雪にビビッて大事なことを忘れる(鳥取県西伯郡大山町・大神山神社 奥宮)

161123okumiya01.jpg
2016/11/23(WED)
あいにくの空模様でしたが、鳥取・大山寺までやって来ました。
大山は伯耆富士とも呼ばれ中国地方の最高峰を誇る名山です!
その中腹にあるのが大山寺で、寺の名前でもありますけど付近一帯の地名にもなってますね。
今回は大山寺本堂ではなく、その奥に建っている「大神山神社 奥宮」を参拝します。
細く曲がりくねった山道を上ってくる途中、
車のフロントガラスに当たる雨粒がみぞれから雪に変わってしまいました(^^;
降ったりやんだりでしたが、近くのスキー場はうっすらと白くなってましたね。
ノーマルタイヤなのでちょっと心配です(^^;


大神山神社 奥宮には日本一が三つあります。
最初は冒頭の画像の鳥居から奥宮まで続くこの参道ですが、
長さが700mもあって自然石を敷き詰めた石畳としては日本一の長さを誇るんだそうです。
実際に歩いてみるとよくわかりますが、延々と続く感じでしたよ~。
でこぼこの石が濡れてツルツル滑るので、転ぶことはありませんでしたがとても歩きづらかったです(^^;

161123okumiya03a.jpg161123okumiya03b.jpg
161123okumiya03c.jpg161123okumiya03d.jpg
上段左は参道の途中にあった和合の岩。
「和合」とは「なかよくすること」と言われているが、
この杉の老木と岩とは不思議なほど自然に調和しているのでこの名がある。
と書いてありました。
右は僧兵の力石で臼のような形をしています。
かなり重そうですけど、持ち上げたんでしょうかね。
下段左は吉持地蔵・・・自然石に刻まれています。
延命長寿のご利益がある御神水は、もちろんたくさんいただきましたよ~(^^)


時折雪が降る中をヨタヨタと上ってきて、
少し疲れたなあと思い始めた頃に現れた鳥居の手前あたりから石畳からなだらかな階段に変わりました。

161123okumiya05.jpg
神門が視界に入ってきたあたりからは階段になってます。
ここまで来ればもう少し!

161123okumiya06.jpg
この神門は後ろ向き門と呼ばれ、
通常の門とは違い扉の表裏が逆向きになっているので逆さ門とも言われています。
つまり門の鍵であるかんぬきが内側である奥宮側じゃなく、外側である麓側にあるんですよ。
明治8年に神仏分離で大山寺にあった智明権現(ちみょうごんげん)の社殿をこの場所に移築したんですけど、
その時からこの形になったんだそうです。


日本一の二番目は重要文化財に指定されている大神山神社 奥宮の社殿で、国内最大の権現造りとのことでした。
屋根が白いのは雪が積もっているからですね。
正面の両翼に繋がる長廊は50mあるそうです!

161123okumiya08a.jpg161123okumiya08b.jpg
凛とした空気の中に長い間の風雪に耐えた彫刻とか建物の枯れた力強さをいたるところで感じました。

161123okumiya09a.jpg161123okumiya09b.jpg
社殿の左奥にひっそりと建っているのは奥宮末社の下山神社です。
そばには天然記念物のダイセンキャラボクが植えてありました。
もっと海抜の高いところに登らなければ見ることが出来ないと思っていたのでビックリしましたけど、
考えてみればここも標高950mくらいありますからね!

161123okumiya10.jpg
日本一の最後は奥宮にある白檀の漆塗りなんですけど、
降りしきる雪の勢いが気になってしまいその存在をすっかり忘れていました(^^;
とても残念なので再挑戦してみたいと思います!
ということで、狛犬に見送られて石畳を下っていくのでした。

161123okumiya11a.jpg161123okumiya11b.jpg
石畳からちょっと横に入ったところにある賽の河原・・・小さな石の塔がたくさんありましたね。
右の画像は金門です。
絶壁がV字型に切り立っていて下流側からみる大山の北壁は絶景らしいのですが、
今回は悪天候だったので反対側からの眺めだけになってしまいました。

161123okumiya12a.jpg161123okumiya12b.jpg
この日の天気はめまぐるしく変化して、
天気雨になることもありましたけど結局雨がやむことはありませんでしたね。
帰りは来た時とは別の大きな道路を下ったんですが、
途中で虹が出ているのに気がついたので車を停めて一枚撮ってみました。
実際はもっと濃くてハッキリしてたんですけどねえ(^^;
あと2週間ほど早かったら紅葉もきれいだったと思いますけど、
今回は天気が悪かったことで反対に記憶に残るかも知れません。
まだまだ見るところが残っていますので、再挑戦したいと思います。

大神山神社 奥宮
鳥取県西伯郡大山町大山

スポンサーサイト

tag : 旅/散歩.あ.お.大神山神社奥宮

コメントの投稿

非公開コメント

仕事!

行かれたんですか! この時期 あの甲殻類の山陰鳥取・・・さぞかし・・・”物見遊山じゃねえぞ!仕事だぁ!” ですよねえ・・・とは言ってもねえ・・・・

大山と言えば暗夜行路 しかし読んだことなしのぼんくらです。(笑)
権現づくりの社殿の屋根のそりの美しさ、彫刻の見事さは当然ですが、参道の石畳の素晴らしさが凄い!
雪に濡れて如何にも滑りそうな擦り減った石畳、こんなとこは晴れの日に限ります。
これも神が与えた試練でしょうかね”荒天にひるまず進みなさい”
軟弱な私 信心の有無に関係なくこういう天気は避けたいですよ(笑)
狛犬の雄姿、にやりとさせる和合の岩も見て、御神水も頂いたし さあ いよいよ・・・・・・・・・・・・・・
仕事だぁ!!(笑)
簡単にゃあ甲殻類は口にできん! ごもっとも。

> ねこさん

最終日だけ晴れましたけど、後はずっと雨が降ったりやんだり状態でした(^^;
普段の行いが悪いからでしょうかね(笑)

あいにくの天気で大山の雄姿を見ることが出来ずとても残念でした(^^;
でもこの奥宮は素晴らしかったです。
それにして白檀の漆塗りを見逃したのはいまさらながら悔やまれます。

> 簡単にゃあ甲殻類は口にできん!
カニの本場ですけど道のりは遠いです(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)