間違えてくれてありがとう(横浜中華街・牡丹園)

170624botanen01.jpg
2017/06/24(SAT)
梅雨らしさをまったく感じることのない、ジリジリと太陽が照りつける横浜中華街にやって来ました!
チャーハンを食べようと思って電車に乗ったんですが、どこで食べようかなあと考えているうちに、
この店のチャーハンをしばらく食べてないことに気がついたんですよ。
ということでおじゃましたのは香港路にある「牡丹園」です!
店の前を通る時は別に何も感じませんでしたけど、
あらためて画像で見るといかにも怪しそうな雰囲気満載ですよねえ(笑)

170624botanen02.jpg
店内はいい意味でのレトロ感があって緩やかな雰囲気であふれてます。
何度かランチで来たことがあるんですが、そういえばこの店でビールを呑むのは初めてになりますね!

170624botanen03.jpg
最初に注文したのは手作り水餃子です。
出てくるまでに少し時間がかかりましたから、注文ごとに皮で餡を包んでいるんでしょうね!

170624botanen04a.jpg170624botanen04b.jpg
店のお姐さんが「酢と・・・醤油少し」と教えてくれた通りに食べました(^^)
モッチリとした皮も美味しかったけど、中に入っている餡が素晴らしかったです。
肉が手切りされているのでしっかりとした食感があり、噛んだ時に旨みがあふれてくるように感じました。
餡に混ぜられている細かく切ったシイタケが絶妙なアクセントになっていて、
思わずもう一人前追加しそうになるほど美味しかったです!

170624botanen05.jpg
 次はアサリの塩焼きそばですが、鍋で出てくるとは思いませんでしたね(^^;
実はビールの後に呑んでいたウーロンハイのツマミにしようと思って、五目焼きそばを注文したんですよ。
でもどこでどう間違ったのか、塩味の焼きそばが出てきちゃったんです。
「作り直します」と言われましたが、
他の料理の注文も入っているのでまた少し待たなきゃいけませんよねえ(^^;
すでにおなかは茶色の麺をツマミにする準備が完了していましたけど、
同じ麺だし塩味でもいいかなと思ってそのまま食べることにしました。

170624botanen06a.jpg170624botanen06b.jpg
正直に味の感想を書くと・・・アサリはそんなに味の主張をしていなかったので、
なくてもいいかなあと思ったんですけど、焼きそばの味つけが凄かったんですよ!
コクのある塩味ですけど強くなく優しい感じとでも言えばいいのかなあ。
要するに美味しいってことです(^^)
断面がスクエアな形をした麺との相性も素晴らしくて、
お姉さんによくぞ間違えてくれましたとお礼を言っちゃいました(^^)
ものすごく気に入ったので、次回も五目焼きそばじゃなくこっちを食べるかも知れませんね!

170624botanen07.jpg
焼きそばをツマミにしていたら、すっかり酔っ払ってしまったので〆を食べて帰ることにします。
電車の中で食べたいなあと思ったのは、この牛バラチャーハン(牛腩炒飯)なんですよ!

170624botanen08.jpg
パラリとしているチャーハンの上には牛バラ煮込みがかけられてます。
やわらか過ぎることなく適度に食感を残した牛バラは少し大陸の香りがしますけど、
そんなに強くないので五香粉が苦手な人でもこの味つけなら大丈夫だと思います。
この牛バラ煮込みをツマミにして〆にチャーハンを食べるのもいいと思いますが、
チャーハンと一緒に食べると美味しさが格段にアップするような気がするんですよね(^^)

170624botanen09.jpg
もちろん牛バラと合わせた時の味を考えて作っているんでしょうから、
少し薄めの味つけになっています。
チャーハンだけを食べてみると確かに一口目はちょっと味つけが薄いかなあと感じるかもしれませんけど、
二口目は淡い美味しさを感じるんですよね。
下の皿に油の跡が残らないのも素晴らしいです!
結局ツマミ兼用の〆ご飯になりましたけど、とても美味しかったです。
生ウニの中華風茶碗蒸しが名物なのでいつか食べてみたいと思っているんですが、
今年中には実現したいです(^^)
ごちそうさま!

