カツオがなかった夜(中央区築地・はなふさ No.19)

170602hanafusa01.jpg
2017/06/02(FRI)
今夜は築地の「はなふさ」におじゃましました。
月一くらいのペースで来たいなあと思ってるんですが、なかなか仕事の調整がつかないんですよねえ(^^;
今日のお通しは2種盛りでした。
三つ葉の煮浸しと茹でたタコの頭の薄切り・・・三つ葉の味つけが素晴らしかったです。
そら豆の季節ですね!
ホクホクした食感で美味しかったです。
皮を剥きやすいように少し包丁が入ってますが、私は子どもの頃から皮も一緒に食べる派なんですよ(^^)


170602hanafusa02.jpg
今夜のラインナップはこんな感じですけど、カツオがなかったのは残念でした(^^;

170602hanafusa03.jpg
シマアジにも惹かれたんですが、前回食べているので今夜はバチマグロの刺身からスタートです!
バチマグロはメバチマグロですね。
漢字で書くと目鉢鮪・・・目が鉢のように大きいからだそうです。

170602hanafusa04.jpg
脂が少ないので、よく見かける赤身はこのメバチマグロのことが多いのではないでしょうか。
アッサリした中に赤身特有のかすかな酸味があって、いいマグロだったと思います。
さすがに漬けにするわけにはいきませんからそのまま刺身で食べましたけど、
とても美味しかったです(^^)

170602hanafusa05a.jpg
お通しでビールを1本呑んでしまったので、その後はいつものように燗酒です!

170602hanafusa06.jpg
次は煮魚が食べたかったので、かぶと煮を食べることにしました。
梨割りにされた魚の頭が二種類盛りつけてありますね!

170602hanafusa07a.jpg170602hanafusa07b.jpg
170602hanafusa07c.jpg170602hanafusa07d.jpg
タイとシマアジだったので、味の濃さを考えて上段のシマアジから食べ始めました。
カマとか頭の身をキレイに食べようとすると時間がかかりますけど、
骨の間に隠れている身をチマチマと食べるのも楽しみなんですよ(^^)
下段に移ってアッサリとしたシマアジからタイへ・・・食べる順番は正解だったと思います。
目玉とかくちびるの美味しさはたまりませんね(^^)
さすがに店ですから自重しましたけど、自宅だったら間違いなく食べ終わった骨に湯をかけたでしょうね!

170602hanafusa08.jpg
最後は炙りたらこです。
ご飯にもいいですけど、酒にはもっといいですね!
ということで、今夜もしこたま呑んでしまいました(笑)
美味しかったです。
ごちそうさま。

[過去記事]

No.1 <2013/11/22  銀ダラ西京焼き>
No.2 <2013/12/19  シメサバ>
No.3 <2014/02/21  クジラベーコン>

No.4 <2014/04/10  キンメ刺身>
No.5 <2014/09/08  オムレツ田楽>
No.6 <2014/10/24  シメサバ>
No.7 <2014/10/29  カワハギ刺身>
No.8 <2014/12/12  助子煮>
No.9 <2015/02/27  鳥肉豆腐>
No.10 <2015/06/05  カツオ刺身>
No.11 <2015/09/04  マダイかぶと煮>
No.12 <2015/12/18  メカジキえんがわ煮つけ>
No.13 <2016/03/11  メバル煮つけ>
No.14 <2016/06/24  カツオ刺身>
No.15 <2016/09/09  和風オムレツ>
No.16 <2016/10/28  サンマつみれ汁>
No.17 <2017/01/27  ブリ刺身>
No.18 <2017/04/07  カツオ刺身>

はなふさ
東京都中央区築地7-14-7

スポンサーサイト

tag : 店名.は.は.はなふさ

コメントの投稿

非公開コメント

当たんねえ でも5本はどうです?

しこたま逝かれましたか!
はい! たらこを見て納得しておりますよ。

毎度メニューを見て予想してるんですが・・今日はことのほか迷いました。挙句にめくらめっぽうで カワハギ刺身 おおはずれ・・・ バチマグロは考えもしなかった・・・マグロの赤身がお好きと解ってるのにどうも朝食で十分と・・・・馬鹿だねえ 朝食で呑めない恨み(笑)をここで晴らすってえこった(大袈裟ですね)
私はこちらのたっぷり、いろいろな刺身のつま、薬味が好きなんですが 今日は控えめかしら(笑)

うーん どうしても見たい!かぶとの骨画像!綺麗に始末されるんでしょうねえ・・・イメージ 真っ白な骨以外 汁もなし!
そっかあ  身をほじくり出して一杯・・・これの延々作業で もう一本 もう一本・・・・・計5本と推察 如何?

