おつかれさ~ん!(作ってみたよ! 晩酌シリーズ No.2)

170903bansyaku01.jpg
2017/09/03(SUN)
今夜はネギトロ刻みワサビ和えで晩酌をスタートさせました。
築地市場で買ってきたネギトロに常備している刻みワサビの醤油漬けを混ぜただけなんですけど、
いいツマミになってくれるんですよね。
ワサビに味がついているので醤油はほんの少しだけしか入れませんでしたけど、
ちょうどいい感じになってました!


170903bansyaku02.jpg
ワサビはすりおろしたものではなく茎のみじん切りなので、
ネギトロと合わせるとその食感がいいアクセントになってくれるんですよね(^^)
これで酒を呑むとついつい呑み過ぎてしまうのが困りもの・・・(^^;

170903bansyaku03a.jpg170903bansyaku03b.jpg
この日はせん切りキャベツのカレーがけがツマミです。
ルーはS&Bの業務用ゴールデンカレーを使いました。
ツマミにする時はすぐに食べたいのでひき肉を使うことが多いです!
キャベツは手切りじゃなくスライサーを使いましたが、
カレールーが優しい味なので極細の方が合うと思います。
カツにかけたり茹で玉子とかオムレツにかけたりと、
バリエーションはたくさんありますけどキャベツが一番多く登場してますね(^^)


毎年夏になると作る水ナスの和え物です!
以前は食べる直前にスライスした水ナスを使ってましたが、
最近は市販されている浅漬けを利用することが多くなりました。
値段的には少し高くなってしまいますけど、漬け汁も利用できるので便利なんですよ。
もちろん漬物じゃない食感を味わいたくなることもあるので、
たまにフレッシュな水ナスを使うこともありますけどね!
食べやすい大きさに切った水ナス、みょうが、きゅうり、
そして大葉をすりおろした生姜と一緒に水ナスの漬け汁で和えました。
きゅうりとミョウガから水分が出て味が少し薄くなりますから、塩と薄口しょうゆを少々足しています。
最後にゴマをトッピングして完成です。
水ナスは漬物ですから別ですけど、基本的に野菜は切っただけで何も手を加えていません。
シャキシャキの食感とさわやかな香りがステキなんですよ~!

170903bansyaku05a.jpg170903bansyaku05b.jpg
先ほどの画像と同じように見えますが、こちらは別の日に食べた梅バージョンです。
画像からだとよくわかりませんけど、練り梅を水ナスの漬け汁に溶き入れてます。
こちらは軽い酸味があるので、いかにも夏向きって感じがしますね(^^)

170903bansyaku06.jpg
最近は茶豆系の枝豆も一般的になりましたね!
大好きなので一時期毎日のように食べていたこともあるんですが、
今は週二回くらいのペースに落ち着きました(笑)
以前は塩をふって板ずりしたり、両端を切ったりしてましたけど、
最近は手抜きで軽く揉み洗いするくらい・・・(^^;
熱々の枝豆は美味しいですねえ!

170903bansyaku07a.jpg170903bansyaku07b.jpg
この日はちょっと目先を変えてすり流しにしてみました。
少し長めに茹でた枝豆をサヤから出し、さらに薄皮を取っておきます。
それをダシと一緒にフードプロセッサーでドロリとさせるだけですけど、
いいツマミになってくれるんですよねえ(^^)
薄皮を取らなくてもちゃんとできますけど、そこが呑兵衛の変なこだわりなんですよ(笑)
美味しく作るコツは、美味しい枝豆とちゃんと取ったダシを使うこと!
当たり前のことですけど、味が大きく変わって来ますからねえ。
ペットボトルに入れて冷蔵庫でスタンバイさせているので毎日楽しんでます(^^)

[過去記事]
No.1 <2017/05/31  菜花漬けもの、オニオンスライス、ネギトロ、メカジキバター焼き>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全部!逝ける!

よく言うじゃないですか ”つぼ”って 私のツボのひとつはこういう記事です。
酒を呑む量は少ないのですが、欠かせないくちで、こういうさっくりと拵えたものの摘みを極上と思っております。
切っただけと言われますが 立派な料理と(自己弁護アリ)考えてますよ。
一押しは今日のラインナップですとお察しの通り 茄子胡瓜茗荷・・・の作品です。
これの梅バージョン 興味津々です。ごく最近から梅干しの美味しさを知ったんです。これは課題登録です。
千切りキャベツカレーもようがすなあ・・キャベツあってこそのカレーと信じ切ってます・・・擦り流しなんてお洒落なものは我が家では出ませんが、膳の品格が上がる(居酒屋から料亭)気がします。これがストックとは・・・恐れいりやした。(はい! わが家は大量に茹でる専門 我が好みの適量出しはありません 残念)
偽りようもない好みだらけの摘みの画に コップに冷やでも・・・マジに思います。
前記事を読み直して ネギトロの意味も確認し、今度 呑みながら得意げに語りそうです(笑)

こんにちは

水茄子と胡瓜に大葉、茗荷、生姜、胡麻って鉄板ですね(^-^)

> ねこさん

以前はツマミ一品で一記事を書いてましたけど、
最近はまとめてアップしないと塩漬け記事になってしまいそうなので・・・(笑)
もちろんたまにはちゃんと書こうと思ってますけどね。

> 茄子胡瓜茗荷
枝豆もそうですが、しょっちゅう食べているような気がします。
梅を入れるとさわやかさが増してとても美味しくなりますよ!
少しずつ自分の好みで溶き入れるので酸っぱすぎることもありませんしね。

すり流しは意外に簡単にできますから、ぜひ挑戦してみてください(^^)

> ひろピさん

ひろピさん、お久しぶりです。
少し昔になりますけど、
水ナスは東京ではなかなか食べられなかったんですよね(^^;
今はいい時代になりましたねえ(^^)

鉄板の組合せに梅も加えて最強にしてみました!

No title

しょうさん、前回分と楽しく読ませて頂きました。
ゆうべはカレーライスで呑んでしまったけれどその手があったか。
なかなか出来ないひと手間ですが、頑張ってやりたくなりました。
美味しく吞めますものね^ ^





> かむさん

カレーキャベツはいいツマミになってくれますよね。
次回はどうぞ忘れずに(^^)

すり流しも・・・ぜひ!
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)