青エンドウ豆の熱々すり流し(作ってみたよ! 汁物 No.6)

170305erwten01.jpg
2017/03/12(SUN)
今日はエルテンスープを作りました!
オランダ料理のエルテンスープは野菜たっぷりのスープで、寒い季節になると一度は食べたくなりますね!
数年前に作ったのが最初でそれ以来何度か作っていますが、徐々に自己流になって来てしまいました(^^;


170305erwten02a.jpg170305erwten02b.jpg
主役は青エンドウ豆です!
オランダでは乾燥させてから皮を剥いて半分に割った状態で売っているそうですが、
東京ではなかなか見かけることがありません。
ということで、築地市場の豆屋さんで皮付きのものを300gだけ買ってきました。
一回分の150gで良かったんですが、知り合いの店とはいえさすがに言い出せませんでしたから300gね(笑)
濁りが取れるまで水でよく洗ったらボウルに入れて熱湯をたっぷりとかけて1時間ほど浸すと、
皮はやわらかいけど豆はまだかたい状態のままになります。
親指、人差し指、中指の指先でつまんで、手のひら方向に押し出すようにすると豆が飛び出してきます。
逆の方向に押してもいいのですけど、どこかに飛んで行ってしまうので私は手前に向けてますね。
少しコツが要りますけど、10粒もやれば簡単にできるようになるはずです!
左の画像は皮を剥いた豆をもう一度よく洗ってから水に浸して、
一日置いた状態なのでかなりプックリとしていますね。
ちなみに右の画像は剥いた皮・・・所要時間は10分ほどでした(^^;

170305erwten03.jpg
青エンドウ豆と残りの材料とのバランスが大事になって来ます。
今回は皮付き乾燥状態の青エンドウ豆150gに対して、
ジャガイモ(中)1/4個、ニンジン(小)1/2本、玉ネギ(小)1/4個、白ネギ1/2本、セロリ1/2本にしてみました。
それぞれを青エンドウと同じような大きさに切ったらヒタヒタの水を加え、弱火で加熱していきます。
白ネギじゃなくポロネギ、セロリじゃなくセロリアックを使うのが本当だと思いますけど、
簡単に手に入るもので代用してもそれなりに美味しくできる・・・と勝手に思うことにしています(^^)
そうそう、キューブのチキンコンソメとローリエの葉を1枚入れました。
煮崩れるまで火を通したら、木ベラで押しつぶすようにドロドロにしていくんです。
今回は面倒だったのでフードプロセッサーを使いましたが、
食感を楽しみたいので少しだけ固形感を残すように注意しました。
厚切りのベーコンとソーセージを入れて鍋底の焦げ付きに注意しながら、
しばらく加熱して塩とコショウで味を調節したら完成です。

170305erwten04.jpg
華やかな色じゃないですけど美味しいんですよ~(^^)
熱いうちはそれほどでもありませんけど、
冷めてくるとかなり粘度が出てきて味も濃く感じるようになりますね。
ベーコンは肉屋で3ミリの厚さに切ってもらいました。
ソーセージもそうですが、少しスモーク感が強い方が美味しいと思います!
食べるスープという呼び方がピッタリきますね~。
少し残しておいて翌日食べると味が落ち着くのでさらに美味しいんですけど、
150gだと2食分って感じですから今回はその日のうちに食べ切ってしまいました(^^;

170305erwten05.jpg
これは別の日になりますけど・・・和風エルテンスープを作ってみました。
コンソメの代わりにかつおダシ、ローリエの代わりに昆布、
塩コショウの代わりに薄口醤油と七味、セロリの代わりにゴボウとダイコンを使ってます。
ベーコンとソーセージの代わりはかまぼことシューマイにしてみました。
最初はちくわとさつま揚げにするつもりだったんですが、冷蔵庫から見つからなかったんです(^^;
食べていてふと頭の中に浮かんできたのが、
これはすり流しの温かいバージョンって言ってもいいかもってことでした。

オリジナルのエルテンスープとは少し味が違いますが、和風も美味しかったですよ~。
アムステルダムにお住いのブルさんエルテンスープをブログにアップしていらっしゃったので、
今日は真似して作ってみました。
そうそうブルさんがその後試していらっしゃった白みそのことを思いだしたので、
入れる前と入れた後の食べ比べをしてみました。
少ししか入れませんでしたけど甘さとコクが加わってとても美味しかったことを追記しておきますね。
また機会がありましたら何かパクらせていただきたいと思います(^^)

