サワラ幽庵焼き(作ってみたよ! 焼き物 No.6)

170321sawara01.jpg
2017/03/21(TUE)
サワラは塩焼きとか西京焼きで食べることが多いですけど、幽庵焼きも美味しいですね(^^)
食べた日からはすでに一ヶ月ちょい経過してますけど・・・アップしたつもりだったんですよ(^^;
ということで少し季節感がズレてますけど、
まだサワラは市場でも見かけますからギリギリセーフということで(笑)


170321sawara02a.jpg170321sawara02b.jpg
大型の魚なので丸ごと一匹はなかなか手が出せませんよねえ(^^;
1/2とか1/4でも買えないことはないのですが、今日は使い勝手の良い切り身を買ってきました!
軽く塩をして一時間ほどそのまま冷蔵庫で寝かせて、浮き出てきた水分を拭き取ってから漬け込みます。
醤油、ミリン、酒を同割で混ぜたものを幽庵地と言いますけど、
今回は私の好みで砂糖を少し多めにしてみました!
柚子の輪切りをのせておくと香りが移るのでさらに美味しくなるんですよね(^^)
季節的にもう売ってないかもと思ってましたが、高知産の柚子を探してきましたよ!
料理本には1時間から2時間って書いてあることが多い漬け時間ですけど、
切り身の大きさとか部位や脂ののり方にもよって時間は変わってくると思います。
私はしっかりと漬け込んだ方が好きなので最低でも2日くらいは漬けるようにしていますね。

170321sawara03.jpg
漬けあがったものを蒸しても美味しいですけど、やっぱり焼き物でしょうね(^^)
焦げやすいので焼くのが難しいですけど、最近の魚焼き器は素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。

170321sawara04.jpg
早速食べてみましたが、美味しいです~♪
これは二日漬けたものですが、ほのかに柚子の香りもしていて狙い通りの仕上がりでした!

170321sawara05.jpg
今回はサワラにかなり脂がのっていたんですけど、
砂糖を追加したことでちょうどいい漬け加減になっていたと思います(^^)
少し飴色っぽい色になっていてとても美味しかったですよ~。

170321sawara06.jpg
これは三日間漬けたもの・・・身が締まってきていますけど、味はそれほど濃くなっていませんね!
今回のサワラは三日目の方が美味しかったと思いますけど、あくまでもその時の個体によりますからね(^^)
冷凍してもそんなに味が変わらないので、
一枚ずつラップに包んでから密封ビニール袋に入れて保存しておくと重宝します。
でも、一週間ほどで全部なくなってしまいました(笑)

[過去記事]
No.1 <2014/03/21  松風焼き>
No.2 <2014/09/18  芋田楽>
No.3 <2015/02/11  きつね焼き>

No.4 <2016/07/10  ミニピザ>
No.5 <2016/11/13  焼きナス>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美しい仕上げ!

なんだろう・・・最初の画を見て今日は違う!って当たり前ですよねえ・・・どうも米花画像が作用するようです。酒器があるのも・・・(笑)
毎度毎度の”美しい!”発言ですが 今日は違いますよ。 ”とっても美しい!”(変わんないね)
渋い緑色の皿に潔い鰆一切れ・・・この簡素な姿が素敵すぎます。
昌さんですから 添え物もいろいろお持ちでしょうが、あえて加えない。
結果”とっても美しい!”
アップの画が ”見てよ! この照り ヤワな身も締まって いけまっせ!”とハナタカです。
3日のものの画ではさらに 皮のところが干した魚のような(上手く言えませんが 新潟村上の鮭を思い出しました)・・・柚庵地で濃い色に光って 絶好のお摘み色。 香ばしいのでしょう・・・こっくりとしてるんでしょう・・・身より皮と言う者には堪んねえ画です・・・手をかけたものは違いますねえ。
記事からも自信の作という事が伝わり・・・目の前にありもしない蛇の目のぐい飲みを探してしまいそうです。(笑)
毎日一切れ 一週間の楽しみ 1か月もたってはそろそろ恋しいのでは?
時期の魚ですからまた冬にでもお目にかかりましょう。

