春節の横浜中華街で(横浜中華街・龍鳳酒家 No.3)

170128ryuho01.jpg
2017/01/28(SAT)
今日は久しぶりに横浜中華街までやって来ました。
おじゃましたのは中山路(ちゅうざんろ)にある「龍鳳酒家」です。


170128ryuho02a.jpg170128ryuho2b.jpg
今日は春節なんですよね!
天気も良かったし暖かかったので、いつにも増して混みあってました。
あちこちに飾られている赤い提灯が祝賀ムードを盛り上げていましたよ~(^^)

170128ryuho03.jpg
ビールと一緒に注文したのは干し肉と季節野菜の炒めでした。
自家製の干し肉を野菜と炒めた冬季限定の広東家庭料理だそうです。

170128ryuho04.jpg
「今日までは黄色のカリフラワーですけど、明日からは違う野菜になるんですよ~」ってことでした。
その場では思い出せませんでしたが、
確かオレンジブーケって名前で築地市場では何度か目にしたことがあります。
見た目から来る印象も多少あるかもしれませんが、普通のカリフラワーより甘みが強いような気がしますね!
干し肉の味を説明するのはちょっと難しいですけど、
甘味が少しあって腸詰に近いと言えば当たらずといえども遠からずって感じでしょうか。
全体的に優しい味つけになっているので、素材の味をしっかりと感じることができました。
とても美味しかったのでまた食べてみたいですけど、
その時はどんな野菜が使われているのかなあ・・・今から楽しみです(^^)

170128ryuho05.jpg
かめ出し紹興酒は二合徳利で出してもらいました。
春節なので普段は仕入れない特別な紹興酒を置いている店が多いのですが、
もしかしたらこれもそうだったのかもしれませんねえ!
カラカラに干した梅干のかすかな酸味と香りが心地よかったです(^^)
口当たりがいいのでクイクイ呑めますけど・・・酔いますよ~(笑)

170128ryuho06.jpg
エビワンタンです!
注文が入ってから生の芝エビの殻を剥いて作っているんだそうです。

170128ryuho07a.jpg170128ryuho7b.jpg
醤油味ですけど淡い味つけになってます。
コクがあるので物足りなさは全くありませんね。
スープを丁寧に取っていることがよくわかる美味しさでした!
ワンタンの皮が薄いので口の中でフワ~ッと溶けていくような感じなんですよ。
レンゲですくって口に入れると皮の食感の後を粗みじんになったエビが追いかけてきます。
美味しかったですね~(^^)

170128ryuho08.jpg
ツマミ兼〆で五目焼きそばを注文したんですが、五目炒飯が出てきてしまいました(^^;
「すいません、作り直してきます」と持って行こうとしたので、
混雑しているので時間もかかるだろうし、未食だったのでそのまま食べてみることに!
過去の訪問でご飯物は金曜のランチで出てくる気まぐれカレーライスしか食べてなかったので、
炒飯の美味しさをまったく知りませんでした。
パラパラだけどシットリ感があり、薄味ですけど物足りなくはない、
そして油っぽく見えるかもしれませんけど、食べ終わった後に油の痕跡はないんですよ(^^)
美味しかったです!
メニューには五目炒飯しか載ってませんでしたけど、頼めばエビ炒飯なんかも作ってくれるかもしれませんね。

170128ryuho09.jpg
あ~美味しかったと席を立とうとしたら、
「すぐにご用意しますから杏仁豆腐を食べていってくださいな」ってことでした(^^)
前回も食べさせてもらったので、来店した人にはサービスで出てくるのかも知れませんね。
この店の杏仁豆腐はちゃんと作ってあるので美味しいんですよ~!
今日はキウイソースがかかってましたけど、杏仁の味をジャマすることなく上手く調和してました。
呑んだ後なのでヒンヤリとした淡い甘さがとても心地よかったです。
今回も美味しかったですねえ。
別のテーブルで食べていた赤ハタの蒸し物がとても美味しそうだったので、
次回は何人かでおじゃましてみたいです(^^)
ごちそうさまでした。

[過去記事]
No.1 <2013/12/16  気まぐれカレーライス>
No.2 <2016/02/20  タイラ貝と野菜の炒め>

龍鳳酒家
神奈川県横浜市中区山下町152

スポンサーサイト

tag : 店名.ら.り.龍鳳酒家

コメントの投稿

非公開コメント

赤と思えば青 青と思えば黒(笑)

中華街ってお目出度い色 赤の印象ですが このような鮮やかな青も目立って使われますね。中華街の門の扁額も鮮やかな青地でしたね。そういえばどこぞのお店の店名看板を黒なのにすっかり青と信じてたんです。(愛群でした 検索最高!)