[過去記事]
No.1 <2014/08/07  すり流し>
No.2 <2014/12/08  お事汁(おことじる)>
No.3 <2015/02/05  かす汁>
No.4 <2015/03/08  みぞれ汁>
No.5 <2015/06/21  サバの水煮とタケノコのみそ汁>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黄緑が好き

洋のものを和にアレンジしてみる。はたして旨い! 素晴らしい!
この季節 私の好きな黄緑色の季節にぴったり!うちの誰かは 色だけ見て ずんだだぁ!と歓喜するはず。
いいですねえ・・・そんなにしてみたいです。我が家は汁物に本命が居てアレンジ、変化を許されません。根菜、豚入り味噌仕立て専門です。まあ好物なんですがね(笑)
過去記事で根菜の美味しい汁物を再読しました。かす汁 いいじゃないですか!どんどん仮想愛好者になってきました。まだまだ暖かい汁物が美味しいです。もちろん あれ付きは当然です。横道でしたね 失礼。

ところで スープの脇にパンは見えましたが・・あれが見えませんよ(笑)
まあ 昌さんですから これで熱燗は無いと思いますが・・・白ワイン?

へんなこと・・・豆の皮 何かにするのかと探しちゃいました(笑)
        冷蔵庫の中に色々ストックしてるんですねえ・・・

私のは「エサ」です!

おっ、エルテンスープですか。ちょっとびっくり、意表を突かれました。(^^ゞ 皮つき
エンドウ豆をお求めになり、湯と水に浸したとはいえ、皮を手で剥いたとはすごいです。
こちらでは皮なしが買えるのでやりますけど、皮なしを買えなかったら絶対にこの料理
やりませんね。きっぱり! えへへ。

それにしても、エンドウ豆のグリーンが綺麗ですね〜。とても美味しそうです。こん
なのを見ると、昌さんの作ったエルテンスープは品があるな〜!と感心しちゃいます。
入れるものを厳選して丁寧にお作りになっているので、お客さんにも出せそうですね。
こんなのを見せられると、私の作ったやつはごった煮の「エサ」です! (^^ゞ

ねね、昌さん。セロリの味と香りがお好きなら、セロリアックよりセロリが断然おい
しいと思いますよ。根菜としてセロリアックを入れるのはわかりますが、味も風味も
割と弱い根菜と思うんですよ。熱を加えたセロリの美味しさって素敵ですよね。中華
料理でも熱を加えて出てきますけど、私は大好きです。

それからこちらではポロネギを使いますけど、関東の白ネギが面白そうですね。私は
このエルテンスープを白ネギを使って作ったことないのですが、白ネギの方が風味が
強いので楽しい味わいのスープになるかもしれませんね。というのは、自分で作った
エルテンスープをいただく時に、日本の万能ネギの薬味が欲しくなるのですよ。私が
ネギ好きの日本人だからかもしれませんが...。(^^ゞ

私のエルテンスープの記事をご紹介いただきありがとうございます。記事へリンクして
いただきましたが、ひどく貧しい記事で申し訳ない気分です。食いものの写真は撮り慣
れていないのと、撮っていてあまり面白いと感じないのですよ。すんません。昌さん達の
お撮りになった美味しそうな写真を見るのは大好きです。爆笑)

こちらも完全に春です。15℃前後の気温で三月を終えそうです。今週末から夏時間の
スタートですからこの暖かさは嬉しいです。夏時間のスタートの朝に降雪なんて経験が
ありますからね〜。あれは堪忍してほしいデス。微笑)

> ねこさん

このスープはオリジナルも美味しいですけど、和風にしても美味しかったです。
夏になったらもう少しゆるく作って冷たいのを試してみようと思ってます(^^)

> 我が家は汁物に本命が居てアレンジ、変化を許されません。
一気にやろうとすると無理があるかもですから、長期計画で行きましょう(^^)
脱仮想愛好者でお願いします!

ご推察通りこの日は白ワインを一本呑みましたが、
日本酒でも合うと思いますよ(^^)

豆の皮は・・・画像が足りなかったので登場させたんですよ(笑)

> ブルさん

春になるまでにはと思っていました(^^)

> 皮を手で剥いたとはすごいです。
何度もやっているので慣れてしまった気もしますけど、意外に簡単ですよ!

> 昌さんの作ったエルテンスープは品があるな?!と感心しちゃいます。
いやいやそんなことはありませんよ(^^;
「品」は食べる人によっても決まりますからねえ・・・。
ということで、私の場合は品より味です(笑)

セロリアックとポロネギはそうかもしれませんね。
仕上げに万能ネギを散らそうと思ってたんですが、忘れてました(^^;

和風バージョンは思いのほか上出来でとても美味しかったですよ。
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)