自家製きゅうりのキューちゃん(作ってみたよ! 漬物 No.5)

170205kyuchan01.jpg
2017/02/05(SUN)
きゅうりのキューちゃん漬け・・・ご飯にも良し、酒にも良し、
ポリポリという食感が楽しい万能漬物ですね(^^)
今回は久しぶりにきゅうりのキューちゃん漬けを作ってみました。


170205kyuchan02.jpg
皆さんご存知のきゅうりのキューちゃんは、愛知県の東海漬物が1962年に販売を開始した漬物ですが、
今や知らない人はいないんじゃないかと思えるほど有名になりましたよね。
材料はもちろんきゅうりですよ~(^^)

170205kyuchan03.jpg
過去に何度も作っているので、初期の頃とはかなり作り方が変わってしまいました。
まずきゅうりを7~8ミリの厚さに切りますが、この厚さが食感に直接影響するんですよ。
個人的には薄い方が好きですけど、味つけとか作り方が面倒なので最近は作りやすいこの厚さにしています。
軽く塩をふりかけて30分ほど置き、
水洗いして表面の塩気を落したらペーパータオルで水分を取っておきます。
漬け汁の分量はきゅうりの量によりますけど、きゅうりから水分が出るので少なめで大丈夫です。
今回は醤油80cc、めんつゆ20cc、砂糖大サジ1.5、みりん大サジ2、酢大サジ2.5にしましたが、
使う調味料によってお好みで変えてください。
漬け汁を沸騰させたら火を止め、きゅうりを入れて室温になるまで冷まします。
火を止めないとキューちゃん漬けじゃなくきゅうりの煮ものになっちゃいますよ~(笑)
冷めたらきゅうりだけを引き上げて一回目の終了です。
このセットを合計三回繰り返しますが、
水分が蒸発していくので二回目と三回目は味を確認してから水を少しだけ足してもいいですね。
きゅうりの水分で大丈夫な場合もあるのでちゃんと味見してくださいよ~!
これは2回目に引き上げた時の画像ですが、まだ色が薄いですね。

170205kyuchan04.jpg
三回目はきゅうりと一緒にせん切りの生姜と輪切りの赤唐辛子を少し加えました。
室温まで冷ましたら後は冷蔵庫へ!
2~3日すると味が落ち着きます。
まずはそのまま日本酒のツマミにしてみました。
市販品に比べると色が薄いですけど、自分好みに仕上げたので美味しいです!
冷蔵庫で二週間くらいは大丈夫だと思いますけど、
大量に作るわけじゃないのでいつもそれまでになくなってしまいます(^^)
ポリポリ感も完璧ですし、酢が入っているので普通の醤油漬けよりたくさん食べられるような気がしますね。

170205kyuchan05a.jpg170205kyuchan05b.jpg
とろろと和えても美味しいんですよ!
きゅうりだけじゃ味が薄いかも知れないと思って漬け汁を少しかけました。
全体をよく混ぜて食べると・・・酒のツマミにいいですよ~(^^)
ポリポリ&ヌルヌルで食感も楽しいし、美味しかったですね。

170205kyuchan06.jpg
もちろんご飯の友にもしましたけど、茶漬けにしてもイケるんです。
今回一番美味しかったのはこの食べ方だったかもしれません(^^)

[過去記事]
No.1 <2014/07/15  ぬか漬け>
No.2 <2014/09/01  ぬか漬け>
No.3 <2014/12/15  古漬け>
No.4 <2015/08/13  古漬け>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんな食い方が...

う〜ん、これはうまそうだな〜。こんな漬物にトロロなんて食い方、知りませんし、
考えたこともないです。食べてみたいな〜。残念ながら、日本のきゅうりが必要な
調理はパクれないんですよ。こちらで入手できるきゅうりでは、美味しくできないと
思います。「くっそ!」と声を出して気がつきましたが、日本食品店でパックの品が
普通に売られているのでした。それを買って工夫すればなんとかなりそうです。笑)
けっこう鮮度のいいトロロ芋が中華街で売られてますし。えへへ。

百の抽斗

ブログメンテも、記事内容のチェックも、神社仏閣などの事前調査も、ドラエモンの何でも出てくるカバンも・・・・こういった料理も 本当にまめですねえ・・・こういった抽斗の多さが読者を離しません。
”次は何だろう?”が切りがないほどです。

胡瓜の切り方で作り方も違うのですか?
いずれ薄いのも・・いずれですよ(笑)

先ずは酒の摘み・・・・この時点で ご飯の上の胡瓜を連想しました(笑)
しかし 摘みもう一品 〆でキュウちゃん茶漬けとは 自分が吞んでる気にさせられます。
こういったストーリー性も まめですねえ 私だったら一つで終わり あと何もなし だから書けません(笑) まあ料理は食うだけでもありますが・・
漬け方も3回待てないで1回で手が出ちゃう 杯持っちゃう 落第生です(笑)

古漬けの記事 何度見ても唾が出て 酒器と白いご飯が頭の中一杯になります。
酸味、生姜、タラリ醤油、化学のあれ・・・魅惑の世界です。
書く方は 同じものはどうも・・と仰るでしょうが また期待したいです。
しょうちゃん漬けも 期待!

> ブルさん

毎回そのままポリポリ食べて〆にご飯と一緒じゃなあと思い、
ある時とろろに混ぜてみたら意外な美味しさがありました。
細かく刻んでチャーハンに入れても美味しいです(^^)

個人的にですが、とろろ芋は粘りの少ない長いもの方が合うかも知れませんね。
一度お試しください!

> ねこさん

ネタがないんですよ(笑)
ただでさえ同じ店の記事が続いてマンネリ化してますから、
たまには目先の変わったものをアップしないとね(笑)

記事にしてない画像を寄せ集めると結構書けると思うんですけど、
かなり長い間塩漬け状態にしているので肝心の味を覚えてないことが多いのです(^^;

次は何を登場させようかなあと考えているんですけど、
酒が入っていると名案が浮かんできません(笑)
とりあえずこれから明日の記事を考えたいと思います!
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)