牡丹園
神奈川県横浜市中区山下町147

スポンサーサイト

tag : 店名.は.ほ.牡丹園

コメントの投稿

非公開コメント

課題を消化せねば・・

確かに 表の怪しさは築地の某所に通じる怪しさ、妖しさがあるような・・・(笑)
ブログでこういう料理以外のことが伝わるのも大いに楽しいもんです。
でも昌さんが怪しいと書かれてないと何を食べたのかと急いて 素通りしてしまいそうで・・・気を付けねばです。
お姉さんとの会話も”これでよかったよー” ”よかたか”こんな感じですかね。

毎度のガキ並みオヤジで あさりの殻が・・歯にガリっとという気がして(笑)
プーパポンカリーの殻なし注文じゃあないですが、”あさり殻なしでね!” ”お客さん 旨みもなしになるよ”なんてね。
スイカも種を取り去ってからガブリと言うくちです。ときたまガリッ(笑)
薄めの味の焼きそば 好きですねえ 中華料理も解りませんが上海焼きそばと店では言ってた塩味焼きそばに相当はまりました。エビとか貝の殻は入ってない奴です(笑)
牛バラチャーハンこれは是非とも摘み牛バラ、〆チャーハンといきたいですね。もちろん 牛バラは 何時食べたろうというレベルです。
ところで昌さん! 摘んでると結構いっちゃいますね!お酒も主食もね。

うにの茶碗蒸しですか・・・課題が溜まりますね(笑)

> ねこさん

これと似た怪しい雰囲気は、長崎と神戸の中華街にも同じように存在しますよね(^^)
周囲に同じような店が多いので現地ではあまり気になりませんけど、
この店だけの画像だと目立ちます!

> ”よかたか”こんな感じですかね。
親指上って感じでした(笑)

むき身のアサリは鮮度が長持ちしないし、美味しさも半減しちゃうんですよね(^^;
もちろんその場でむき身にすれば別でしょうけど。
以前から砂抜きアサリは売ってましたけど、最近は完ぺきなことが多いです!
といってもイヤなものはイヤなんでしょうけどね(笑)

牛バラに目が行ってしまいますけど、
チャーハンの美味しさがあってこその牛バラチャーハンだと思いました。
この店にはほかにも美味しそうなチャーハンがメニューに載ってましたから、
また近いうちにご紹介出来ると思いますよ(^^)

> うにの茶碗蒸しですか・・・課題が溜まりますね(笑)
高額料理なので一人じゃ無理でしょうね(^^;
いつか4人くらいで来店するチャンスがあれば食べてみたいですけど。

調理人ニュージェネレーション

この牡丹園、けっこう人気のある店ですよね。横浜の中華街に詳しい友人と歩いていて前を通過
したことがありました。その時その友人が胃に余裕が必要なんだけど「若さを取り戻せるメニュ
ーがたっぷりのなかなかの店!」と説明してくれました。(^^ゞ

で、記事と写真を拝見していて「いいな〜!」となりました。

冒頭の手作り水ぎょうざ、皮が肉厚でモッチリ、さらに餡が特筆モノのようで、こういうの美味
しいですよね。こういう水餃子をいただくと、中国の人たちが餃子といったらまずは水餃子とい
うのがよくわかりますよね。

アサリ入りの塩焼きそば、美味しそうですね。瓢箪から駒という感じのフォールトからとんでも
なく美味しいものがいただけたなんて、嬉しい経験ですよね。つまり、この店の料理はどれでも
みな美味しいんだろうな〜と店そのものの好印象をアピールすることになりましたね。この料理、
いいお客に巡り会えたものです。貝入り塩焼きそばは私もよく注文します。アサリはありませんが
ボンゴレやムール貝が入っています。これらの貝は中華にもよく合います。

