白いかんぴょう(大阪市中央区・たこ竹 No.5)

170430takotake01.jpg
2017/04/30(SUN)
ゴールデンウィークなので営業しているかどうか心配だったんですが、
無事に大阪・松屋町にある「たこ竹」におじゃますることが出来ました(^^)

170430takotake02.jpg
今回は穴きゅう巻きにしてみました!
言わずと知れたアナゴときゅうりの巻物ですね。

170430takotake03a.jpg170430takotake03b.jpg
細巻きと太巻きの中間くらいなので中巻きサイズです。
「味が薄かったら醤油をつけてね」って言われましたけど、そのままで十分だと思いました!
一応試してみたら・・・どっちも美味しかったです(^^)
東京で穴きゅうを注文するとたいていの場合は煮アナゴですけど、
大阪では焼きアナゴの方が多いのではないでしょうか。
まず感じるのは香ばしさ、その次にアナゴの美味しさがやってきます。
煮ていないので旨みが逃げることなくアナゴに閉じ込められている感じですね。
スッキリとした甘さ控えめのタレなのでいくらでも食べられそうな気がします(^^)
いいアナゴを使ってるんでしょうけど、きゅうりがあってこその美味しさだと思いました。

170430takotake04.jpg
吸い物は別料金ですけど、美味しいので一緒に注文することが多いです!
ちょうど時季ですから木の芽が浮かんでますね。
タップリのエノキタケと麩、そしてタイが入ってるんですけど、
アラじゃなくちゃんとした切り身ってところに老舗の心意気を感じます(^^)
ダシの素晴らしさと淡い味つけが寿司とピッタリ合っていて、美味しかったですよ~!

170430takotake05.jpg
続けてもう一品・・・今度は大阪すしです。
前回食べた箱寿司と太巻きハーフの盛り合わせになってますね。

170430takotake06a.jpg170430takotake06b.jpg
足赤エビ、焼きアナゴ、昆布〆のタイ、エビ&玉子です。
どれも美味しかったんですが、今回はタイの美味しさが凄かったです!
ペラペラの切り身ではなくある程度の厚みがあるので、
魚の持っている旨みが昆布の風味と一緒になって口の中一杯に広がりました(^^)

170430takotake07.jpg
太巻きは三つ葉、かんぴょう、高野豆腐なので彩的にはハデじゃないですけど、
食べてみてその美味しさにビックリでした。
東京だとかんぴょうは茶色をしているので一瞬味が薄そうだなあと思ったんですが、
失礼しました・・・ダシ味が利いていてすごく美味しかったです。
以前は無口だと思っていたご主人と先代の女将さんですが、まったく違ってました。
最近は色々話してくれるので楽しいです(^^)

170430takotake08.jpg
たこ竹は人形店とかおもちゃ屋が集まった松屋町(まっちゃまち)の一角にあるんですけど、
今日は休日なので人通りがまばらですね。
美味しかったです。
またおじゃましますよ~、ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2015/09/25  上ちらし/穴子棒寿司>
No.2 <2015/11/23  穴子棒寿司/サバ棒寿司(持ち帰り)>
No.3 <2016/04/29  蒸し寿司>
No.4 <2016/09/22  細巻き盛り合せ/箱寿司>

たこ竹
大阪市中央区松屋町住吉3-8

スポンサーサイト

tag : 店名.た.た.たこ竹

コメントの投稿

非公開コメント

目で食べた

いつもこのお店の記事を迎えると・・・・さあ 今日はどんな美しいものが見られるかなぁと期待感一杯なんですよ。
あなきゅう巻き 華やかではないけど実に爽やかな色合わせです。胡瓜の緑、海苔の黒 いずれが欠けても台無しの美しさです。焼き穴子がいいんですね。
以前 博多で一度 焼き穴子と知らず穴子を注文して あまりの違いにびっくりしました。
びっくりが先で美味しさを十分感じてないので、機会あれば逃さず頂いてみます。
お椀の画 これ最高の出来じゃあないですか!
撮影に備えて慎重に具材を箸で捌き、配置して いざ撮らん! ご主人たちが側で こないするんやなぁ と感心してたでしょ。
撮り終えて 一口すすって・・・・旨いねえ!・・・ご主人ニッコリ。

ちょっと 驚きです(笑)
大阪すし 追加ですかぁ こちらでは昌さんは大食漢かも(爆)
すみません冗談です。
なかなか来られないのでと、ご主人たちと話が盛り上がり、更にお酒無しでは食が進んでしまいますね。

美しい画をまた見せてくださいな。ご馳走様!

かんぴょうの色

かんぴょうの色は、私は薄い色で育ったので、東京は茶色いので味が濃くないか?と毎回思います(笑)
どれも関西ならではのメニューで懐かしい。旨みが濃い昆布〆の鯛の味も関西独特ですよね。

ちなみに穴キュウを家で食べる時は、一つは胡瓜を抜いてみたり穴子を抜いたりで、お行儀悪く実験しながら食べるのですが、穴子だけはあんまり美味しくないと思います。

> ねこさん

酢〆、昆布、玉子焼き・・・大阪すしの美味しさの秘密は色々ありますけど、
焼きアナゴもその一つですよね!
食感もそうですけど香ばしさが素晴らしいんです。
西日本はアナゴ美味しい店がたくさんありますが、
広島・うえの、明石・下村が特に好きです!
そうそう今は閉店してしまった明石・大善も美味しかったなあ・・・。
もちろんたこ竹のアナゴも美味しいですけどね(^^)

> お椀の画 これ最高の出来じゃあないですか!
ありがとうございます。
数撃ちゃ当たるでしょうかね(笑)

> 大阪すし 追加ですかぁ こちらでは昌さんは大食漢かも(爆)
大阪すしは作ってすぐより少し時間が経ったほうが美味しいんです。
ですから本当は持ち帰って食べるのがいいのかしれません。
ということで、食べ切れなかった場合は・・・ホテルに持ち帰ればいいのです(^^)

> なお江戸川さん

色は濃いけど食べてみると味はそんなに濃くない関東と
色は薄いけど食べてみると味はそんなに薄くない関西・・・。
3時間弱で移動することは出来ますけど、
昔からの味つけはそのままなんですよね!

鯛の昆布〆はさすが関西と言いたくなるほどの美味しさでした。

> 一つは胡瓜を抜いてみたり穴子を抜いたりで、・・・
私も子どもの頃にやった記憶があります(笑)
全部一緒に食べてこその美味しさに気づくまで、しばらく時間がかかったと思います(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)