本場で食べる牛たんの味!(仙台市青葉区・太助 分店)

140204tan01.jpg
2014/02/04(TUE)
東京は夕方から雪が舞ってとても寒かったですけど、日帰り出張でやって来た仙台はもっと寒かったです(^^;
腹が減ってはなんとやらですから、とりあえず仕事前に昼ご飯~!
仙台といえばやっぱり牛たんが頭に浮かんできます(^^)
最初に目指したお店は残念ながらランチが売り切れ・・・それならばとすぐ近くの「太助 分店」におじゃましました。


140204tan02.jpg
牛たん焼き、テールスープ、麦めしがセットになっている、牛たん定食(1,100円)を注文しました。

140204tan03.jpg
ところどころに焦げ目の付いた牛たんは、食べやすいようにカットされています。
そんなに分厚くはありませんけど、全部で8枚くらいあったのでボリューム的には十分ですね。

140204tan04a.jpg140204tan04b.jpg
牛たん焼きは過去に何度も食べましたけど、白菜漬けと南蛮味噌が添えてあるのが定番みたいです。
ほのかに柚子が香る白菜漬けは箸休めというより、サラダ的なポジションのように思いました。
仙台味噌で青唐辛子を漬け込んだ南蛮味噌はピリッとした味がアクセント。
絶妙な塩加減で焼かれている牛たんで包むようにして食べてみたんですが、美味しかったですね!

140204tan05.jpg
ボリュームたっぷりのテールスープには白髪ネギと柔らかな牛テールがゴロゴロと入ってます。
しっかりとした味付けで、とても美味しかったです。
最後にひと口だけご飯を入れて雑炊風にしたんですが・・・もっと食べたかったですねえ(^^)

140204tan06.jpg
戦後の食糧難時代に登場した牛たん定食・・・時代を反映して使われた麦めしが、いつしか定番になったんでしょうね。

140204tan07.jpg
分厚いのに異常な柔らかさがある牛たんじゃなく、本来の食感を楽しめる牛たんでした。
といっても固いわけではありません。
昨今、柔らかいことが美味しい条件の一つになることが多いのですが、
噛みしめることのできる適度な弾力も大切な要素だと思います。
後半は七味唐辛子をふりかけてみたんですが、牛たんの味が引き立って美味しかったです。
機会があれば夜もおじゃましてみたいなあ。
ごちそうさまでした。

太助 分店
宮城県仙台市青葉区国分町1-5-10

スポンサーサイト

tag : 店名.た.た.太助分店

コメントの投稿

非公開コメント

雑炊

テールスープの雑炊、美味しそうですねえ。
そういうメニューは無いんでしょうが、やりたくなりますよね!

昔 ご飯に味噌汁をかけて食べたら、母親にしかられました。
今だったら”お好きなように食べなさい”というような気がします。
とんだ脱線コメでした。

ねこさん

ラーメンとかうどんにしてもきっと美味しいと思います!

> ご飯に味噌汁をかけて食べたら
私・・・今でも大好きなんですよ(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)