もう少しだったのに・・・(鳥取県鳥取市・摩尼寺 No.2)

170715maniji01.jpg
2017/07/15(SAT)
JR鳥取駅から車で20分ほど走って「喜見山 摩尼寺」にやって来ました。
去年の秋に来た時は今にも雨が降って来そうだったので本堂だけ参拝したんですよ。
今日はその時に行くことができなかった奥ノ院まで上ってみようと思います!


170715maniji02a.jpg170715maniji02b.jpg
前回来た時はまったく気がつきませんでしたけど、
よく見たら顔・・・どことなくウルトラマンに見えたのは私だけでしょうね(^^;

170715maniji03.jpg
本堂を過ぎ、善光寺如来堂の裏手にあるこの橋を渡って山道を40分ほど上らなきゃいけないんだそうです(^^;

170715maniji04a.jpg170715maniji04b.jpg
170715maniji04c.jpg170715maniji04d.jpg
左は橋を渡ってすぐにある法界場の地蔵群、
右は最初の急坂を登りきったところにある六角形をした観音堂です。
暑くて汗ダラダラでしたけど、セミの抜け殻を見るくらいの余裕はありました(^^)
イノシシとクマが出没するというので寺務所でチリ~ンと鳴る鈴を借りて登ったんですが、
結局遭遇することなく無事に帰ってくることができましたよ~!

170715maniji05.jpg
10分ほど歩いて展望台に到着しました。
山の向こうの白っぽいところは鳥取砂丘・・・その向こうには日本海も見えていました!
目指す奥ノ院までの道のりはまだ始まったばかりです(^^;

170715maniji06.jpg
最初は少し急な上り坂でしたけど、後はそれほど厳しい坂はなく、
どちらかというとなだらかな山道が続きます。
場所によっては下り坂のところもありましたけど、下りの後はまた上りですからね(笑)

170715maniji07a.jpg170715maniji07b.jpg
左は途中にあった中国三十三観音霊場の一番から十一番まで、右は十二番から二十二番までですね。
それぞれ寺の名前と本尊が刻まれています!

170715maniji08.jpg
ヒィ~ヒィ~言いながら歩いていたら、道端の地蔵に四丁の文字がありました。
一丁が110m弱ですから440mほど歩いてきたのか、それとも後440mなのか・・・。
他には見つけることができませんでしたけど、
たぶん下を向いて登っていたので気がつかなかったんだと思います(^^;

170715maniji09.jpg
少し開けた場所に出ましたが、ここが頂上みたいですね。
とりあえずもう少し進んでみたいと思います。

170715maniji10.jpg
細い山道を曲がると急に開けた場所に出ました!
やった~、これが摩尼寺奥ノ院だ~(^^)
この時はホントにそう思っていたんですけど、実は違っていたんです(^^;
パンフレットを車の中に置き忘れてきたのでまったく気がつきませんでしたが、
後でよく見たら・・・奥ノ院はまだ10分ほど歩かなきゃいけなかったんですよねえ(@_@;


中国三十三観音霊場の二十三番から三十三番までです。
後ろに大きな岩が転がっていましたからもしかしたら立岩から崩れたのかもしれませんが、
押しつぶされなかったのは不思議な力が働いたからなのかもしれませんね。


帝釈天石仏の後の大きな岩は帝釈天が降臨したと言い伝えられている立岩です!
ちょうど岩の真ん中あたりに鉄の棒が刺さってたんですよ。
まさかこの立岩を割ろうとしたとは思えませんけど、何のために打ち込んだんでしょうねえ・・・。

170715maniji13a.jpg170715maniji13b.jpg
この柱が整然と置いてあったことも勘違いする原因になりましたが、
状況から奥ノ院に使われていたと思いこんでしまったのはしょうがなかったかもしれません。
右の画像は立岩の裏側です。
確かにこの先にも道が続いていましたから・・・もう少しで奥ノ院だったんですよねえ(^^;
あ~、なんでパンフレットを忘れちゃったんだろう。
帰って来てからパンフレットをもう一度よく読むと、奥ノ院までの道は二つあることがわかりました。
今回は御朱印をいただくために本堂経由で登りましたが、
もう一つ山門の階段を上がらないで側道を通るルートがあるみたいです。
どちらから登ってもグルッと一周できそうなので、
いつかもう一度本物の奥ノ院にチャレンジしてみたいです!

[過去記事]
No.1 <2016/11/25>

摩尼寺(まにじ)
鳥取県鳥取市覚寺624

スポンサーサイト

tag : 旅/散歩.ま.ま.摩尼寺

コメントの投稿

非公開コメント

3度目の正直 簡単に達成せぬがよいか・・・

前にも同じようなことを言ったかもしれませんが、つくづく写真はいいですねえ。
ああいいなぁと言いながら見過ごしてしまうところをしっかり目に焼き付けられ、歴史あるもの風情あるものをしみじみ実感できます。勿論 現場に行き画を撮った方は”実物を見なよ!”でしょうが(笑)
仁王門にウルトラ軍団の護衛が居たとは新発見、ウルトラ実在説!?
よーくみてますね!舐めるように 私は何時もちょい眺めでした(笑)今は違いますよ。
ここで霊場33か所回ったという事で オーケーなんですかね 四万六千日とかマニ車とか効率のいいものが有りますね。(すみません無宗教のもの知らずの無礼者で)
奥の院 気合を込めてのぼったのに残念でしたね。記事を見ながら 前記事で 仁和寺の法師石清水・・・なんてコメしてないかと確認してしまいました。浅い知識の一つ覚えでこの残念奥の院にも仁和寺・・がよぎりましたよ(笑)
前記時と画が重ならぬ用の配慮 流石です。仁王門が別のものに見えました。
次回こそ・・・ですね。

築地の火事 幸軒は近かったですね。影響が無けりゃあいいですが・・・

> ねこさん

罰が当たりそうですけど、今でもウルトラマンに見えますね(笑)

> ここで霊場33か所回ったという事でオーケーなんですかね
いやあどうなんでしょう。
札所は一番から三十三番まであるんですが、それに加えて特別霊場が四つあるんです。
もしもまた機会がありましたが寺務所で聞いてみたいと思います。

> 仁和寺の法師石清水・・・なんてコメしてないかと確認してしまいました。
徒然草でしたっけ?
よくご存知ですよねえ。

> 築地の火事 幸軒は近かったですね。
用事があったので昨日の朝立ち寄ったばかりでした。
通りが違うので大丈夫だとは思いますけど・・・。
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)