贅沢な炒飯(横浜中華街・龍鳳酒家 No.4)

170506ryuho01.jpg
2017/05/06(SAT)
ゴールデンウィークだし、土曜日だし、混んでいることは承知で横浜中華街にやってきました。
おじゃましたのは「龍鳳酒家」ですけど、案の定満席だったので少しだけ待ちましたが、
無事に座ることができました。
この店は相席をさせないので多少待つこともありますけど、ゆったりできますね(^^)


170506ryuho02.jpg
今日は焼酎の水割りと市場直送イカのネギ生姜和えでスタートしました。
この店の野菜と海鮮料理は定評があるんですよ~(^^)

170506ryuho03a.jpg170506ryuho03b.jpg
ヤリイカは秒単位で湯通しするんでしょうけど、さすがプロですよね。
イカのほかはモヤシとせん切りの生姜、そしてネギだけです。
タレの味が絶妙なんですよ(^^)
少し甘みがあるんですけど濃すぎず薄すぎずでとても美味しかったです。
生姜の味が強すぎないのでイカの味を堪能できましたね~。
日替わりメニューだったので次回はないかもしれませんけど、見つけた時は必食だと思いました。

170506ryuho04.jpg
次は空心菜の炒めです。
旬は夏ですけど、育ちすぎると茎が太くなって味が落ちるので、
今の時期しかメニューに載せないんだそうです。
シャキシャキじゃなくどちらかと言うとトロッとした食感なんですよ。
調理に使ったであろうスープの味を生かした優しい味つけでした。
今まではどちらかというとシャキシャキ感を求めて料理してましたけど、
次回はこれをお手本にして作ってみたいと思います。

170506ryuho05.jpg
そしてこれが今日のメイン、季節の炒飯です!
今日はワタリガニのあんかけ炒飯でした。

170506ryuho06.jpg
ほぐしたカニの身を混ぜ込んだ餡の美味しいこと・・・ひと口食べてみて驚きました。
香りもそうですけどカニの濃厚な味があふれてますね。
前回食べてその美味しさを経験済みの炒飯と一緒に食べると、さらに美味しさが増します。
自分ではカニの身を出すもの面倒だし、だいいちこの濃厚な味の餡を作れませんので、
これだけを目当てに来てもいいなあと思わせる美味しさでした!

170506ryuho07.jpg
甲羅は飾りで添えてあるのかと思っていましたが、ちゃんとミソが入ってました(^^)
もちろんスプーンでこそげ取るようにして余すことなく食べましたよ~!

170506ryuho08.jpg
デザートの杏仁豆腐はサービスで出てきました。
本格的な味で美味しいのですけど、かかっているフルーツソースは毎回違うんですよ!
今回はイチゴでしたけどいい味してました。
美味しかったです。
ごちそうさま。

170506ryuho09a.jpg170506ryuho09b.jpg
170506ryuho09c.jpg170506ryuho09d.jpg
食後は気持ちのいい風に誘われて山下公園で一休み!
横浜マリンタワー、遊覧船乗り場を支えている貝がたくさん付いている柱、
出航したシーバスと近づいてくるマリーンルージュ、静かに佇んでいる氷川丸、
見飽きない光景に時間が経つのをしばし忘れました!

[過去記事]
No.1 <2013/12/16  気まぐれカレーライス>
No.2 <2016/02/20  タイラ貝と野菜の炒め>
No.3 <2017/01/28  干肉とカリフラワーの炒め>

龍鳳酒家
神奈川県横浜市中区山下町152

スポンサーサイト

tag : 店名.ら.り.龍鳳酒家

コメントの投稿

非公開コメント

旅情

シーバス、マリーンルージュ、氷川丸・・・なんでも昌さんに訊けばわかると再認識。
昌さんは色んなものに興味、知識がありますが、間違いなく海もその一つですね。
海を見てると旅への感情が湧きませんか?
私は未だ津波がトラウマですが・・・青い海・空・美しい船・・・・良平さんの描く画・・・好きです。

ワタリガニの餡かけを見て居て ふいに プーパポンカリーを思い出しました。あれに比べてこの餡かけは何と・・・・食べやすい(笑)
どうも 昨日今日 殻がつきまとってます(笑)

野菜がトロッと...