こんにちは

良い照りしてますね(^^♪
しっとりして美味しそう~~
これはご飯やお酒がススムくんですね。

確かにうちも塩焼きや味噌漬けはよくするけど幽庵焼きはあんまりしないですね。
自分で漬けたゆずシロップがあるけど専らハイボールやチューハイに混ぜてます(笑)
最近は鰆の真子を見かける機会が多いので身よりも真子を薄味で炊いて食べてます。

> ねこさん

> 添え物もいろいろお持ちでしょうが・・・
ところがあまり持っていないのです(笑)

幽庵地に漬けておくだけで簡単に出来上がりますから、
そこが私向きなのかも知れません(笑)

今回は一週間ほどでなくなってしまいました。
寒サワラが出てきたらまた作ってみたいと思います!

> ひろピさん

幽庵焼きはあまり人気がないようですけど、
食べたら美味しいんですけどねえ。

> 自分で漬けたゆずシロップがあるけど・・・
いいですね!
お酒がワンランク上の味になるんじゃないですか?(^^)
サラダのドレッシングに少し入れても美味しそうです。

> 鰆の真子を見かける機会が多いので・・・
これは絶対に薄味が合うと思います!
以前はこでれでカラスミを作っていたんですけど、
美味しいですよ(^^)
機会があればぜひお試しください。

銭湯の爺さん達

お、すごい! 鰆の幽庵焼きを自作されましたか。美味しそうですね〜。こういうものを
自作される方を私は尊敬しちゃいます。冗談じゃなく、心底です。微笑) 私はこういう
手のかかる下ごしらえが必要な魚料理をしたことないのですよ。

東京ではこの幽庵焼きがポピュラーになれないみたいですけど、私は大好きです。西日本
ではけっこう人気を博しているように感じるのですが・・・。で、G先生に尋ねたところ
けっこうヒットしました。(^^ゞ いろいろなバリエーションが載っていて、オランダでも
出来そうと野心を抱かされましたヨ。えへへ。

あ、2〜3枚目の写真を見てちょっと記憶が戻ったことがありました。昔、赤坂の割烹で
鰆の幽庵焼きを勧められて注文しました。威勢のいい先輩と一緒でした。仕事の先輩では
なくボクシングの先輩。生粋の江戸っ子。この先輩、幽庵焼きを知らず、仲居さんの説明を
聞き、柚子の輪切りが浮いたつけ汁に鰆の切り身をつけるなんて、銭湯の柚子湯に浸かる
爺さん達を連想しちゃう! どうも食欲がわかないからパス!なんて断ってました。豪快に
見せてるけど、気の小さい好人物でした。初ものに警戒心を抱いたようです。

冷凍保存ができるなんて、これは是非やらねばと考えております。鰆が手に入らないので、
代用の魚を考えなければいけませんが・・・。

昌さんのこのページ、料理アーカイブとして丸ごと調理部門のファイルに保存しました。
普段は URL だけなのですが、写真も含め記事そのまんまがクリック一発で開いてくれます
からね〜。ごちそうさん!です。(^^ゞ

> ブルさん

仲居さんの説明不足だったかも知れませんけど、
ゆず湯を連想されたのは凄いですよね!
説明を聞く前に食べていたらまた印象が違っていたと思います(^^)

> 手のかかる下ごしらえが必要な魚料理・・・
切り身を漬けておけば出来あがりますから、手のかかるまではいかないと思いますよ(笑)
結局試す前に全部なくなってしまいましたが、
フライパンでソテーにしても美味しいかも!

> 料理アーカイブとして丸ごと調理部門のファイルに保存しました。
光栄ですね!
いい加減なことも書いていますけど、
実際に作ってますから半分くらいは信用してください(笑)

サワラ以外でもサケとかブリ、タチウオなんかが美味しいですね!
まだ作ったことはないのですが、タラも美味しそうですよ。
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)