今日は塩味で〆る(横浜中華街・楽園 No.3)

161217rakuen01.jpg
2016/12/17(SAT)
久しぶりに横浜中華街の「楽園」におじゃましました。
相変わらず食べ放題の店は混みあっていますけど、なかなか足が向かないんですよ(^^;
若い頃ならともかく、いい歳をしたオッサンがそんなに食べられるわけもありませんからね(笑)

161217rakuen02.jpg
平日だとお得なランチメニューのご飯抜きをツマミにするところですけど、
土曜はランチをやってないので一品料理から選ぶことになります。
ビールを呑みながらじっくりと考えました(笑)

161217rakuen03.jpg
湯葉のうま煮を注文することが多いんですけど、今日は豆腐が食べたかったんですよね。
ということで豆腐の五目旨煮(八珍豆腐)を注文してみました。

161217rakuen04.jpg
豆腐の他はシイタケ、イカ、ヤングコーン、キクラゲ、ニンジン、タケノコ、
キヌサヤ、長ネギ、豚肉・・・後は何が入っていたか失念してしまいました(^^;

161217rakuen05.jpg
絹ごし豆腐をじっくり揚げてからうま煮にしてあります。
少しトロミが付いているので味の絡みがいいですねえ!
濃い味つけじゃないこともそうですけど、火の通し加減が絶妙なのはさすがと言うしかありません。
これをご飯にかけても美味しいだろうなあと思いながら全部ツマミにしてしまいました(^^)

161217rakuen06.jpg
ビールはすぐに呑んでしまったので後は紹興酒ですね。
常温で呑むのが好きなんですよ。
さすがにビンは呑めない可能性があるので二合徳利にしておきました。
でも・・・おかわりしましたからビンでも良かったかも(笑)

161217rakuen07.jpg
汁物呑みと〆の両方を兼ねてエビワンタン(蝦仁雲吞)を頼んでみました。
塩味のスープが素晴らしく美味しいです。
手間をかけてダシを取っているんでしょうねえ。
ワンタンが結構入っていてボリューム満点ですよ~!
エビワンタンなのでエビは当然ですけど、一緒に包まれている黒っぽいのは何だろう?
注意して食べてみるとシイタケっぽかったです!

161217rakuen08.jpg
丼から直接食べてもよかったんですけど、小鉢も一緒に出てきたので取り分けてみました。
こうするとワンタンの姿がよくわかりますね。
もちろんスープも全部いただきましたよ~(^^)
豆腐うま煮もエビワンタンもとても美味しかったです。
ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2014/02/10  五目焼きそば>
No.2 <2014/08/16  巻き揚げ>

楽園
神奈川県横浜市中区山下町154

スポンサーサイト

tag : 店名.ら.ら.楽園

コメントの投稿

非公開コメント

餡かけ・ビロビロ・うま煮・・・で でえすき

ビロビロチュルン じゃねえですかい!  興奮してぞんざいな口をききました 失礼。
最近こういう擬音がすきで・・・幼児のようで変ですかね(笑)

表の看板の広東と言う字を見た途端 あれしか浮かばぬ単純者なんです。
はい! 広東麺 うま煮そば 醤油味の餡かけそば・・・・
注文されたうま煮見て さらに言うんだからしつこいですね。
こんなにワンパターンで広東麺と言いながらさっぱり食べてないんです(悲)
(最近はたぬき蕎麦ばかりです) まあ 食べたい!というものが有るうちが花です。

瓶 行けるのは解ってたでしょうが 気分が乗るかでしたね。乗ったんですね!
こうなりゃ ビロビロチュルンもかーるいですね。でも満腹中枢は未だ健在でしたね。

艶っぽいね〜。

師走に中華街へお出かけでしたか。いいですね〜。豆腐の五目旨煮とは乙です。
ルックスはリッチですが、さっぱりいただけますよね。私もいまはこんな一皿に
惹かれることが多いです。いい椎茸を使ってますね。これはアムスの中華街の
レベルを遥かに凌駕してます。さすが、日本というか横浜の中華街です。(^^ゞ
こちらの中華街で売られている最高級の乾燥椎茸は大分産です。メチャ高い!

本日の〆の海老ワンタン、私が中華街へ買い物に行った時のランチにいただく
定番、海老ワンタン麺にそっくりです。この海老ワンタンの下に細麺が塊のまま
埋まってます。茹でた麺を解(ほぐ)さないで塊のままです。考えてみたら茹でた
麺をスープの中でキレイに解して出してくれるのって日本独特じゃないですか?

アメリカでも豪州でもヨーロッパのどの国でもスープ麺の麺は解さず塊で沈んで
いると記憶してます。日本ではそんなスタイルは許されませんよね。世界で一番の
麺の国ですから。(^^ゞ あ、でも、考えてみたら、麺=パスタの国のイタリアでは
汁麺を注文したことありません。あのパスタの出し方をする国なら解して出して
くれそうな気がしてきました。・・・。微笑)

中央に乗っている青物は青梗菜ですよね。こちらでもこんな感じでさりげなく、
けっこうな量が乗って出てきます。脂の浮いていない透明な塩味スープと海老
ワンタンのフィット感は半端じゃないですよね。ワンタンの皮を通してほのかな
赤=ピンクが本当に艶っぽいです。これは絶対にスープは透明じゃなければいけ
ませんよね。爆笑)

> ねこさん

ワンタン・・・お好きでしたよね(^^)
広東麺のワンタン追加じゃなくてすいませんでした(^^;

余ったら持ち帰りに出来ますから、
ビンでいけばよかったですねえ(笑)

> ブルさん

> いい椎茸を使ってますね。
肉厚で美味しかったです!
東京でも宮崎とか大分の冬茹は高いです(^^;

> 茹でた麺を解(ほぐ)さないで塊のままです。
団子になってしまいそうですけどねえ・・・と書いていて思い出しました。
以前荻窪ラーメンが一世を風靡していた頃、「丸福」では麺を茹でる時にほぐしていませんでした。
大きな鍋の湯に塊のままの麺を静かに入れ、その上に木の落し蓋をしてました。
茹で上がって平ザルでポンポンと湯切りすると自然にほぐれていくのが不思議でしたね。

エビワンタンだからこその塩味透明スープでした!
機会があれば中華街で塩味汁麺を食べ比べしてみたいです(^^)
管理人:昌

昌


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)