鰹 どうもいけないようですね。近所のスーパーでも乱高下です。一時お手頃だったのに・・
秋刀魚、鰤、烏賊、鰹・・・・・うーん・・・・
最近聞いた 鰻の明るいニュース(秋ごろお手軽に・・)期待せずに待ちましょう。

No title

こちらもそら豆が青空市で山のように積まれて売られています。インゲンを含め鞘付きの
豆は青空市が断然似合います。オランダ名はタウン_ボーネン (= Tuin Bonen) です。Tuin
= 庭、Bonen = 豆(複数形) です。Tuin をタウンとカタカナ表記しましたが、日本語には存
在しないダブル母音の超難しい発音です。苦笑) 英語にもダブル母音はあまりありません。
名前の由来を数人のオランダ人に聞いたけど、考えたこともない!くらいの答えしか得ら
れなかったです。皆、かなりのインテリジェンスを備えた輩なんですけどね。オランダ人
は我々と違い食いもの文化に淡白なようです。つまらん! 爆笑)

この「はなふさ」いいお店ですね。毎回、いかにも酒飲みが喜びそうなものばかりが並び
ますね。今回も美味しそうで、いかにもつゝくのが楽しそうなものばかりが並んでますね。
やはり、私にも、本日のハイライトはかぶと煮ですね。食べ終わった後の骨に湯をかけて
いただきたかったようですが、日本ではダメですかァ。笑)

私が若い頃の話なんですが、アメリカのある雑誌に大きな写真が出てました。大きな鰈を
食べ終えた写真。2枚目の写真はそれに熱湯をかけているところ。3枚目はそれを美味し
そうにいただいている人の写真。スープをたいらげて骨だけになった写真。それをいただ
いた人の幸福そうな顔がやっとクリアに写った写真が最後に。この人、あの画家のピカソ
でした。この鰈の骨がキャンバスに乗り作品になるかもしれません・・・なんて書かれて
いました。その後、そんな絵の写真を見たことがあるような、ないような...。笑)

ヨーロッパの言語ではスープは飲まないのですよね。食べるんです。ご存知だと思います
が、私は、日本語で書くときも「スープを飲む」って書けないのですよ。爆笑)

> ねこさん

短冊札に書いてある魚の刺身は三種類しかなかったので、
簡単にわかってしまうと思ってたんですがね(笑)
カワハギは一年を通して美味しい魚ですが、
やっぱり身も肝も太ってくる冬場がいいかなあと思ってやめときました。
シマアジは前回の訪問時に食べてますから、
残りはバチマグロしかありませんよ~(^^)

今回は写真のアングルが悪くて奥のオゴノリが隠れてしまいました。
少なく見えるのかも知れませんけど、いつも通りタップリでした!

骨画像はねえ・・・(^^;
その場では勢いで撮っても、記事にする時に我に返るんですよ(笑)
カニの殻むきと一緒で、酒を呑むのも忘れて集中してましたから、5本も呑んでませんね!

カツオは日本に来るまでに獲られてしまうので数が少ないんですよね(^^;
海の環境が変わってしまったのでスルメイカは不漁だし困ったことになってます。
でも今年はシラスウナギの価格が去年の1/3ほどらしいですから期待できますよね!
もっとも実際に食べるまでは安心できませんけど(笑)

> ブルさん

> ダブル母音
「u」は二通りの読み方があるので始末が悪そうです(笑)

> 食いもの文化に淡白なようです。
たまたまその人がってことじゃないのかなあと思ってますけど。

> 日本ではダメですかァ。笑)
大丈夫だと思いますけど、
忙しそうなので熱湯をもらうのに気が引けてしまうんです・・・(^^;

ピカソが舌鼓を打ったカレイ骨スープ(私の父親は骨湯と呼んでました)は、
さぞ美味しかったでしょうね!
ピカソが生まれたのは港町ですから魚の食べ方も精通していたんだと思います。
どんな料理で味つけはどうだったのかが気になりますねえ(笑)
管理人:昌

昌


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)