FC2ブログ

肉、ワイン、さらに肉! 前編 (中央区新川・シュングルマン)

140626shun01.jpg
2014/06/23(MON)
「肉をおなかいっぱい食べに行きませんか~」と誘っていただきました。
おじゃましたのは八丁堀の「シュングルマン(SYUN GOURDMANDS)」。
オーナーシェフの名前が店名になっているんだそうです。
お店の外観を撮り忘れてしまったので最初はこの画像から・・・肉ですよ~!!!


140626shun02a.jpg140626shun02b.jpg
白ワインのお供にはオリーブリエット
パンがもっと欲しかったです~(笑)

140626shun03.jpg
メニューには焼きカリフラワーのクリーム 生ウニと仔牛のコンソメジュレと書いてありました。
今日は4人でおじゃましたので2皿お願いしたんです。
テーブルでシェアしようと思っていたら・・・最初から4つに分けて持ってきていただきました。
これはうれしいサービスでしたね(^^)
カリフラワーは裏ごしされているので滑らか~。
焼きと書いてあったので注意深く食べてみたんですが、確認する前に口の中から消えていってしまいました!
ウニの甘さとコンソメの風味にうまく絡み合ってますねえ(^^)
これ・・・気に入りました!
名残惜しくて皿を舐めたかったです(笑)
リエットでパンを全部食べないで、少し残しておけば良かったなあ・・・(^^;

140626shun04.jpg
次は馬肉のタタキ カルパッチョ仕立て タテガミのラルド添え
トップの画像はこれを取り分けた後ですね。
塩漬けにされたタテガミの塩分と脂がアッサリとした赤身の肉にいい感じで絡みます!
ワインはいつの間にか白から赤に・・・(^^)

140626shun05.jpg
注文は幹事におまかせしたので何が出てくるのかまったくわかりません。
この彩々シャルキュトリーはソーセージやパテ、テリーヌなどの盛り合わせ!
右は塩味の付いた鴨だったと思います。
真ん中のブーダンノワールは豚の血と脂を使ったテリーヌでリンゴのピュレが添えられてました。
左はピスタチオの入ったソーセージで、中心にあるのはフォワグラ、
あとは鶏白肝のパテ、もち豚のテリーヌ、塩漬けにされた羊だったような・・・。
マスタード、塩、黒胡椒が添えられていましたが、
シャルキュトリー自体に塩味が付いているのでマスタードだけで十分でしたね。

140626shun06.jpg
続いて出てきたのはヅケ仕立ての短角牛カルパッチョでした。
短角牛は脂こそ少ないですけど、赤身の美味しさは定評がありますね。
その肉はもちろん期待通りに美味しかったんですが、
添えられていた新ごぼうのコンソメ含め煮が素晴らしかった~。
ちょこんとのっかっている大根おろしのアクセントも良かったですねえ。
さて・・・今回は食べた料理が多いので、続きは後編で!

シュングルマン(SYUN GOURDMANDS)
東京都中央区新川2-3-7

スポンサーサイト



tag : 店名.さ.し.シュングルマン

コメントの投稿

非公開コメント

管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)