キンメ煮つけ(築地市場 場内・米花 No.8)

131122yonehana01.jpg
2013/11/22(FRI)
築地場内の「米花」におじゃましました。
今日は1年半ぶりに懐かしい人の顔を見ることができて、とてもうれしかったです。


131122yonehana02.jpg
ホタテ&ウニをオシャレに盛り付けた一皿が出てきました。
少しだけ醤油をたらしていただくと甘みが強調されますね。
米花でこんなビジュアルの料理が食べられるとは思ってなかったので、ちょっとビックリでした。
もっとたくさん食べたかったですね(^^)

131122yonehana03.jpg
大根とサトイモ煮です。
もちろん別々に煮てあって味も違うんですよ。
カツオのダシが利いた大根も美味しかったけど、このサトイモには驚きました。
美味しかったですねえ。
聞くのを忘れてしまいましたけど、もしかしたらエビイモだったのかもしれません。
食感も素晴らしかったけど、味付けも良かったです!
一冬に何度か出てきますけど、芋の個体差でそのつど味が違うんですよね。
今日は大当たりでした(^^)v

131122yonehana04.jpg
隣に座っていた人が食べてたキンメ鯛が美味しそうだったので、私もいただくことにしました。
米花の煮魚は定評がありますけど、中でもキンメ鯛はトップクラスの実力者です。

131122yonehana05.jpg
皮目の下に隠れているトロンとした甘い脂がステキです!
生で食べると柔らかい白身ですけど、火を通すとシッカリとした食感が生まれますね。
このキンメは甘辛味で煮付けるのが美味しいのです。
サッと煮付けて食べることもありますけど、一度冷ましておいたものを食べる時に軽く温めるのが好きですねえ。
このキンメはまさしくその軽く温めたもの、美味しかったですよ~。

131122yonehana06a.jpg131122yonehana06b.jpg
ご飯を少しだけもらって、キンメの煮汁をかけまわしていただきます。
これが美味しくないはずはありませんよね(^^)
ワカメの味噌汁もいい味してました。
美味しかったです、幸せな朝ご飯でしたね。
ごちそうさま。

[過去記事]
No.1 <2013/09/28  鰻蒲焼き>
No.2 <2013/10/03  シラウオ刺身>
No.3 <2013/10/12  生イクラ/なかおち>
No.4 <2013/10/19  鴨串/タラ汁>
No.5 <2013/10/25  かき玉>
No.6 <2013/11/02  おまかせ(ブリカマ塩焼き)>

No.7 <2013/11/15  マナガツオ西京焼き/アナゴ柳川>

米花
築地場内 魚がし横丁8号館

スポンサーサイト

tag : 店名.や.よ.米花

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと醤油

煮魚は一度冷ましたときに、味が入るんですね!
そりゃあ美味しいです。

最初の帆立はちょっと歯ごたえがあるくらいサクッとしてたんでしょうね!
雲丹とあわせると堪らない一品ですね。
ちょっと醤油・・解ります。

> ねこさん

こんばんは。

私が知らないだけかもしれませんが、
米花で生ウニが登場するのは珍しいことなんですよ。
ホタテの甘さを引き立てていて、美味しかったです。
醤油ちょっぴり・・・わかっていただけるのはうれしいですねえ(^^)

表面だけじゃなく中までしっかりと味の付いたキンメもお酒に合いました。
これだから築地はやめられないんですよ(笑)
管理人:昌(しょう)

昌(しょう)


旅が好き!
 美味しいものが好き!!
  でもお酒はもっと好き!!!        

メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事
ブログ内検索
地域
索引
リンク(50音順)