.jpg
140926begin02c.jpg140926begin02d.jpg
今夜は友人に付き合ってもらいました。
やっぱりエアー乾杯じゃなく、カチンとグラスのぶつかるリアル乾杯がいいですよね(^^)
最初はエーデルピルス、後はこんなラインナップで呑んでます!
上段右の画像は大阪のデラウェアを使った辛口のスパークリングで、
泡のシュワシュワがノドに心地よかったです(^^)
下段の左は南アフリカのウルフトラップ、狼の絵が素敵ですよね!
ヴィオニエの華やかな香りの後に続く、しっかりとした酸味が料理とよくマッチしてました。
右の馬の首の絵が特徴的なラベルはスペインのエクウス。
しなやかなんですけどちゃんとパンチも併せ持ってるような感じだったと思います。
ワインはグラスで・・・料理にピッタリと合うのを選んでもらいました(^^)

140926begin03a.jpg140926begin03b.jpg
最初は半熟の初玉子からですね。
自家製のイクラがタップリと敷いてあります。
少し粒は小さかったけど、味の濃いイクラでした。
初玉子だけでも十分美味しいですけど、そこにイクラが絡むとステキな味になりますねえ!
ご飯にかけて食べたかったのは内緒です(笑)
滋賀・守山産の無農薬玉ネギはそのまま生でいただきます。
ほんの少しだけ辛みがありましたけど、甘いです!
この後いただいた料理の箸休め的な感じになってくれましたね。

140926begin04.jpg
次は長野・開田高原のとうもろこしを使った冷たいスープで、
「めぐみ」という品種を使っているんだそうです。
ケンカにならないよう、一人前を半分ずつで出してもらいました(^^)

140926begin05a.jpg140926begin05b.jpg
スープはもちろん、カップも冷え冷え!
スプーンは冷凍庫に入っていたので表面に霜ができてます。
ピリッとしたコショウがとうもろこしの甘みを強調していましたね。
もっと飲みたい気持ちが頭の中で渦を巻いてました・・・とても美味しかったです(^^)

140926begin06.jpg
スコットランド原産のアンガス牛はUSビーフの代表的な品種ですね。
その黒毛アンガスのローストビーフです。
手前に見切れている味噌っぽいカクテルソースを付けていただきます。
ケチャップベースで赤ワインとブランデー、そして北海道産のホースラディッシュが入ってるとのことでした。

140926begin07.jpg
周囲はシナチク・・・完全に戻さないで少しコリコリとした食感を楽しめるようになっていました。
確か愛媛県内子町の真竹とかハチクって言ってたような・・・。
ダシで戻してあるので少し和風っぽい味も感じますね。
しっとりとした赤身の美味しさはカクテルソースと絡め、
ワインと一緒に楽しむことによってさらに深みを増していきました~♪

140926begin08.jpg
おじゃました前日までやっていたワイン会の目玉、
シャブリのマグナムボトルを少し残しておいていただいたみたいです(^^)v
2006年のバックビンテージ・・・落ち着いた味と香りのバランスの良さにビックリ!!!
特別の素晴らしいワインでしたけど、もう呑めないんだろうなあ。

140926begin09.jpg
せっかく来たのでもう一品!
鳥取のドングリを食べて育った「ととりこ豚」のスペアリブを使ったコンフィです。
有名なイベリコ豚もそうですけど、栄養豊富なドングリは豚肉を美味しくするんですよね!
肉を噛むという楽しみを残してある軟らかさに仕上げてありました。
ととりこ豚は年間の生産数が少ないブランド豚だけあって美味しいですねえ。
味もさることながら、肉そのものの香りがすばらしかったです(^^)
軽い塩コショウでサッと焼いて食べてみたい気がしました。

140926begin10.jpg
豚肉も美味しかったけど、野菜が美味しいんですよねえ!
でもここまで食べたらもうおなか一杯・・・食べたかった料理がまだあったんですがもう無理です(^^;
ちょっと残念でしたけど(笑)、ごちそうさまでした!

[過去記事]
No.1 <2013/10/09  鮎のコンフィ>
No.2 <2013/12/16  ブイヤベース>
No.3 <2014/01/09  サクラマスのソテー>
No.4 <2014/01/24  マダラのロースト>
No.5 <2014/03/27  カキバター焼き>
No.6 <2014/04/30  キンキのアクアパッツァ>

No.7 <2014/05/16  キンキのアクアパッツァ>
No.8 <2014/05/21  ベーコンエッグ>
No.9 <2014/05/23  ニシンかまくら焼き>
No.10-1 <2014/07/22  前編  ミックスサラダ>
No.10-2 <2014/07/22  後編  和牛のシビレの赤ワインシチュー>

なにわフレンチびぎん
大阪市中央区東心斎橋2-5-31 月虎51番館4F

スポンサーサイト



tag : 店名.な.な.なにわフレンチびぎん

コメントの投稿

非公開コメント

ちんぷんかんぷん

前にもびっくりしましたが・・・・カタカナ知識は相当なものですね!
葡萄酒もよくご存じで・・・・・・ただただ・・・・”ハー!””ホー!”
 匙の霜は上級レベルです!挑みましたねえ!
good job!

ととりこ豚の排骨の低温油処理料理も素晴らしい画です。

やはり・・・カタカナでなきゃ・・・・・意味不明だ!馬鹿だねえ。

初玉子はそんなアレンジもあるのですね!
びぎんは野菜の美味しさが際立って印象に残っています。
とうもろこしのスープも格別なのでしょうねえ。

早く再訪したいお店です。

> ねこさん

カタカナを多用して薄っぺらな記事をごまかす・・・。
ブログを長くやっていると、そんなテクニックも身につきます(笑)

ワインはよくわからないのでいつも教えていただいてます。
それを・・・さも知っているように書いてるんですよ(^^;

霜が付いたスプーンで飲むコーンスープも美味しかったけど、
ととりこ豚のコンフィも良かったですよ~!
やっぱりカタカナです(笑)

> 65さん

鶏と鮭・・・意外な取り合わせですけど、美味しかったです!
初玉子の相方はウニの記憶がありますので、
結構バリエーションはあると思います。

とうもろこしのスープは絶品でした。
素材へのこだわりが美味しさの一部なんでしょうね。
また味わってみたいです(^^)

> 早く再訪したいお店です。
大阪は美味しいお店が多すぎるので困ります(^^;

蛇足

そんなことはないと思いますが・・・・あるかも・・絶対ありますね

私は調子に乗りやすいもので、コメントが失礼に思われることがあると思います。
その節は平にご容赦です。
どだい”ちんぷんかんぷん”とはまったくもって失礼なタイトルでした。

カタカナ・・・は茶化してるわけではないんですが、読み返し・・・・やっちゃったかと・・・・

平謝りです。

> ねこさん

あはは、そんなことありませんよ~!
ねこさんのコメントはウィットに富んだタイトルもそうですけど、
内容がストレートで楽しいです(^^)

反対に私のほうが失礼なコメントをお返ししてると思いますけど・・・(^^;

どうぞ変わらずにこのスタイルでお願いします~♪
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)