カキの春巻き(横浜中華街・大新園 No.4)

170401taishin01.jpg
2017/04/01(SAT)
午前中降っていた雨がやんだので、横浜中華街までやって来ました。
買い物をサクッと終わらせて飛び込んだのは関帝廟通りにある「大新園」です。


170401taishin02.jpg
土曜日でしたけどランチタイムを少し過ぎていたので、無事に座ることができました!
ビールのツマミにいいかもと思って注文したのはカキの春巻き(海蠣春巻)です。
一人前は4本なんですが、半分の2本でも注文できるのがありがたいです(^^)

170401taishin03a.jpg170401taishin03b.jpg
食べかけで見苦しい画像ですが、ご容赦ください(^^;
熱々なのでヤケドに注意しながらガブリと食べてみると、カキの風味が口の中いっぱいに広がります。
ちょっと小ぶりのカキでしたが旨みが春巻きの中に閉じ込められているんでしょうね。
ビールとも相性は良かったんですが、
これは季節限定じゃなく通年食べられるみたいなので次回は紹興酒と合わせてみたいです!

170401taishin04.jpg
次はつけわんたんです!
大新園に来たらこれを食べずには帰れません(^^)

170401taishin05.jpg
紹興酒はつい呑み過ぎてしまうので、ウーロンハイにしておきました(^^;
これもおかわりして杯数を重ねたら一緒ですけどね(笑)

170401taishin06.jpg
ツルンとした皮、エビのプリプリ、餡の旨み・・・いい感じですよ~。

170401taishin07.jpg
自家製のラー油をタレに混ぜてから、ワンタンを少し浸すようにして食べるのが好きなんです!
久しぶりに食べましたが、やっぱり美味しいですね~。
この店には他にも美味しい料理があるんですけど、
一人じゃ持て余してしまうので今度は友人を誘っておじゃましてみたいです。
ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2014/06/21  つけワンタン/皮付き豚ばら肉の醤油煮込み>
No.2 <2014/07/21  つけワンタン/皮付き豚ばら肉の醤油煮込み>
No.3 <2015/01/10  つけワンタン/木須肉>

大新園(たいしんえん)
神奈川県横浜市中区山下町134

スポンサーサイト

tag : 店名.た.た.大新園

コメントの投稿

非公開コメント

ビロビロチュルン!

待ってました!
ビロビロチュルン 登場ですねえ・・・・
この透明な見るからにチュルンとした皮が 私を誘惑するんです(笑)
それに輪をかけるようにラー油の油が ヌメヌメ・・・ちょっといやらしくなりました(笑)
ここではこれと決めてるようですが、薬味葱を浮かべた美味しいスープの中のも いっひひひ・・
つけというのを未食なんで適当なこと言ってますが、要は わんたん皮のビロビロチュルンは最高ってことです。

作ろう!具のちっちゃな奴 殆ど皮のやつ・・・・ねこ流チープわんたん!

カキの春巻き解剖図 とっても有難いです。今後もこういうの期待したいですね。幻の骨画像もね(笑)

あられ、淡雪、磯雪、花巻、巣篭り・・・・学びました。
岩手県、とろろいも、鳥の巣風玉子落とし・・・などと 落語の長屋の熊みたいな自分の勝手な思い込みを笑っちまいました。次の瞬間 寒気ですよ(笑)

> ねこさん

この店では他にも焼きわんたん、揚げわんたん、
普段よく目にするスープわんたんもあるんですけど、
やっぱりこのこのつけわんたんが一番好きです。

今回は自家製ラー油を売ってなかったのでちょっと残念でした(^^;

> カキの春巻き解剖図・・・
食べる前に気がつけばもっときれいな画像だったんですが・・・(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)