老舗だけど肩がこらない(千代田区外神田・赤津加 No.3)

160610akatsuka01.jpg
2016/06/10(FRI)
粋な黒塀~見越しのま~つに・・・
歌と違って見越しの松はありませんが、老舗の雰囲気が漂う秋葉原の「赤津加」におじゃましました。


160610akatsuka02a.jpg160610akatsuka02b.jpg
暖簾を潜った瞬間、作り物ではない落ち着いた雰囲気が迎えてくれるんですよ。
カウンターに腰掛けてビールを呑んでいると、秋葉原に青果市場があった頃のことを思い出します。
当時の私は質より量を求める年代だったので、この店におじゃますることは少なかったんですけど、
断片的ではありますがハッキリとした記憶が今でも浮かんでくるんですよね(^^)
毎回シャレたお通しが出てきますけど、今日はアボカドのスライスとエビの煮物でした。
この後の料理への期待を感じさせるステキな一品でしたよ!

160610akatsuka03.jpg
本日のオススメから選んだのはカレイの昆布〆です。
白身の昆布〆が大好きなので見逃しませんでした!
少しあめ色っぽくなっていて美味しそうですねえ(^^)

160610akatsuka04.jpg
時期的にマコカレイだと思いますが、淡白で上品な味に昆布の旨みが加わっていました。
熟成されているのでコリコリじゃなくねっとりした食感の白身に昆布の旨みが移っていて、
醤油を少しだけつけて食べると最後にかすかな昆布の余韻が残るんですよ。
昆布がでしゃばることなく白身の旨みをサポートしている感じでとても美味しかったです!

160610akatsuka05.jpg
刺身を食べるとやっぱり熱燗が呑みたくなりますよね!
お燗番のお姐さんが絶妙な温度で燗をつけてくれますが、最初の一杯だけはお酌をしてくれるんですよ~(^^)

160610akatsuka06.jpg
次は活タコとズッキーニの天ぷらですね。
シシトウも一本付いてきましたよ!
タコは旨みタップリでやわらかく揚がってました。
コロモが付いているので確認できませんでしたけど、
食べやすいように隠し包丁が入っていたのかもしれませんね。
ズッキーニの天ぷらが好きなので、見かけると注文しちゃいます。
サクサク、ホクホク、ジュワ~って感じでしょうか!
醤油で食べても美味しいですけど、今夜は塩とレモンで上品にいただきました(^^)


最後は〆のご飯も兼ねて少しボリュームのあるものを選びました。
鮪たたき豆腐ですね!
冷奴の上に鮪のタタキをのせてあります。
豆腐用と鮪用ってことじゃないと思いますけど、ネギは二種類トッピングされていますよ~。
醤油を少しかけて端から少しずつ崩していただきます。
絹ごしじゃなく木綿豆腐なので豆腐の食感をちゃんと味わえるのがいいんですよ!
過去記事を見たら・・・一年に一回くらいしか来てませんねえ(^^;
今年はもう一回くらいおじゃましてみたいと思います。
美味しかったです。
ごちそうさまでした。

[過去記事]
No.1 <2014/04/26  鶏モツ煮込み>
No.2 <2015/03/20  マグロたたき豆腐>

赤津加
東京都千代田区外神田1-10-2

スポンサーサイト

tag : 店名.あ.あ.赤津加

コメントの投稿

非公開コメント

えっ !?

