長い歴史も味のうち(千代田区神田司町・みますや)

170804mimasuya01.jpg
2017/08/04(FRI)
今夜は神田・淡路町駅からほど近い「みますや」におじゃましました。
まだ若僧の頃ですが、当時の上司がこの店に通っていたので連れてきてもらったのが最初になりますね!
それ以来何度も暖簾を潜りましたけど、
毎回この外観を観ると人工的じゃなく時間をかけて創り出された歴史を感じます。
1905年創業の老舗ですが当時の建物は1923年の関東大震災で被災しているので、
現在の建物は震災後に建てられたものです。
第二次世界大戦での東京空襲の戦火を免れ、すでに90年ほど経っていることになりますね!


170804mimasuya02.jpg
最初はとりあえずビール(600円)ですよね(^^)
店内の心地よいざわめきに身を任せながらツマミを考えるんですが、
後で振り返ってみると毎同じようなものばかり食べてるんですよ(笑)
ということで今回も過去に倣うことにしました!
座った席と照明の位置関係で影が入ってしまいましたが、気になったのは酔っ払う前だけ!
そしてその酒の力が大きすぎて、画像はほとんどダメでした(^^;
と言うことで一応何とか見られるものだけアップすることにします。
お通しはうの花・・・昔は家庭料理の定番でしたけど、今はスーパーの惣菜コーナーでも人気です。
この店のうの花は少し濃いめの味つけなんですが、とても美味しいんですよ。

170804mimasuya03.jpg
肉豆腐を注文したつもりだったんですが、牛煮込み(600円)が出てきてしまいました(^^;
味の染み込んだ豆腐の美味しさに未練が残りますけど、次回の楽しみに取っておくことにします!
甘辛味の牛肉とクタ~ッとした玉ネギの組合せがいいんですよね(^^)
私は肉豆腐の方が好きなんですけど、私を連れてきてくれた上司はこの牛煮込みで呑み始めるのが常でした。
そして他の料理は別ですけど、これだけは一人で一人前全部食べてましたね。
確かに独り占めしたくなるような美味しさなんですよ~(^^)

170804mimasuya04.jpg
燗酒が出てきたところで本格的にスタートです(^^)
一合だとすぐに呑んでしますので二合(900円)の大徳利で出してもらいました。

170804mimasuya05.jpg
なんとなく揚げ物が食べたかったのでアジフライ(650円)を食べることにします。
魚フライはアジのことが多いのですが、一応確認してから注文しました。
一匹はソース、二匹目は添えてあるタルタルソースで食べたんですけど、
分厚い身のアジはサクフワに揚がっていて美味しかったですよ~(^^)

170804mimasu06.jpg
はさくら肉の刺身です。
赤身(1,300円)と霜降りがあるんですが、若い頃はともかくとして今は断然赤身が好きですね。

170804mimasu07a.jpg170804mimasu07b.jpg
小皿で出てくるニンニクの周囲に「醤油を入れたら混ぜない」というのが、
これまたかつての上司の教えなんですよ(笑)
箸で持ち上げた赤身を軽く接触させるようにしてパクリ・・・美味いですねえ♪
二人前くらいはペロリですけど、他にも食べたい料理があるのでおかわりは自粛しました!

170804mimasu08.jpg
厚焼き玉子(400円)はこんな風にカットした形で出てきます。
シッカリと焼いてあって少し甘めの味つけですけど、いいツマミになってくれるんですよ!
普段は関西のダシ巻きが好きですけど、たまには東京風の玉子焼きもいいですねえ(^^)

170804mimasu09.jpg
ツマミ兼〆でカレーライス(800円)を頼んでみました。
ちゃんとソースポットで出てくるんですよ~(^^)
ひき肉たっぷりのカレーで、とても美味しいです!
昼間ランチをやっているからかもわかりませんけど、ご飯も美味しいんですよね~。
画像がもう一つだったのは残念でしたけど、料理はとても美味しかったです。
久しぶりのみますや・・・堪能しました。
ごちそうさま。

みますや
東京都千代田区神田司町2-15-2

スポンサーサイト

tag : 店名.ま.み.みますや

コメントの投稿

非公開コメント

思い出の味付け

うーん
唸ってます。
ご承知の通りこんな味のある建物の随所に痺れるんです。とくに欄干の激渋さ、貼った銅板の緑青、たった一つ色を添える赤い提灯、縄のれん・・・・言い出したら切りがない・・・まつやと一味違う風情。
店内も いいんですよね。
昔のこと、人を思い出しそれを肴に呑るなんて 独り酒の醍醐味。
このブログで出汁巻玉子を見慣れたせいか玉子焼きが硬そう(笑)
またまた調子がいいようですが・・・マジに出てきたもの全て好きですねえ。
確かに肉豆腐に未練がありますが、アジフライなんか大好物(呑みに行くと真っ先にこれがあるか確認です)さくら刺し(オヤジがよく蹴飛ばしと言ってたのを思い出しました)はニンニク醤油に魅かれるのかもしれません。

どうも最初から最後まで総花的になっちゃいますが それだけ全てに魅かれてるって言う事です。
神田司町 一時オヤジの働いていた街です。

> ねこさん

> 唸ってます。
味のある建物ですよねえ!
この建物に限ってですが、
緑青をふいた銅板の壁よりも高欄(こうらん)の架木(ほこぎ)が好きなんですよ。
地味ですけど頑張ってるって感じでしょ?
神田まつやは都選定歴史的建造物に指定されていますが、
こちらは指定されてないんですよねえ。
何か選定基準を満たしてないんでしょうけど、ちょっと残念です(^^;

> 玉子焼きが硬そう・・・
記事にも「シッカリと焼いてあって」と書きましたが、
たまにはこういうのも美味しいですよ。

> オヤジがよく蹴飛ばしと言ってたのを思い出しました
三ノ輪の「中江」あたりだとまだ普通に使われてそうですね!

次回は肉豆腐をご紹介したいと思います(^^)

多分そうです

父親は神田に勤める前は 都電で荒川車庫まで勤めに行ってたんですが、その時分三ノ輪の蹴飛ばし屋に行っていたように思います。流石ですねえ 言葉一つからそこまで想像できるとは・・・・ホームズはだし!
神田司町から荒川線まで 思い出の一部を掘り起こしてもらえてとても嬉しいです。
高欄というのですね。早速調べて・・・・地覆 平桁 架木 解りました。
これは組高欄ということですね。
(余談ですが虹梁は覚えましたよ)

しかしまあ 神社仏閣の建物、建築用語に詳しいと思ったら 半端じゃあないですね。
手製の皮むき以来 電気系ご専門と思ってるんですが お父さんが棟梁とか、専攻が建築系かも・・・冗談です。お好きなものでしょうね。

> ねこさん

> ホームズはだし!
たまたまですよ(^^;

最初は木組みとか継手とか組手に興味を持ったのですが、
次第にそれの完成形である日本建築に興味が移っていきました。
でも・・・あまり役にたってません(笑)

一時期電気系もやってましたけど、そのうち電子系になり、
今は流行のIT系です。
理系でしたけど・・・これまたあまり役に立ってませんね(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)