ドライフルーツのラム酒漬け(作ってみたよ! 和菓子/洋菓子 No.2)

131004driedfruit01.jpg
2013/10/04(FRI)
大事に少しずつ楽しんでいた、ラム酒漬けのレーズンがとうとうなくなってしまいました(^^;
レーズンバターを作ろうと思って去年漬け込んでおいたんですが、
いつの間にやらお酒のツマミになっちゃってました(笑)
いろいろと使い道もあるので、再度作ってみようと思います!
材料は基本的にレーズンとラム酒だけ!
今回はレーズン、グリーンレーズン、ゴールデンレーズン、クリムゾンレーズン、
ジュエリーレーズンの5種類がミックスされているものを用意しました。
もちろん普通のレーズン1種類でも美味しく出来ますよ~(^^)

131004driedfruit02.jpg
せっかくやる気になったので、レーズンだけじゃなく他にも漬けてみることにします(^^)
これは小さくダイスカットされたドライフルーツがミックスされているもので、
内容はパイン、レーズン、パパイヤ、サルタナレーズン、リンゴ、マンゴー、
キウイ、ストロベリー、メロンでした。
それにバレンシアオレンジのピールも同じような大きさにカットして入れちゃいます。

131004driedfruit03.jpg
そして6種類のベリーミックスですね。
クランベリー、カシス、チェリー、ブルーベリー、ラズベリー、レーズン・・・。
え~と、レーズンってベリーの仲間だっけな?(^^;

131004driedfruit04.jpg
肝心のラム酒ですが、
お菓子作りの定番、マイヤーズラム・オリジナルダークはミックスフルーツとレーズンミックスに、
そしてホワイトラムのバカルディ・スペリオールは色をきれいに仕上げたいベリーミックスに使います。

131004driedfruit05.jpg
市販されているドライフルーツはオイルコーティングされているものがほとんどなんですよ。
探せば無漂白でオイルが使用されてないものもありますけど、なかなか見つからないんですよねえ。
でもオイルを落とせばノープロブレム(^^)
沸騰させたお湯にドライフルーツを入れて良くかき混ぜ、すぐにザルに上げて水気を取ります。
私はザルの上で15分くらいほったらかしにしておいて、最後はペーパータオルを軽く押し付ける程度ですが、
気になる方は一晩冷蔵庫で水分を飛ばしてください。
そしてやったことはありませんけど、フライパンで乾煎りするのも有効らしいです。
水分はカビの原因になりますけど、あまり神経質にならなくても大丈夫です。
過去一度も発生したことはありませんし、むしろ後述する保存容器の煮沸の方が大事だと思います。

131004driedfruit06.jpg
昔から保存容器は「ル・パルフェ」を使っています。
バラバラに分解できるので洗う時が楽なんですよね。
それに交換用として販売されているパッキンが、どの容量でも共通なのもよく考えられていると思います。
もちろん、ちゃんと密閉できれば何を使ってもかまいませんけどね。
煮沸時間は沸騰してから3分間、後は自然に乾燥するのを待てばOKです!

131004driedfruit07.jpg
保存容器にドライフルーツを入れたら、フルーツが完全に沈むまでラム酒を注ぎ入れます。
最初はビンの容量の8割り程度を限度にしておかないと後で困ったことになってしまいます(^^;
フルーツがラム酒を吸い込んで、どんどん膨らんできますからね。
香辛料は入れても入れなくてもかまいませんけど、
今回は「美味しくなってね!」っておまじないのつもりでシナモンを少し入れました(^^)
後はそのままフタをして完了です!

131004driedfruit08.jpg
私はいつも漬け込んだ日付けと内容を書いて、ビンに貼り付けておきます。
3日経つと忘れてしまいますからね(笑)
一週間ほどは一日一回上下を逆にして混ぜ合わせます。
フルーツがお酒を吸い込んでラム酒が減ってくるので、
再度ヒタヒタちょいくらいまで追加して後は冷暗所に放置しておくだけです。
たまに確認して、ラムが減っていればその都度追加してください。
2週間くらいから食べられますけど、1年とか2年物はやっぱり美味しさが違うんですよ。
全部食べてしまった後に残ったラム酒は、フルーツフレーバーのお酒として楽しめます(^^)
1ヶ月ほど経ったら、少し食べてみたいと思います。
楽しみですね~!

[過去記事]
No.1 <2013/10/03  栗渋皮煮>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

男の料理はホビー

はじめまして
お店紹介ばかりでなく、こういった記事もお書きになるんですね!
これからも読ませていただきます。
ラム酒漬けのフルーツは酒に弱い人には向かないでしょうかね?女子供ですけど・・・

栗の渋皮煮も好物なんですが、手間が・・・なんて言ってちゃダメですね!

> ねこさん

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

趣味の料理の醍醐味は、時間も手間も関係ないって事でしょうね(^^)
毎日は作れませんけど、たまに作るのが楽しみなのです。

ドライフルーツのラム酒漬けは・・・アルコールの弱い人にはダメでしょう。
でも、梅酒が飲める人には大丈夫だと思います。
シロップに香り付けでラムとかブランデーを入れるのもなかなかですよ!

渋皮煮は鬼皮さえ剥いてしまえば、後は楽チンです。
今月の下旬には甘みの多い栗が出てきますので、ぜひどうぞ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

> 鍵コメさん

こんばんは。
ありがとうございます。

相変わらずのブログですけど、よろしくお願いいたします。

初めまして

はじめまして
ラム酒漬けの参考にさせていただきました。
いつもベリーミックスもダークラムで一緒に漬けていたので
良い事を教えていただきましたヾ(´ `)ノ
ありがとうございます!

> ぴよさん

おはようございます。
ご訪問、そしてコメントをありがとうございます。

ダークラムの香りも素晴らしいですけど、鮮やかな紅色もキレイです!
近いうちにビンを開けて様子を見てみようと思っています。
美味しくなっていたら記事にしてみますね(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)