メイド喫茶の後でこんなお店にいらしたんですかァ。いいな〜。いやいや、
メイドさんのところへいらしたのはこの後かもしれないな〜。へへ。

この店はさすがの私も知ってます。かなり好きなお店でした。おいしそうな
ものが次々と出てますね。日本に行く機会があったら是非行きたいお店です。

膨大な数のレコードとCDのコレクションの30%〜40%を秋葉原で買い
ましたから、けっこうな頻度で秋葉原へ行きました。当時の秋葉原はかなり
詳しかったです。当時は可愛いいメイドさんなんて秋葉原にはいませんで
したけどね。まあ、電気製品で人を集めていましたが、全体として見たら
それほど魅力を感じる街ではありませんでした。

・・・・・・、
ひょっとすると、このお店、当時より魅力を増しているんじゃないですか?
というより、アキバがより魅力的な街になっていると書いた方がいいかも
しれませんね。ガキと言っていいくらい若い連中が集まるところは、エネ
ルギーを感じさせてくれるので、目の肥えた大人達さえ惹きつけるものが
生まれますからね〜。日本にいたらアキバは私の日常の行動範囲になって
ますね。(^^ゞ メイドさんのところへは行かないけどね!

私の目には器がとても素敵です。決してやりすぎることのない、とても
心地いいコレクションです。昔からこのセンスを感じさせてくれました。
こんな風に出してくれると、美味しいものがさらに美味しく感じますね。

こちらはいい夏になってます。暑からずあくまで暑からずネ。最高温度は
25℃くらいです。今週末から私の主催でブリッジの試合を始めます。
毎回8名が集まります。ブリッジ後にはディナーパーティになだれ込み、
食べ、飲みまくります。こちらの熟年達は夜に強いですからね〜。七月と
八月で6回の開催です。

やっちゃ場の親父です

はーい! もうすっかり常連気分 例え数少ない記事でもすっかり頭に入っているよ!
”アキバの黒塀 赤津加” 粋な名前だねえ・・・

”作り物ではない落ち着いた雰囲気が迎えてくれるんですよ” なんてえ台詞だい!素ん晴らしい 作りもんじゃねえとはいったいどこから出てくんだい?俺らとは違うね。
昆布〆ってかい! 俺っち でえ好物。もっとも飴色もいいとこ 昆布のどっぷり締めの黄色だがね(笑)
”昆布がでしゃばることなく白身の旨みをサポート”なんてもんと違い でしゃばり昆布でよ 魚と競ってるんだぜ 笑っちゃうねえ。
例え最初だけでもお酌され いいこんころもちになってく・・・だんだんお富さんに見えてこなかったかい?
他所でメイドがどうのって言ってるがよ 行くのかい?

失礼しちまったねえ!うふふふ

> ブルさん

メイドが出現する前のアキバに馴染んでいるので、
今はまったく別の街って感じがします(笑)
アキバに金沢のチャンピオンカレーが食べられる店があるので行ってみたいのですが、
メイド喫茶なんですよねえ・・・ということで未訪問のままなんですよ(^^;

記事の中でも少し触れましたけど、
青果市場があった頃はこの雰囲気の居酒屋がたくさんありました。
周辺はずいぶん様変わりをしましたけど、
お燗番のお姐さん、徳利袴、角が取れて丸くなったカウンターの端、天井の照明など、
店の中は時間が止まったまま当時の雰囲気を残してます。
いつも混んでいるのでなかなか入れませんけど、
また機会があったらアップしてみたいと思います。


時計草の記事にコメントしようとしたんですが・・・閉じちゃったんですね。
去年の記事だったと思いますけど、
木の塀に絡みつくようにたくさん咲いていたのを思い出しました。
いよいよ楽しみにされているブリッジシーズンの到来ですね!
一応勝負事ですから、美味しいお酒を呑めるように頑張ってください(^^)

> ねこさん

やっちゃ場の親父は酔っ払ってますね(笑)
赤津加・・・いい店ですよ!
放歌高吟はありませんけどシ~ンと静まり返っているわけじゃなく、
心地よいにぎやかさがあるんですよね
客の年齢層が高いからなんでしょうが、
いつの間にやら私もその仲間入りを果たしてしまいました(^^;

残念ながら切られの与三とお富さんがいる雰囲気ではありませんが、
オヤジを惹きつける魅力があります!
また近いうちに行ってみたいです。
管理人:昌

昌


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)