FC2ブログ

せっかくなのでと言い聞かせ(鳥取県鳥取市・やまいち No.3)

140822yama01.jpg
2014/08/22(FRI)
鳥取の夜・・・一軒だけで帰ろうと思ったんですが、
この看板と目が合ってしまいました(^^;
しょうがないですね、軽く呑んでいきますか(笑)
ということで「やまいち」におじゃましました。


140822yama02.jpg
大好きな白いかがあったので出してもらいました。
先ほどの店でも食べましたけど、好きなものはいくらでも食べられますからね(笑)
山陰で刺身を頼むと少し甘みの有る刺身醤油が出てきます。
昔はあまり好きじゃありませんでしたけど、最近は慣れてきました。
白イカはこっちの醤油のほうが美味しいかもしれませんね。
生姜醤油でいただくと・・・うん、やっぱり美味しいです!
夏の山陰の風物詩でもある漁火は、この白イカ漁の船の灯りなんですよね。
キレイですけど、なぜか刺身の甘い美味しさが浮かんで来る私です(笑)

140822yama03.jpg
次は茶碗蒸しが食べたくなりました。
三つ葉としいたけだけのシンプルなスタイルですね!
これも立派なツマミになってくれるんですよ(^^)

140822yama04.jpg
茶碗蒸しは玉子とダシの割合が難しいんですよね。
ダシが多いほどチュルンとした口当たりなって美味しいですけど、作るのが難しくなります。
これは理想的な固さでとても美味しかったです。
中にはゆり根とぎんなん、そしてかぼちゃが入ってました
かぼちゃが入ってるのは珍しいですけど、その甘みと茶碗蒸しのダシがよく合ってましたね。

140822yama05.jpg
この店はカレーも美味しいので〆はカレーうどんにしようと思ってたんですが、
今夜はカレーライスにしてみました。

140822yama06.jpg
家庭で食べるカレーみたいなんですけど、ひと味違うんです!
お酒の後ということもあり、パクパクッと食べてしまいました。
美味しかったですよ~(^^)
ごちそうさまでした。

[過去記事]
No.1 <2013/11/19  カレーうどん>
No.2 <2013/11/20  サバ煮つけ>

やまいち
鳥取県鳥取市末広温泉町159

スポンサーサイト



tag : 店名.や.や.やまいち

コメントの投稿

非公開コメント

透明感

”漁火に刺身の旨さを思う”いいじゃないですか!当然、至極普通の成り行きです。
漁火で漁師の苦労、収入、200海里を連想では・・・ネ。

実に綺麗な、透明感一杯の白い肌(変ですかね?)、甘めの醤油ですか・・・西の刺身醤油と近いんでしょうかね?
それほど甘くはないんでしょうかね。
こんな新鮮なものは 生姜ですっきりいきたいです。

出汁は茶碗蒸しでしたか。
カレーの力は 呑んだ後の出汁欲求をも退けちゃうんですね!

> ねこさん

白イカtは本当に美味しいです(^^)
たくさん食べてもまったく飽きません!

> 西の刺身醤油と近いんでしょうかね?
はいその刺身醤油です。
甘みのある醤油で白イカを食べると、より一層甘みを感じるのです。
生姜が良かったですね。

汁物は・・・茶碗蒸しで許してくださいな(笑)

アカイカ or シロイカ

昌さんこんばんは。おひさしぶりです。

いい記事を見付けたのでコメントをば...。この時期のケンサキイカは美味いですよね。
金沢に住んでいるころに仲良くしてもらっていたゴルフ仲間が釣り船風に改造した
クルーザーを持っていました。8月下旬に誘われケンサキイカ釣りに出かけました。
3人で私の家の近くの金石港を出港。一升瓶を4本持って。(^^ゞ

この漁港からそれほど遠くない沖合に集魚灯を煌々と照らしているイカ釣り漁船が
何艘かいます。一番大きな漁船に近づき船長さんに大声で話しかけました。横で
イカを釣らせてくれと・・・。一升瓶3本をそのお礼に。すぐに交渉成立ね。何度も
やっているので顔見知りです。(^^ゞ

1時間ほどで大型のアオリイカが60匹ほども釣れちゃいました。4本目の一升瓶は
私達の酒盛り用です。地元の人ですから生きているイカを見事に捌いて食わせて
くれました。弾力のある身はちょっと固めですが、なかなか美味かったです。でも
やはり少し寝かしたほうが味わいは深くなりますね。

面白かったのがゲソ。まだ生きていて吸盤で舌や口中の粘膜に吸い付くのには
参りました。正直、最初は怖かったですよ...。でも、噛みしめると身以上のうま味が
滲み出てきて、ちょっと癖になる味でした。酒盛りを1時間ほどしている間、仕掛けを
イカからタチウオに換え続けました。大きなのが5匹も釣れました。

もう最高に楽しい思い出でした。恐らくいまではこんなことは叶わないと思いますね。
イカの値段が上がってしまい、一升瓶3本くらいではとてもとても・・・。のんびりと
大らかな時代でした。

ところで、この時期のケンサキイカは北陸ではアカイカと呼ばれています。若狭湾を
過ぎたあたりから山陰にかけてはシロイカと名を変えるのですよね。ほんとうに面白い
と思います。あの尾鷲市の岩田市長のブログやFaceBookで毎年この赤白談義があり
ます。ちなみに尾鷲ではアカイカです。(^^ゞ

> ブルさん

ブルさん、ごぶさたしています。

この時期、山陰に行くと楽しみの一つがこの白イカです。
記事の中でも書きましたけど、わたしはこのイカが大好物なんです。

クルーザーの漁ですか・・・なんて贅沢な(^^)
釣りたてのコリコリを食べられるのは釣り人の特権ですね!
私も何度か釣ったことがあります。
その時は船頭さんが裂いて干してくれたので、
下船する頃はちょうどいい干物になってました。
刺身も美味しいですけど、干物もうまいです(^^)

ゲソは大きな吸盤を切り取った後、
なめろう風にして食べると美味しいのです。
機会がありましたら記事にアップしてみたいと思っています。

アカイカの話は面白いですねえ!
鳥取の市場で見かけたアカイカはもっと大型のイカで、
その名の通り赤い色をしてました。
一度食べてみたいと思ってますが・・・大きいので食べきれないでしょうね(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)