昌さんと言えば 何が有ろうとも 決められた手順を守ると・・・ありー 紹興酒から? 
馬鹿もん!よく読め!・・・ありり やはり手順通りでした(笑)
出たじゃあないですかぁ あれですよ! ビロビロのあれ ビロビロチュルン 魅惑のあれ!
もう 美味しいスープと皮さえありゃあと言う貧乏根性のワンタン狂いのものでも、作り立て海老餡には大いに魅かれます。
目は下がり 口元ゆるみ 涎垂らし注意報発令です。餡の食感がいいんだろうなぁ・・・

春節という事で 仕方なしのお付き合い紹興酒でいい心持ちで関帝廟あたり散策 久々の寛ぎ時間と推察です(根拠なしですが)

杏仁豆腐は焼きそばのお詫びでなく決まりなんですね。

愛群の前記事見てやばいもの見ちまいました 醤油味の什錦湯麵! チェッですよ(笑) (お借りしました)

中国の醤油って...

ブリッジクラブのチーム対抗戦のフィナーレが今週末に迫っています。我がチーム、優勝争い
からはとうに脱落してますから気楽なものです。上位にいて、優勝争いをしているチームとの
対戦が2つ残っています。我々はダークホースではありませんが、危険なチームなんです。

あまり経験のないプレーヤーが含まれているのでいくつかとりこぼしがあり、優勝争いに絡む
ことができませんでしたが、弱くないです。ハマれば、とてつもないスコアを叩き出す底力が
あるチームなんです。爆笑)で、私らとの対戦で星を落とすと優勝が遠ざかるチームが2つ。
2つのチームから対戦をものすごく嫌がられてます。このシチュエーションは楽しいですよ〜。
意地悪のしがいがあるというものです。えへへ。

最終日には表彰式やらがあり盛大なパーティが催されます。ブリッジ協会の会員が20万人を
越す「世界最大のブリッジ協会」は政府からの援助 (熟年者たちの遊び場をたくさん提供して
いることに) もあり、大いに盛り上がるはずです。えへへ。あ、この表彰式とパーティの写真を
撮って協会の月刊誌に提供する依頼を受けました。もちろんノーギャラのボランティアです。

  ♢

この中華街のお店、いい感じですね〜。自家製の干し肉と黄色いカリフラーの炒め物、ちょっと
味が想像できません。とても気になるというかミステリアスな気持ちにさせられました。是非!
食ってみたいです。他の野菜との組み合わせもよさそうですね。

紹興酒が美味しそうです。この間、中華街で台湾製紹興酒のいいのを買ってきました。そのうち
いい料理に合わせてみようと思います。

間違って登場してしまった「五目炒飯」の描写が適切でわかりやすいので、とても美味しそうです。
昌さんのお店の方への対応に和んだせいもあるのでしょうが...。細長く切られたのはチャーシュー
かしら。パラパラだけどシットリ感があるなんてのが、私には最高の炒飯なんですよね。

最後に回しましたが、ワンタンについて。うすくちの醤油スープのワンタン。美味しそうですね〜。
こんなルックスの醤油スープなら、是非いただきたいものです。ねね、昌さん。醤油味のスープに
よるワンタンが中華街で提供されるのって日本だけのことじゃないでしょうかね〜? 私は日本以外
では醤油味のスープは経験ありません。あ、ラーメンもです。

考えるに日本の醤油を使わないと醤油味の麺スープなんておいしくないからでしょうね。うん、
これ、絶対当たりですよ。あの中国の醤油って美味しくないデス!!! ガハハ。

ガハハで〆て、くだらないおしゃべりを終わります。(^^ゞ

> ねこさん

いつもちょっぴりハデな彩りの中華街ですけど、
この日は春節の赤と金色が強調されていてとても華やかでしたよ!

ビールは中華街ラベルではなかったので割愛しちゃいました(^^;

もともとエビワンタンが好きなんですが、
シバエビを使ってその場で作ってくれるので美味しさ倍増って感じでしたね(^^)
スープの味つけが濃くないので、エビをたっぷり味わうことができましたよ~!

> いい心持ちで関帝廟あたり散策・・・
見てましたか?(笑)
人が多かったのでちょっと歩きづらかったです。

愛群は最近いつも行列が出来ているので入れないんですよねえ(^^;
そのうちまたヤバイものをアップできればいいのですが・・・(笑)

> ブルさん

今週末が楽しみですねえ!
もちろん意地悪もそうでしょうけど、
その場の熱い雰囲気に浸れるのもいいですよね(^^)
危険なチームの底力を十分に発揮してください!

この店は海鮮系にも力を入れてますけど、全体的に味付けが私の好みなんです。
食べてみると素材の味を大事にしてることがよくわかりますね。
この店に行った数日後、普通のカリフラワーと腸詰で炒め物を作ってみたんです。
少し改良しなきゃいけないところもありましたけど、とても美味しかったですよ!
いずれ記事にアップできるかも知れません(^^)

> 細長く切られたのはチャーシューかしら。
そうです、紅麹の赤い色じゃありませんけど、ちゃんと焼いて作ってありました。

中国醤油も薄口と濃口がありますよね!
確かにスープの味付けは日本の醤油の方が美味しいかもしれません。
たぶん高温で焦がすように炒めるとその美味しさの花が開くんじゃないかなあと思ってます!

それじゃ週末頑張ってくださいね(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)