せんべい一筋、もうすぐ100年(鳥取県鳥取市・玉田や)

140823tama01.jpg
2014/08/23(SAT)
鳥取出張のおみやげにしようと「玉田や」におじゃましました。
創業は大正9年といいますから西暦だと1920年・・・老舗のせんべい屋さんです。


140823tama02.jpg
せんべいは何種類かありましたけど今回買ってきたのはこの2つです。
鬼フライせんべい鳥取城瓦せんべいですね。

140823tama03.jpg
まずは鬼フライせんべいから。
鬼フライは乾燥させたそら豆をフライにしたもの・・・だと思います。
いかり豆とかフライビーンズは殻つきで売ってますけど、
これは殻も無いしそら豆自体がプレスされて平らになっているので少し違うんでしょうね。
ピーナツせんべいも売ってましたけど、私はこっちの食感のほうが好きなんですよ!
かすかな塩味と香ばしさが、せんべいの控えめな甘さとベストマッチでしたね(^^)

140823tama04.jpg
鳥取城瓦せんべいです。
鬼フライせんべいに比べると少し軟らかいですかね。
玉子が入って入るので、甘い玉子焼きっぽい香りがするような気がします。

140823tama05.jpg
少し見づらいですけど、せんべいに刻印されているのは鳥取池田藩の定紋である揚羽蝶です。
この「丸に揚羽蝶紋」は、日本の定紋としては珍しくアシンメトリーなんですよね。
現在は城自体が消失しているので石垣だけになってしまった鳥取城ですが、
在りし日は瓦の中でにこの揚羽蝶が舞っていたんでしょう!
先ほどの鬼フライせんべいもそうですけど、素朴な味なので飽きることなく一袋を食べてしまいました(^^)
また機会があったら別の種類も食べてみたいと思います。

玉田や
鳥取県鳥取市川端2-124

スポンサーサイト

tag : 店名.た.た.玉田や

コメントの投稿

非公開コメント

びっくりでした

中学生の頃まで煎餅と言えば草加せんべいの事と思っていました。

瓦煎餅を知ったとき”へえー!”、南部せんべいを見た時には”ええっ!!!”でした。
以来 あれこれの土地の煎餅を知りましたが、強烈な印象は・・・伊賀の”かたやき”です。
ご存知かもしれませんが、忍者の保存食と言われるとても硬い煎餅?です。
素朴な味で時代を感じる食べものです。

> ねこさん

一番印象に残っているせんべいは「炭酸せんべい」ですね。
サックリとした歯ごたえと上品な甘さが好きなんです!

かたやきって米粉じゃなく小麦粉で作るんでしたっけ?
この進化形が乾パンのような気がします。
最近食べてないですねえ(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)