雨の降る中、雨滝に行く(鳥取県鳥取市・雨滝)

160925amedaki01.jpg
2016/09/25(SUN)
鳥取に来るたびに一度は見たいなあと思っていたんですけど、
やっと日本の滝百選にも選定されている「雨滝(あめだき)」の雄姿を見ることができました。
到着してすぐにポツリポツリ・・・でもせっかく来たんですからカサはないけど雨天決行です(^^)

雨滝ですから雨が降るのは願ってもないことと思わなきゃいけません(笑)

160925amedaki02.jpg
鳥取駅からは車で30分ほどかかったでしょうか。
住宅地を抜け徐々に山の中に入っていくと、いつにまにかあたりはうっそうとした山の中でした。
ここは古くからの霊場とのことですけど、実際に来てみるとそれもうなづけますね。


幅4mで落差40m・・・水量がかなりあったので、眼の前で轟音をあげながら落ちてくる滝は大迫力でした!

160925amedaki04.jpg
滝壺の手前に祀られている不動明王はそんなに大きくありませんけど、圧倒的な存在感がありますねえ。
雨が徐々に強くなっていくのも忘れてしばらく見入ってしまいました。

160925amedaki05a.jpg160925amedaki05b.jpg
遊歩道のそばに樹高25mで幹の周囲が8.3mのカツラの大木がありました。
案内板によれば江戸時代は幹の周りが20mもあったそうですが、
落雷により幹の中心部が空洞化したため、20本くらいのひこばえ(孫生え)が群生状態で大きくなった感じです。
今も結構迫力がありますけど、往時はどんな姿をしていたんでしょうね。
霊場の滝に寄り添うカツラの巨木・・・神秘的だったであろう光景は想像するしかありません。

160925amedaki06.jpg
あたりには苔むした小さな岩がたくさんあってステキな雰囲気だったのですが、
雨が心配なのでゆっくり出来なかったのが残念でした。

160925amedaki07.jpg
先ほどの大カツラの対岸にある布引きの滝です。
絹布を懸け流したような美しさがあるのでこの名がついたんだそうですよ。
周囲には大小合わせて48もの滝があるそうですから、またいつか機会があれば訪れてみたいです。
新緑とか紅葉・黄葉の頃がいいかも・・・天気のいい日にね(^^)

雨滝
鳥取県鳥取市国府町雨滝

スポンサーサイト

tag : 旅/散歩.あ.あ.雨滝

コメントの投稿

非公開コメント

明王の世界

そうですねえ 好天で紅葉のころならさぞやと思うところですね。
青い空の色、赤・黄の色に豪快な滝も柔らかな滝も映えましょう。
こういう 自然の中に控えめに彩色された職人の作品 不動明王 書かれている通り存在感がありますね。火炎、厳しいお顔 小さくとも辺りを威圧する迫力 御意。

苔の写真 雨があって生き生き でも雨でなきゃもっと撮れたのに・・・

カツラの大木 落雷無きゃ 相当いい将棋盤ができただろうにと不埒なことを(笑) ”馬鹿もん!”と不動明王の声。

> ねこさん

少し前の台風の影響があったんだと思いますけど、
水量が豊富で迫力がありました.

> 好天で紅葉のころならさぞやと思うところですね。
雨滝ですから、やっぱり雨が降っていた方が似合うかもしれませんよ(笑)

カサを持っていればもっと時間をかけて散策できたんですが、
駆け足になってしまったのがちょっと残念でした。
季節を変えて再訪してみたいです。
管理人:昌

昌


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)