因幡の白兎(鳥取県鳥取市・白兎神社)

140823hakuto01.jpg
2014/08/23(SAT)
出雲を中心にして、山陰には数多くの神話があります。
その中で、鳥取の神話と言えば因幡の白兎が有名ですよね!
午後の仕事まで少し時間があったので、「白兎(はくと)神社」にお参りすることにしました。
国道9号線の白兎海岸には「道の駅」もあるので、かなりたくさんの人が来てましたよ~。
立派な社殿ですよねえ!


140823hakuto02.jpg
白兎神社は小高い丘の上にあるので、このなだらかな階段というか坂道を上って行きます。
たくさん兎が出迎えてくれました(^^)

140823hakuto03a.jpg140823hakuto03b.jpg
社殿の手前には白兎が体を洗ったとされる御身洗池(みたらしいけ)があります。
この池は日照りでも大雨でも水位が変わらないとされ、不増不減の池とも呼ばれているんだそうです。
もっと澄んだ水を想像してたんですが、ちょっと濁ってましたね(^^;

140823hakuto04.jpg
ガマの穂です。
白兎がこの穂を並べた上で休んだんでしたっけ・・・。
最初ソーセージに見えてしまったことは内緒ですよ~(笑)

140823hakuto05a.jpg140823hakuto05b.jpg
本殿を支える土台石は28弁の菊の花が彫刻されている菊座石が使われています。
説明に書いてあるように何か皇室と関わりがあったんでしょうね。


140823hakuto06.jpg
国道9号線を挟んで日本海が広がっています。
右の島は白兎がいたとされる淤岐島(隠岐の島・おきのしま)で、
左側の岸との間に白波が立っているところは、白兎が渡ったとされる「和邇(ワニ)」の背中です。
騙されたことに怒ったワニに丸裸にされた白兎・・・。
そこに通りかかった大国主命(おおくにぬしのみこと)に助けられたんですよね。
そんな物語を思い出しながらこの景色をしばらく眺めていました。

白兎神社
鳥取県鳥取市白兎592

スポンサーサイト

tag : 旅/散歩.は.は.白兎神社

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しょうさん、地図で場所を確認しました。
行ったことがないのに感慨深いです。
お陰さまでとても身近になりました。
行きたいけれど行けないという
思いをつのらせるのも、またいいものです。

No title

わあー きれいな海だあ!
日本海というと曇天、重い色を思い浮かべますが、流石に晴天なら素晴らしい景色ですね。
褒め言葉ですが絵葉書のような画です。
この景色で兎伝説を思うと、何か教訓、たとえ話、教えであろうと・・・・考え込みそうです。
がまの穂は都会では花屋にしかないですね。

島とつながる浅瀬をサメ(わに)に見立てるところ、昔の人は良い感覚だと思います。
そう教えられて見ると、そんな気がしてきました。

> かむさん

今回は色々とミッションがあったので、印象深く楽しい鳥取訪問でした(^^)

白兎の住んでいた島、ワニザメの背中、体を洗った池、
そしてガマの穂・・・実際に見ると感慨もひとしおでしたね!

冬の日本海は表情を一変させます。
この白兎神社は海辺にありますから、印象もまた違うんでしょうね。
カニが美味しい季節でもありますので、また出かけてみたいです。
温泉もありますしね(^^)

> ねこさん

波打ち際まで行ってみましたがキレイな海が続いていました(^^)
夏の日本海はこんな感じですよ!
冬の荒れた海も好きですけど。

> 褒め言葉ですが絵葉書のような画です。
こうした景色を撮るとやっぱりデジ1が欲しくなります(^^;

> 島とつながる浅瀬をサメ(わに)に見立てるところ、昔の人は良い感覚だと思います。
背びれを海面の上に出して泳ぎ回っていたんでしょうね。
今は海水浴場のすぐそばですけど(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)