空の駅(兵庫県美方郡香美町・余部橋りょう)

161125amarube01.jpg
2016/11/25(FRI)
今日は兵庫県美方郡香美町(かみちょう)にある「余部(あまるべ)鉄橋」に来ました。
カラリと晴れていたらもっとキレイだったんでしょうけど、
あいにくカサが手放せない天気だったのがちょっと残念です(^^;

161125amarube02.jpg
2010年8月に新しい橋りょうに架け替えられたんですが、旧橋りょうの一部が地上に展示してありました。
かつては40m以上の高さにあったこの橋りょうの上を気動車が行き来してたんですよねえ。

161125amarube03.jpg
橋りょうを支えていたコンクリートの土台もすぐそばにありましたが、
こちらはオリジナルの位置に残されていました。
新橋りょうにバトンタッチするまで実に97年と半年もの間、旧橋りょうを支え続けてきたんですよねえ。

161125amarube04.jpg
旧橋りょうは一部分だけですけど当時の姿のまま保存されています。
1912年の開通・・・当時は大変な工事だったんでしょうねえ。
学生時代のことですが近くにある友人の実家に仲間4人で海水浴に押しかけた時、
この鉄橋の下を車で走ったことがあるんです。
当時は黒っぽい壁の大きな工場みたいな建物があったと思うんですけど、
今は様相が一変してしまいましたねえ。

161125amarube05.jpg
橋りょうはJR山陰本線の餘部(あまるべ)駅と鎧(よろい)駅の間に架けられていて、
架台の上に橋桁を乗せた構造を持つ鋼トレッスル橋としては東洋随一を誇っていたそうです。

161125amarube06.jpg
橋りょうの名前は余部(あまるべ)橋りょうですが、駅名は餘部になっています。
兵庫県の姫路と岡山県の新見をつなぐ姫新線に同じ漢字を使う余部(よべ)駅があるので、
駅の表記を餘部駅としたそうです。
私はまったく知りませんでしたので橋りょうと同じ余部だと思っていましたが、
鉄っちゃんの知人に「違う~」と叱られてしまいました(^^;

161125amarube07a.jpg161125amarube07b.jpg
左の画像は現在の餘部駅から見た新しい橋りょうで左奥には日本海が広がっています。
右は保存されている旧橋りょう・・・この上を歩くことができるんですよ!
ここはまだ鉄橋部分の手前ですけど先端の色が白っぽいところはまさに鉄橋の上・・・(^^;
もちろん下が見えるわけじゃありませんし高所恐怖症じゃありませんけど、
直前まで下から眺めていたところを歩くので感覚がおかしいんですよ(^^;
膝が笑ってしまい、足がすくむ感じでへっぴり腰で歩いていたと思います(笑)
日本海の景色をゆっくり楽しめるように海に向かってベンチも設置されているんですけど、
その足元は金網越しにしたが見えるんです(@_@;
はい・・・近づくことも出来ませんでした(笑)

161125amarube08.jpg
最後のこの部分は立ち入り禁止になってましたが、
金属製の網を通して下が見えるのでOKであっても行けなかったと思います(^^;

161125amarube09.jpg
足元がシッカリした地点まで戻ると、日本海の景色を楽しむ余裕も出てきましたよ(笑)

161125amarube10.jpg
空の駅から下に降りてくると下には駐車場にもなっている「道の駅あまるべ」があって、
当時の資料が写真と一緒に展示してありました。
その中にこの在りし日の余部橋梁の雄姿もありました!
この写真からはのどかな雰囲気が伝わってきますが、
1986年12月に日本海からの突風にあおられて回送列車7両がこの橋りょうから転落したんです。
死者を出すほどの大事故を悼んで橋りょうの下には慰霊碑が建てられていました。
またいつか晴れている時に訪れてみたいですねえ。

余部橋りょう
兵庫県美方郡香美町香住区余部

スポンサーサイト

tag : 旅/散歩.あ.あ.余部橋りょう

コメントの投稿

非公開コメント

100年建築・橋梁

そんな事故があったんですか・・・・
余部鉄橋はこんなに海の際にあるんですか・・・しかも100年近く使えたって・・驚きです。
今どきのものも100年もつのでしょうか。
橋が新しくなっても強風時は運行できませんね。
確かに最後の画はのどか・・・そんな事故を感じず、”最高だね!”とだけ言ってるのは他所の土地ののんきものだからですね。
土地の方は ”とんでもねえ こうぇーぞ!”でしょうね。
しかしうまいことモニュメントを残しましたね。これ お堅い旧国鉄では考えられないファインプレーと思います。

> ねこさん

日本海のすぐそばにあるんですよ!

この鉄橋が出来る前の余部地区は陸の孤島だったそうです。
完成した鉄橋の上を歩いて通学している写真が飾ってありましたけど・・・怖かったでしょうねえ(^^;

画像からは上手く伝わらないと思いますけど、
実際に見るとものすごく迫力がありました!
下を通った時にもっとしっかり見ておけば良かったです。

機会があれば恐怖のベンチをご紹介したいです(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)