さて、私にとって本日の主役の「牛バラチャーハン」です。メチャクチャ美味しそうです。こんな
の食ったら若さを取り戻せそうな気がします。そう、これは出てきた姿のままが完成品ですよね。
いわゆる、調理師が一皿の料理をデザインし仕上げたもので、客が勝手に手を加えてはいけないタ
イプの一皿ですね。オランダに住んでから徐々に慣れてきた、白飯の代わりに薄味に仕上げたチャ
ーハンと中華の一皿を組み合わていただくのって、従来は本国にない食いかたなんだろうと思いま
すが、けっこういけますよね。

最初はぶきっちょな西洋人たちの下手くそな食べ方に、しょうがないな〜!という感じでチャーハ
ンを出してやっていたのが、白飯と合わせるのとは違った美味しさを創り上げることが可能と気づ
き発展させていったニュージェネレーションの中華の調理人たちがけっこう出てきたんでしょうね。
(^^ゞ 私は現在オランダで、かなりの恩恵を受けてますね。白飯と薄塩のチャーハンの両方がスター
チとして出てくるのって...。

この店の外観、確かに神戸の中華街でよく目にした雰囲気です。というか、私が若い頃に馴染んだ
神戸の中華街ってこんな雰囲気の店が軒並みでした。それがよくてね〜。へへ。私が最後に覗いた
のは15年くらい前でしたが、見た目に清潔な街並みに変わってました。とても安全という感じに
変わってました。

観光客もいっぱいでした。私の若い頃はいたんだろうけど、観光客らしい姿や顔をしてませんでし
たね。みな地元の人間みたいな顔と雰囲気を身につけて異国情緒たっぷりの街のピースになってく
れてました。あ、外国人がとても多かったんですよ。香港なんかと共通する雰囲気がありました。
怪しいものがたっぷりあった大昔の香港と同じく。怪しい最たるものの一つに神戸クラブなんてい
う外国人クラブがありましたっけ。そ

ここのバーがメチャおもしろかったのですよ。日本人の私は一人では入れてもらえませんでしたが、
会員の友人として同行すれば会員と同じ扱いをしてくれました。友人たちのおかげで、会長や役員
とも楽しいおつきあいをしてもらったものでした。このクラブ、今でも神戸の山の手の大きな一等
地にけっこう立派な建物を構えているはずです。日本人の間ではほとんど話題にならない怪しいク
ラブと位置付けしていいみたいです。爆笑)

> ブルさん

> 「若さを取り戻せるメニューがたっぷりのなかなかの店!」
ご友人の説明になるほどなあと頷いてしまいました(^^)

皮がただ分厚いだけの水餃子じゃなく、皮そのものも美味しいんですよ。
中華街ではあまりおいしい水餃子を食べたことがなかったのでうれしい発見でした。

> アサリ入りの塩焼きそば、美味しそうですね。
アサリの量が焼きそばのボリュームに追いついていないので、
貝の旨みが弱かったようにも感じましたけど、
とんでもなく美味しい焼きそばでした。

> アサリはありませんがボンゴレやムール貝が入っています。
美味しいでしょうねえ・・・(^^)
この店でも作って欲しいです!

牛バラチャーハン・・・見た目のインパクトも味も満足できる逸品でした。
牛バラ煮込みの味のことを考慮してチャーハンの味つけをしているんでしょうけど、
絶妙なんですよ(^^)
本当なら冷やし中華の季節ですけど、しばらくは他店でもチャーハンを追い求めそうです(笑)

> 神戸クラブ
ちょっと調べてみたら神戸外国倶楽部というんですね!
日本にあっても日本人が入れない・・・秘密の雰囲気がプンプンしてそうです。
中でどんなことが行われているのか興味あります(笑)
たぶん建物の前は通ったことがあるような気がするんですけど確かではないので、
次回三ノ宮に行った時に外観だけでも見てみたいですね!

学生の頃、横須賀の汐入にあった米軍施設のEMクラブを思い出しました。
海軍の下士官クラブだったので日本人だけでは入れませんでしたが、
近くのロック喫茶で仲良くなった米兵によく連れて行ってもらったものです。
今はもうなくなってしまいましたが、楽しい思い出です。
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)