仲秋月餅(横浜中華街・華正樓 新館)

160915geppei01.jpg
2016/09/15(THU)
今夜は中秋の名月・・・旧暦の秋は7月、8月、9月ですから、
真ん中の8月が仲秋ってことになります。
旧暦だと15日が満月なので中秋の満月といってもいいのでしょうが、
一年で一番月が美しい頃とされているので中秋の名月の方が趣がありますね!
ちなみに「仲秋」は8月のことで、「中秋」は8月15日だけを指すんだそうですよ!
あいにくの曇り空だったので、月を愛でることができなかったのはちょっと残念でした(^^;
厳密に言うと今日は月齢13.7ですから本当の満月は二日後の土曜日ってことになります。
仕事が忙しいこともあったんですが、
すっかり忘れていたので月見団子とかの行事食は作れなかったんですよ。
ということで、今夜はこの月餅にすべてを託しました!


160915geppei02.jpg
先日横浜中華街に行った時に「華正楼 新館」で買ってきた仲秋月餅です。
中華街では色々な店で月餅を販売していますが、やっぱり華正楼は別格ですよね!
格式ある老舗の高級月餅なので普段使いにはできませんけど、
節目の時は意を決しておじゃまするのです(^^)

160915geppei03a.jpg160915geppei03b.jpg
華正楼では5種類の仲秋月餅を期間限定、個数限定で販売してましたが、
私が選んだのは仲秋蛋黄月餅(ちゅうしゅうたんふぁんげっぺい)です。
10センチ四方で高さは5センチほどありますから、
結構なボリュームで持つとずっしりとした重さを感じました。
ちょっと見にくいですけど、
月餅の表面には型を押し付けて浮き立たせた「蛋黄」の文字を見ることができます。
蛋が玉子で黄は黄身ですね!

160915geppei04.jpg
ドッシリとした黒餡の中にアヒルの卵黄が2個埋め込まれてます。
塩漬け玉子なのでいい感じの塩味が付いていることはもちろん、黄身の味が濃厚なんですよ~。
餡の甘さと黄身の塩加減が絶妙にマッチしてました(^^)

160915geppei05.jpg
黒餡が夜空で黄身が中秋の名月・・・なんとかお月見ができました~(^^)
華正樓は月餅以外の中華菓子も美味しいですから、いずれまた機会があればご紹介したいですね!
美味しかったです。
ごちそうさま。

横浜中華街 華正樓 新館
神奈川県横浜市中区山下町164

スポンサーサイト

tag : 店名.か.か.華正樓新館

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近 暦の記事が・・と思っていたら・・・
有難うございます。またもあやふやな知識の修正が出来ましたよ。中秋と仲秋 そうだったんですか。

甘味記事としても・・・ふふふ ご馳走さん
”蛋”の字を見て玉子好きの期待も膨らんだんですよ。
さらに餡子好きなんです。老齢あんこ党です。
夜空と黄色い月に見立てるとは風流。
暫し断面を愛でつつ 一献と察します。

歳時記、季節食はこのブログの看板の一つですから これからも楽しみにしています。

> ねこさん

たまには二十四節気とか七十二候のことを書きたいのですが、
画像がないとなかなかアップする勇気がわいてこないのです(^^;
ちょうど今は白露の末候、玄鳥去(つばめさる)なんですけど、
ツバメねえ・・・とあきらめるわけですよ(笑)

昨夜は東京でも一時的に月を観ることができたそうなので、
夜空を確認してみれば良かったです。
まあ、こじつけでも一応月見ってことにしておこうと思います。

次回はいつになるかわかりませんけど、忘れてはいませんので・・・(^^)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)