FC2ブログ

雛そば(千代田区神田須田町・神田まつや No.3)

140303matsu01.jpg
2014/03/03(MON)
仕事の合間の休憩時間を利用して「神田まつや」におじゃましました。
今日は友人のお誘いだったんですけど、うまく時間の調整ができて良かったです(^^)

140303matsu02.jpg
去年の暮れにゆずきりをいただきましたが、今回はヨモギを練りこんだ変わり蕎麦の「くさきり」です。
ゆずきりは冬至の前後の提供で土曜日も食べられましたが、今回は平日の2日間だけなんですよねえ(^^;
折しも今日は「桃の節句」、それに合わせて雛そばって可愛らしい名前が付いてました。

140303matsu03.jpg
「くさきり」だけだと量が少ないので、最初はもり(650円)をいただいてから真打に登場していただくことにします。

140303matsu04a.jpg140303matsu04b.jpg
薬味はネギだけ、ワサビが出てこないのがまつやの伝統ですね。
ワサビが無きゃ嫌だ!って方は別料金がかかりますけど追加することができます。
神田まつやの蕎麦は「挽きぐるみ」が使われているんです。
濃いめのそばつゆに少しだけ浸して手繰ると・・・いっぱしの蕎麦喰いになったような気分になりますね(^^)

140303matsu05.jpg
そしてこちらがお目当ての雛そば、「くさきり(900円)」です。
店内が暗いことと、外からの明かりの影響で画像の色がちょっとおかしいですね(^^;
濃い緑色のくさきりの中に黄色の菊の花びらが散らしてあります。

140303matsu06.jpg
一口食べるとその鮮烈な香りと味にビックリ!
これは・・・草もちの味ですね(^^)
蕎麦の香りは弱くなりますけど、ヨモギの香りが口いっぱいに広がります。
春の味です!!!

140303matsu07a.jpg140303matsu07b.jpg
もりには添えられてなかったワサビが・・・。
ヨモギの香りを消してしまわないよう、少しだけ使いました。
そば猪口に散った菊の花を見ながら、また来年も食べたいなあと思うのでした。
ごちそうさま。

※今年の雛そばは3月3日と4日だけの提供だったので、すでに終了しています。

[過去記事]
No.1 <2013/10/08  太打ち>
No.2 <2013/12/21  ゆずきり>

神田まつや
東京都千代田区神田須田町1-13

スポンサーサイト



tag : 店名.か.か.神田まつや

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しょうさん、雛そばともいうんですね。
まるで草もちの味って、美味しそう!
香りともにインパクトありそうです。
まつやさんの香り蕎麦は大胆なんですね。
桃や桜ではなく菊というのが不思議。
何かいわれがあるのでしょうか。

> かむさん

以前5月に出たことがありますけど、その時はたぶん「雛そば」ではなかったと思います。
覚えてないんですよね(^^;

香りはそんなに強くないですけど、口の中に残るのはまさしくヨモギでした。

> 桃や桜ではなく菊というのが不思議。
桃も桜も4月になってからなので、少し時期が早いからでしょうか。
何で菊の花びらなのか聞いてみれば良かったです。

写真が・・・と仰いますが、いい雰囲気、いい色合いで日本蕎麦の感じが出ていますよ。
菊の花びらは蕎麦が引き立つ色、大きすぎないサイズからも使われてるんでしょう(勿論食用ということもあるんでしょうが)
蕎麦猪口の中に散る花びらが美しすぎる!

まつやと聞いて・・・・玉子焼きを思い出しました。
また お酒の呑めるときに、予約して・・・・・・勝手を言ってすいません。

> ねこさん

> いい色合いで日本蕎麦の感じが出ていますよ。
ありがとうございます。
でも本当に難しいのです。
反対に夜は暗いですけど、昼間よりいいかも(^^)

> 玉子焼きを思い出しました。
やっぱりお酒と一緒じゃなきゃね(笑)
次回そば前をいただく時に登場すると思います!
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)