昌さんがお書きになっているように、この龍鳳酒家の海鮮料理と野菜は美味しそう
ですね。イカの秒単位の湯通しとか...、繊細な仕事をしてくれているのが皿の上の
料理からも見て取れますよ。実に美味しそうです。

空芯菜のトロッとした食感の仕上げというの、嬉しくなっちゃいました。日本の
中華料理はほとんどの場合、野菜にシャキッとした食感を持たせることをとても大
事にしていますが、時にはやりすぎじゃないのかな〜と感じちゃうことがあります
から...。(^^ゞ

現代はだいぶ変わってきているようですが、フランス料理の調理法が主流となって
いた時代の名残りで、温野菜のシャキシャキ感をあまりウェルカムとしない気風が
欧州にはまだ強く残っていますからね〜。シャキシャキ感は冷たい野菜サラダでと
いう感じですね。

まあ、私も30年もこちらにいるとトロッとした温野菜が大好きになってますから、
こんな空芯菜を見ると、調理というのはいろいろな可能性を含んでいるんだよな〜
とつくづく思います。私たちも感覚を鈍らせないで新しいものにドアを大きく開いて
置かなければならないと思いますね。微笑)

最後の「ワタリガニのあんかけ炒飯」はすごいですね〜。最初のイカの調理の繊細な
味わいを聞かされた私には、どれくらい美味いのだろう !? と、ワクワクしちゃいます。
甲羅が飾りだけじゃないというのが、またすごいですね〜。これはいずれいただいて
みたいです。

ワタリガニで思い出すのは私のお袋のこと。金沢にいた時も呼び寄せて美味いものを
ご馳走したものです。でも、カニはズワイでもタラバでもなくワタリガニが一番好き
だと言ってました。ワタリガニを目の前にすると犬や猫が大好物を目の前にした時と
同じような顔をしたものです。普段は割と品良くしていたのですが、本性があらわに
なっちゃうのでした。実に手際よくカニを解体しながら楽しんでいました。私には、
そんな技量が備わりませんでしたから、一緒にいると頼もしい解体作業員でしたね〜。
この「ワタリガニのあんかけ炒飯」を見て、最初に頭に浮んだのが、お袋の顔でした。
このダイナミックな盛りつけを見せたら、どんな顔するだろうな〜?とね。爆笑)


> ねこさん

> なんでも昌さんに訊けばわかると再認識。
広く浅くなのでどうでしょうか(^^;

> 海を見てると旅への感情が湧きませんか?
学生の頃、横浜大桟橋から船でナホトカまで行ったことがあるんですが、
氷川丸を見るとなぜかいつもその時のことを思い出します(^^)

> プーパポンカリーを思い出しました。
大好きです(^^)
バンコクに行った時は必ず食べてます。
「ヌア」と言って注文するとカニの殻から身を取り出したのが出てきますよ!

> ブルさん

この店は腕の確かな料理人がいることもありますけど、
経営努力をちゃんとしてます。
一昔前の中華街では考えられませんけど、
そのおかげで美味しい料理が食べられますね(^^)

以前は絶品のマンゴープリンがメニューに載っていたのですが、
いいマンゴーが手に入らなくなったとかで今は食べることが出来なくなってしまいました(^^;
とても美味しかったので残念でたまりません。

料理にもよりますがシャキシャキが美味しい野菜と、
トロッとしたほうが美味しい野菜がありますよね!
プロの料理人はそのあたりのことをよく知ってます(^^)

料理で懐かしい方のことを思い出すのはステキなことですよね!
味のことはもちろんですけど、その時の会話なんかも浮かんで来ることがあります。

私は殻を剥くのが下手ですけど、カニは大好きです(^^)
このあんかけ炒飯はとても美味しかったのでまた食べてみたいです。
グランドメニューには載っていないので、次回はいつになるのかわかりませんが・・・(^^;
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)